MIA バウンドドック


紫の部分がドギツイ印象ですが、これはうちのカメラが色彩を正確に再現出来ないせいなので、本末転倒ですが、色に関しては現物を見て確認して下さい。

造形面では問題ありませんね。素直にカッチョイイ。
横から。シュールなシルエットですな(笑)
脚のツメをしっかりと立てれば、こんなにスカートが水平に突き出ていても、しっかりと自立出来ます。
後ろから。バックパックのバーニアはボールジョイント接続。
MS形態だとスカートの穴がスカスカなのが少し気になりますね。
スカートの裏側はディテールパーツでびっしり。このスカートは前後で真っ二つに分割されていますが、ディテールがちゃんと繋がるのでその点違和感はありません。
端にくっついてるバーニアは軸が独立して可動。基部もボールジョイントになっています。
とりあえずEMIAゼータと並べてみる。やっぱりデケー。隣にサイコも並べようかと思ったけど、感動が薄れるので止めた。
頭部。モノアイはいつも通り塗装。店頭では塗りに注意。首のチューブは片側しか固定されていないので可動の邪魔になりません。
首は上下にジョイントがあるのでグリグリとよく動きます。
左肩には前後スイング軸があります。また左肩アーマーは基部がボールジョイントで、肩を上げる時にも邪魔になりません。で、肩はこれぐらいまで余裕で上がります。
腕の構造が違いすぎるのでそれぞれ紹介。
右腕は肘関節の付け根付近に回転軸があります。肘関節自体は二重関節。手首はボールジョイント接続で、手のツメはそれぞれヒンジで可動します。
左腕はかなり複雑。
肩の付け根にヒンジ。肘の付け根に回転軸。肘はヒンジ。シールド基部は独立して回転可能。さらに手首の付け根がヒンジ。そして手首はボールジョイントです。
また、シールドにもスライド機構が存在します。これは変形の時に。
胸と腹はボールジョイント接続。腹部にヒンジの可動軸がありますが、チューブのおかげであまり動きません。そして下半身との接続軸にも回転軸+ヒンジ可動軸が。これは変形用ですね。
総合的に、腹部は良く動くといえます。
これも変形ギミックのおかげですが、スカートの一部を開く事が出来、股裂きポーズも可能です。
スカートに隠れて見えませんが、モモに回転軸があるので脚部の向きは自由です。
膝も二重関節。これも変形ギミックとの関係で前後に良く動きます。正座に近いポーズも取れます。
脚部のツメ。軸が3つそれぞれ独立して前後に回転し、ツメ部分もヒンジで可動します。
そんな感じで、変形MSながら、大胆なポージングも可能です。
ビームライフルと、それを持つための持ち手が付属。
シルエットが特異なのでどういう構え方をさせたもんだか……。
砲口が浅い所で埋まってるのが惜しい所。。
これはちょっと無理があるかな……;
さらにビームサーベル。こちらも専用の持ち手が付属。
ビーム刃取り付け。刃の長さは他のZ系MIAとそれほど差はありません。
対決っぽく。ゼータって無茶な奴ばっかり相手してるなぁ…。
いよいよ変形開始。まずはシールドをスライドさせて縮めます。手首を外す必要はありません。
首を90度回転。胴体も90度回転。上半身収納の準備です。
おもむろに腰で回転させ、上半身を収納します。そして左腕のシールドで蓋をします。

余談ですが、この変形の後で頭部を見ると、ツノの根元が白くなって千切れそうになってました。塩ビなのでそんなに簡単に千切れないとは思いますが、変形時にはあまり負荷がかからない様に注意した方が良さそうです。
この状態で止めてちょっと通りますよ形態というのも乙な感じ。
一応着陸形態って事らしいですが。
この状態でも普通のMIA一体分ぐらいの大きさがあります。
変形再開。スカートのカバーを開いて脚部を横に広げます。
さらに膝を前方に曲げ、ツメの形を調整します。これで基本的な変形は完了。
スカート右側にビームライフルをセット出来ます。でも変な角度だし、正直蛇足な印象。
シールドのカバーを開くと中に可動式のアームが収まっています。これを展開。
付属のメガ拡散粒子砲を取り付ける事が出来ます。
フル装備状態。拡散砲を取り付けるとカバーが半開きになっちゃいますが…まあ、別にいいか。
後ろから。後ろのバーニアは真っ直ぐ後ろに向けておいた方がそれらしいですね。
データシート。イメージ画像がやたらカッチョイイです。作品概要の所はいつもと同じですね。
裏面。サザビーより小さいのか……見えないな。ロザミアやジェリドの解説は、どちらも優れた人材〜な印象を受けますね。機体の砲の解説はなんだかゲルググと同じ様なトホホ感が;
たからばこは バウンドミミック だった !!

バウンドミミック から デビルガンダム がとびだした!!

ゼータガンダム は にげだした !!

スタコラサッサー



MIAバウンドドックでした。バウンドってBAUNDって書くのね。
出来としては全く申し分ないです。塗装にも特に問題は感じません。綺麗なもんです。
よほど完璧を求める人でなければ、店頭で悩む事は無いでしょう。
見た目も実にカッチョイーし、全身の可動も中々の物。
オプションを取り付ける以外は差し替え無しで完全変形するし、パーフェクトですね。
4,200円って値段も安く感じます。本当、Z系MIAは出来が良い物ばかりで羨ましいですね。
まあ、マラサイは別ですけど……。あーあ、早くガンダムXシリーズもMIA化しないかなぁ……。



back