EMIA ゼータガンダム


パッケージです。どう見ても刻の涙が見えます。ところで、EMIAのパッケージ画像ってもしかして、実物にCG加工を施した物なんですかね。なんかそんな気が。
中身。やっぱり蓋が付いていません。最近はアンケート用紙も入ってる事が多いので、ゴルァしてみるのも良いかも。
ところで、店頭でゼータの顔だけ見てたら見事にザクのモノアイがズレてました。気をつけましょう。
全身像。プロポーションは良好かと。また、普通のMIAとほとんど変わらないぐらい全身しっかりしてます。2ndは立たせるのも大変でしたからね。
ウイングのフレームはプラ製ですね。固く、薄く、軽量。内側に畳まれてる翼は塩ビです。
きもっ!?
スミ入れは茶色……しかも超大雑把……。凄く老いてるみたい……。造形自体は、MIAの中では凄くシャープです。
と言うわけで、顔のスミを黒で上書きしてみた。ほっ。
胸の下に少し隙間が開いています。気づいちゃうとちょっと気になりますね。
2ndと並べてみる。これが技術の進歩か〜。値段も違うけど。
特に意味は無いけど、格好良かったから。
駄々をこねてるわけではありません。首は二重間接でそれなりに。肩にはスイング軸あり。肘も十分曲がります。
肩アーマーはハネ上がります。腕自体はそれほど上がりません。また、肘関節の下側の接続はボールジョイントになっていて、角度の微調整や、前腕の回転などが出来ます。
前腕を90度回した状態でも、肘は90度程度可動します。
腹部はボールジョイント。そこそこ動きます。少し種のOPの某を意識した写真。
腰アーマーが邪魔なのと、独特の脚部のデザインのせいで、スムーズにとはいきませんが、それでも一応膝立ちとか出来なくも無いです。
足首。シャフト部が長いので、接地性も良好です。
腕部にグレネードランチャーを装着。
適当に。コレに関しては特に何も言う事はありませんね。まあ定番のオプションと言うだけですね。
ビームライフル&シールド。デカイなぁ……。まあゼータの場合他のと違って変形ギミックとの兼ね合いもありますから、単純に比較は出来ないですね。
ポージング。元が良いので適当にやってもサマになります。
逆側から。
ビームサーベル。二本付属しています。少々透明度が抑えられていますね。あと、どうもロングビームサーベルの再現は考慮されて無いようです。
ハイメガが付いて無いので2ndから借りてます。長い間箱に放り込んでいたせいでへにょんへにょんです……。
やっぱこっちが本命ですな。
スケール的にちょっとキツイですが、なかなか格好良いです。
変形の前に。なんともシュールですね。ザクのスマート化もここまで来たかと(ちょっと違う
パイプも歪んでるなあ。ザク系の頭部はいつになっても悩みの種ですね。
引っ掛かって変形できない!?
じゃ、今度こそ変形です。MS形態から余剰パーツを取り除いた状態です。

……………は?
余剰パーツとして胴体のほとんどが取り払われてしまいました。空いた所にこの新型ウェイブライダーフレームを取り付けます。2ndの物に比べ、大分コンパクトになっています。
あっという間ですが、変形完了。手間は手間ですが、ボロボロ崩れないので2ndよりストレスを感じません。ただ、プラ製の専用ベースが付属しているのですが、これがすぐ分解しちゃうので、勿体無い所です。
2ndのハイメガをそのまま取り付ける事が出来ます。ああ……みっともない。
データシート。リニューアル版と比較したい所です。
裏面。バイオセンサーって武装なんですか?ザクの頭部が着けられる理由について言及されてますが、かなり苦しいですね。
カトキっぽい事して終了〜。



エクステンデッド版ゼータガンダムでした。
正直かなり素晴らしい出来です。満足度かなり高し。
私的には、ゼータガンダムの立体物の一つの正解だと思います。
造形、可動、ギミック、全てにおいて高水準。値段もFIX考えたら安いし〜。
後は付属品でハイメガちゃんと付いてたら完璧だったかな〜。
と言う所で、サクッと終了。ではまた〜



back