IAO ランスロットコンクエスター


・比較編   ・本体編

ランスロットの強化改良機体ランスロットコンクエスターです。
色々撮ってたら凄い縦長になっちゃいました。お付き合い頂ければ幸いです^^;

このページで"ランスロット"と言えば無印ランスロットの事です。コンクエスターは"コンクエスター"表記です。
ランスロットとの比較。
以下、向かって左が常にランスロット、右がコンクエスターです。

デザイン的にはマイナーチェンジなので、詳しくない人はパッと見同じに見えるかも知れません。
胸部形状。コンクエスターは新武装のバリア張ってドーン(?)の絡みか、胸の先端が盛り上がってますね。
肩の形状。シンプルかつ大きくなりました。
脚部形状。かなり微妙な違いです。設定上、足にも武装が追加されているのでその絡みだと思います。
後述しますが、スネカバー部分が可動する様にもなっています。
実は裏側も変わっています。

ここに挙げた部分以外は全てランスロットと同一形状です(股間中央パーツ除く)
コンクエスターの付属品。
フロートと台座が目を引きますね。
展開状態のV.A.R.I.S砲身、ハーケンパーツは付属しません。
上記の内、新規造形のパーツは実はこれだけ
他は全部ランスロットと同じです。
分かりにくい所で、右の銃持ち手が角度の付いた物に変更されています。この形じゃないとハドロンブラスターを構えるのは難しいです。左手はランスロットと同一。
収納時のMVSの柄が短くなって、刀身部分に白塗装が加わりました。
コンクエスターの仕様に合わせた調整ですね。
V.A.R.I.Sの銃身が細くなっています。ハドロンブラスターに収納する絡みですね。先端部は同じ形状みたいです。
ランスロットに付属の展開状態のV.A.R.I.S、ハーケンはそのままコンクエスターにも取り付ける事が可能です。
フロートには、ハドロンブラスター無しの状態を再現出来るパーツも付属しています。
図のパーツの組み合わせを変更する事で換装する事が出来ます。
取り付ける時は、図のようにフロートの基部にあるツメを背中のグレー部分の凸に噛ませます。保持力は問題なし。逆に外す時ちょっと怖いかも。
翼を展開状態にする場合、MVSの鞘は後方に逃がす必要があります。
翼を折り畳み、基部の接続軸で回転して収納状態に出来ます。
収納時には鞘を下げられます。
ハドロンブラスター単体の紹介。
ご覧の通りありえないぐらい後方に出っ張ってるんで、装着すると立たせるのがかなり難しくなります。
重心は重力に逆らう方向畳まれていますが、軽いロック機構があるので、保持はしっかりしています。

それはそうと、これ装着してるとどう見てもコクピット開けられませんよね。
展開ギミック。まず砲身を本体右側に半回転します。
さらに本体前側に半回転。折りたたんでいる重心先端部を前方に展開。
さらに手持ちのV.A.R.I.Sをドッキングさせます。この時、V.A.R.I.Sの先端部は取り外しておく必要があります。
取り付けると、カチッてぐらいしっかりハマります。
これにて完成。ハドロンブラスターの展開ギミックでした。
付属のスタンドベース。
下側のジョイントはクリックが仕込まれており、30度ずつ可動します。上側のジョイントはクリック無しのヒンジで自由に可動。加えて、本体との接続軸の基部が回転します。
適当に動かすと、まあこんな風に動かせるわけです。ただ、あんまり低めにするとひっくり返るので60度か90度ぐらいの位置がデフォでしょうね。
使用時は、図の用にコンクエスターの股間部分に接続します。ツメと凹で接続するので、それなりにカチッとハマリます。
ランスロットにもフロートとスタンドを接続する事が出来ます。ただ、スタンドはランスロット側に凹が無いので、保持力が弱くなります。

ちなみに、ランスロット以外の機体は、形がまるで合わないのでフロートは取り付けられません。
ハドロンブラスターとフロートを分けて、図の様な組み合わせも出来ます。陸戦タイプと空戦タイプみたいな。
設定的にありえませんが、ランスロットにハドロンブラスターを取り付ける事も可能。形が同じなので当然ですが。



