まずは前から。文句なしのカッコ良さです。羽根の重さはやはり気になりますね。以下画像クリックで拡大です。

後ろから。羽根のジョイントが目立ってちょっとダサいかも?羽根はビスで接続されてます。完全にMIAとは別種族ですね。

一応MIA版と比較。並ぶとMIAの方は本当に(安物の)子供のおもちゃって感じですね。もちろんMIA自体がそうという意味ではなく、MIAウイングゼロカスタムがって事です。羽根のせいで普通に立たせて並ばせるのが困難なのでこういう風になりました。サイズが分かり難いですね・・・。

ウイング(羽根と区別)は展開ギミックがあります。左が展開状態。右が収納状態。どこまで開くのか分かりづらいので壊しそうでした。

マシンキャノンは展開可能。これはちょっと微妙です。頭部が邪魔であまり開けません。しかも僕の買った奴はきちんとまっすぐ接着されて無くて浮いてます。残念。膝は二重関節でよく曲がりますよ。

腕に注目してください。肩の間接が二重になっていて前に出す事が出来ます。左が伸ばした状態。右が標準状態です。

バスターライフルと持ち手。持ち手は二種類あって、一見同じですが手首の向きが違います。これで前に構えやすくなります。また、持ち手には凸部分があってライフルの取っ手に挿す事が出来ます。挿してもスカスカですけど。バスターライフルに関してはジョイントと取っ手が可動しますので完璧と言えますね。

とりあえず片手ずつ持たせた状態。長いライフルと重い羽根で重心が崩れるので地味なポーズにしました。

合体させた状態でポーズをとりました。でもヒイロなら絶対こんな事しませんね^^;

うろ覚えですが、例のシーンを再現してみました。今思えば、劇中ではこのシーン以外こいつの存在意義がありませんでしたね^^;
ちょっと拡大。別に意味なかったかしら・・・。

ビームサーベルが二本付属していました。しかし何故こんな原色な黄色なのか。劇中でもそうだったか覚えてないのが悔しい所。

一応やってみました。正直あまり好きじゃありません。

パッケージに入ってる状態はこんな感じ。トールギスIIIの時よりさらに強敵でした。

裏面。大気圏突入形態の所、脚が写ってませんよね。何かやり方違うのかな?写り良くしてるだけかもしれませんけど。

説明書。もちろん英語です。正直ちょっと読みたかったけど、なんとなくトールギスの前例があるので開けられませんでした。



アークエネミーシリーズ、ウイングガンダムゼロカスタム。
トールギスと同じく、出来は素晴らしいです。造形、可動ともに相当な物です。
羽根で重心が崩れるのは仕方が無いですね。でもそれほど深刻と言うわけでもないです。
少し気になったのは、肩アーマーの白い所(形容の仕方がわからない)が動かない事。
昔のプラモデルはよく動いたと思うので、なんでかなあ?と思いました。というより
肩アーマー自体もほとんど動かないんですけどね。肩関節のギミックのせいかもしれません。
後は腰も回りません。これはトールギスと同じですね。それ以外の所は無駄なぐらい良く動きます。
特に羽根は滅茶苦茶動きまくります。重心崩れちゃうんであんまり意味無いけど・・・。
トールギスがあんまりにも出来が良かっただけに、ほんの少し個人的満足度は低かったです。
でもやっぱりカッコ良いから許してしまう。基本的にトールギスより割高で品薄な感じなので
多少ぼったくり感はありますけど、欲しい人は無くならない内に買った方がいいかも。



back