全身図。成形色が渋めで良い感じです。プラとPVCの素材の違いによる色味の違いも、極力抑えられていると思います。プロポーションに関しては、オリジナルがどんな物か知らないので、合ってるのかどうかはわかりませんが、パッと見違和感は無いです。
背面。撮る時に注意してなかったので写ってませんが、バックパックの下にはバーニアがあって、個別で可動します。
大きさ比較など。単体だとかなり小さい気がしたんですが、他のと並べてみるとやや大きいぐらいかも。リックディアスよりは若干小さい(ツノ除く)

小さく見えるのは多分、頭が肩に埋まってるせいかと。
顔。モノアイはマラサイと同じで、横にズレてるのはほとんどありませんでした。上下には結構振れ幅があったので、お好みの位置で決めると良いでしょう。ところで、ヘルメット内側のパイプが眉毛に見えて仕方がないのですが。怒ってるみたいでちょっと可愛い。
可動など。色々ギミックに満ちているボディですが、肘関節は手首で二の腕が掴めるぐらい曲がります。肩もフレームごと可動するので可動範囲は広く、水平に上げる事も可能。
それどころか、真上に上げる事も出来ます。こんなに滑らかに人斬り家業に打ち込む姿を再現できます。再現?
変形後円盤になる部分はほとんどプラです。接着もされて無いので分解する事も出来ます。ダメージ版みたいな感じで。
腹部はボールジョイント接続で、柔軟に動きますし、変形ギミックもあってペタンと曲げる事も出来ます。さて、バックパックが変な顔に見えてきましたか?謎のロボの誕生です。
脚部から下は、ギミックとの兼ね合いや、デザイン上の問題であまり動かないんですが、立膝は完璧にこなせます。担当者のこだわり様が伺えます。
腰を前面に出すことも出来るので、ガイアも真っ青なぐらい自然に脚を上げることが出来ます。ただ、この状態で自立させるのはかなり難しいです。
(写真のは自立してます)
ビームライフル。武装としてはこれだけです。中央の出っ張りがちょっと気になるかも。
左手用の平手が付いています。表情の付いた良い手首です。
握り手、開き手、銃持ち手が各2個と、この左平手で合計7個の手首が付属しています。
原作はほとんど知らないんですが、知り合いによるとリックディアスのロベルト機がやられるのが印象的だそうです。

ばきゅーん

うわーやられたー
中央の出っ張りはジョイントとして使います。畳んで腰に接続可能。グリップも畳めます。繋いだ状態で変形する事も出来ますが、無駄ですね。
それではいよいよ変形です。残念ながら、手首だけは取り外す必要があります。
まずは腕をすぼめて短くします。
肩アーマーを畳んで、腕の装甲と接続します。
頭を右に90度回転。胸の装甲を開きます。
腹部で畳んで、胴体と股間をくっ付けます。ラーメンマンに襲われたわけではありません。そして謎のロボです。
腰部を残し、脚部だけ180度回転させます。
おもむろに膝から下をスライドさせて引っ込めます。この時、脚部を胸部装甲のダボで接続します。つま先とカカトも畳みます。
バックパックの形状は覚えてますでしょうか。サイドの半円錐状のパーツをスライドさせます。
バックパックを開き、その後中心部に押し込みます。頭部も押し込みます。大分それらしくなりました。
頭部の装甲を左右に開き、開いた隙間にアンテナを収納します。
装甲同士を接続して、本体の変形は完了です。
ここで専用スタンド登場。プラです。
とりあえずビームライフルをセットします。
ビームライフルの出っ張りにアッシマー本体をセットして、完成。本当に変形してしまいました。バンダイの技術力は半端ねー。スタンドの保持は十分しっかりしてます。
ビームライフルを使用せずにディスプレイする事も出来ます。
変形状態でさっきの面子と並べてみる。質量保存の法則を疑いたくなりますね。これではハイザックを二機乗せるのはとても不可能でしょう。
ガウォーク風。明らかに中華キャノンにしか見えないけど。
昔、足の生えた目玉が主役のすっげーシュールなシューティングゲームがありました。タイトルも凄いシュールだったような。ちょっと忘れたんですが……ちまちま……そんな感じだったような。
データシート。イメージ写真もカッコイイですね。
「エゥーゴを殲滅しようとし、倒されるティターンズの興亡を描いた物語であった。」

最高。もうマジ最高。
遅れてきた44番。期待の型番も44。関係あるのか?全高23.1m。ツノが5mほどあるなら、適正なスケールかな。モビルアーマー形態の方は……どっからどこまで何だろう……。ブランはともかく、アジス・アジバって人は初めて知りました。イデオンに出てましたか?
「うわあああーーーーー!!!」

無限を描くこの軌道は─

「デンプシーロールだーーー!!!」



アッシマーでした。これは良いです。
原作ファンの人にはどうか知りませんが、見た目も良いし
ちゃんと変形するのにしっかり動くし、完璧超人認定です。
いつもより高いけど、全然気になりません。大満足の品です。
時に、アッシマーってムーバブルフレーム採用されてるんでしょうか。
肩がそれっぽいんですが、どうも設定とかについてはさっぱり。
データシートにも書いて無いし。変形MSはみんなムーバブルなのかなぁ。
ま、どうでもいい戯言です。それでは、今月はこれにて終了。



back