MIA ガンダムスローネアイン


トリニティのトリ、スローネアインです。他はニとティです。
ほとんど共通の形状なので、関節の可動等についてはスローネドライのページでご確認下さい。
首は二重関節だから幾らでも調整出来るんで良いんですけど、頭部と首の接続位置が中心から盛大にずれてるんですよねー・・・。元が良くないだけに細かい所も色々気になる。
サイドから。肩のシールドは無骨な感じが結構好みです。
GNランチャーが場所取って仕方ないっす。
いや〜ん何か斜めってる〜。
ちょっと立たせ辛いんですよ。
それはそれとして、結構情報量の多い背中です。
バックパックのカバーが展開可能。詳しくは後述。
顔のアップ〜。所詮スローネの原型師って所ですかね。ツヴァイよりギリでマシってぐらいです。
斜めから見たら割と良い感じの悪役面なんですけどねー。何にせよバランスが悪い。ボディに対して頭部全体も大き過ぎるし。
ビームサーベル。適当にポージングすると毎回似たポーズになりますね;

GNランチャーを横にすると羽っぽいかも〜。
アインのGNシールド。ベルトがバックパックに伸びていると言う事以外は、ギミック等なにもありません。

このベルト、ムクで厚いんで男性が強くて、ワキが締まらなくなっちゃうんで、ちとウザイです。
GNランチャーのの基部ですが、赤印の部分はヒンジで可動します。
緑印部分はボールジョイント、青印は軸回転します。
青印の所に接続されているヒンジが外れ易いので少しイライラします。
(拡大画像は印なし)
中心の丸い部分を軸に可動して、折り畳み・展開出来ます。
さらに砲身、グリップも展開可能。ここまでやれば完全展開状態です。
こちらはGNビームライフル。変わった形の銃です。
何と言うんでしょう、スタンドと言うか、ジョイントの様な部分をはね上げてランチャーと接続可能です。
こちらが接続した状態。えー、腕の関節、ライフルとランチャーの接続位置、ランチャーの基部の位置の設定が非常に不味く、ライフル、ランチャーを正面に向けてビッと決まる位置に持ってくるのはなかなか難しいです。
何より酷いのは、説明書の画像が諦めてジョイントが正確に接続出来ていない状態で撮影されている事です。
そんな写真説明書に載っけるなよぅ・・・。
意味の無いポージング。
ついに無意味ギミックだった、ツヴァイ、ドライのチューブが活用出来る時が来ました。
先に示したバックパックのカバーを開き、現れる接続穴にチューブの先端を接続します。
でもって、GNランチャー後部のグリップをおもむろに掴むみたいです・・・。

え?本当に?いやでも説明書もこうなってるしなぁ・・・。

なんかダサイし組みにくいし、誰が喜ぶんだこれ?って感じです。
仲良し3人兄弟。2体接続ならGNメガランチャー、3体接続ならGNハイメガランチャーとなります。
その威力は不意打ちでGN-X一体破壊出来る程。う、うーん。
データシート表面。やっぱり基本はドライと接続ですかね。
データシート裏面。特に面白ぇ!って事は書いてないですね。普通〜。
「何故だ!何故私たちを!?」

「生贄なんだとよ!」

「そんな事がぁっ!!」



以上、スローネアインでした。
何と言うか、ようやく終わってくれたかと言う感じで。
まあ、例によってMIAのスローネ的出来でした。
造形・塗装は、大抵の人はスルーでしょうし、買ってる人は
もう慣れてますよね。その辺はお好みでって事で。

独自のギミックに関しては、とにかく遊び辛いですね。
ランチャー基部が外れ易いし、展開状態で持たせ辛いし
合体ギミックも各機体の配置が大変かつ面倒で、しかも完成した所で
大して感動が無いって言う辛い仕様です。
しかも他の二機より500円高い・・・(;´Д`)辛いわぁ。
個人的満足度はドライ>ツヴァイ>アインって感じですね。
アインが極端に悪いって言うより、良い所が特に無いって意味で。

ま、この後でナドレ出ちゃえば00水準MIA地獄も終わって
MIA新シリーズが始まるはずなんで、我慢我慢。
ただ、フラッグとかイナクトとか、バリエ機が全然出てないんで
00二期の機体ばっかりだと寂しいですけどね。
GNフラッグも良いけど、わしゃあフラッグカスタムorオーバーフラッグが
欲しいんやぁ。阿修羅すら凌駕する変態だ。ちょり〜っす




back