・比較編   ・本体編

ここからやっと本体の紹介です。
まずは4面図。
横から。
後ろから。
また横から。
首の可動。
リボルジョイントみたいな形の関節が入っており、横方向の回転と、首の上げ下げが出来ます。可動範囲は結構広め。
胸部パーツにはファクトスフィアの展開ギミックがありますが、あんまり開かないです。なんか中途半端。
肩の接続はボールジョイント。上下前後にある程度自由に角度をつける事が出来ます。
肩アーマーは肩と独立してハネ上げる事が出来ます。
肩はヒンジで水平より少し上ぐらまで上げられます。
肘も90度以上曲がります。大体画像ぐらい。
背中にMVS取り付け用ジョイントパーツがついています。軸が二つあり、回転可能。
動かすとこんな感じです。
図の用に、抜刀直前の様なポージングも可能です。
ちょっと長さ足りないですけどね。

貴様に対しては生身の人間ではなく・・・みたいな
腹部分、多分ボールジョイントだと思うのですが、若干動かせます。でもかなり可動範囲が狭いので、特に意識するほどでもないかと。
股関節は無茶なぐらい開きます。流石にここまで極端に開くと、足首が追従出来ません。
足首が地面にしっかり設置する所だとこれぐらい。
これでも十分ですね。
モモにロール軸があります。装甲が干渉するので、グルグル回したりは出来ませんが、脚をハの字に開いたりする分には十分です。
膝は二重関節で、よく曲がります。画像参照。
足首。二重のボールジョイントでよく動きます。スネのカバーも開くのでなお良し。
ダブルボール、上側がゆるく、下側がきついので、動かす時は丁寧に触らないと、上手くいかないかも知れません。
ついでみたいな物ですが、V.A.R.I.S。
前述の通り、展開状態のパーツは付属しません。
起動状態のMVS二振り付属。折角だから待機状態の奴付けてくれればいいのに。
そしてフロートを装備。むしろこの状態が正常。
横から。物凄い勢いで後ろに倒れます。ランドスピナーでギリギリ立てるぐらい。立てるだけでも凄いとは思いますけどね。
後ろから。アニメ作画に比べるとちょっとフロートごつい感じします。玩具的にはボリュームがあって良いですけど。
また横から。とにかく重い。
アニメ6話の発艦シーンを再現。背景もう少し頑張れw
そして飛翔。これぐらいの角度ならスタンド余裕です。
ハド!ロン!

ガウェインが待ちきれなくて・・・。
本当はアニメ初使用時のポーズにしたかったんですが、あんな角度で動きませんw
決めっ

浮かすとポージングがワンパターンに・・・w
今更ですが、ランスロットにフロートを取り付けてランスロットエアキャバルリーを再現可能。
背面。ハドロンブラスターが無くてもやはりそれなりに重いです。
一期終盤シーンより

「スザク!!」

「邪魔をするなぁー!!」
かなり苦しいw

どのシーンか分かるかな。
あんなに速く動ける人、初めて見たわ。
(サングラスの女性談)
「捕まえた・・・喰らいなぁ!!」
原作では活躍の機会が無かった組み合わせで締め。



以上、ランスロットコンクエスターでした。
基本はランスロットなので、やはり良いですね。
造形、可動、ギミック、付属品など中々の物です。
フロートのおかげで、ランスロットのプレイバリューも上がりますし
これは定番アイテムと言えますね。
個人的には、ほっぺたの形とか修正してくれたら嬉しかったんですが・・・( ´∀`)

しかしあれですね、コンクエスターになってから、あんまり活躍シーン無いんですよね。
そういう意味では、結局ランスロットで遊ぶ事の方が多くなるかもw

聖天八極式(笑)が出たら、フレイア弾頭も付属して欲しいですね。
フルボッコシーン再現w

さてさて、ギアスシリーズはこれからが本番ですね。
無頼、無頼改、ガウェインにR2主役メカ勢等々、wktkが止まりません。
そんなお楽しみな次回アイテムでまたお会いしましょう(´∀`)ノシ





back