MIAにてついにブリッツガンダム登場。君、いつも遅いよね。
(今回はイージスに勝ったけど)
全身像。かなりスタイルは良いと思います。頭部だけ何となく違和感感じるけど。店頭に並んでる物はどれも大差ない感じでした。SEED系にしては、塗装も比較的綺麗かな。あと、スミ入れが復活してます。適当か?
後ろから。こうして見ると二重間接って結構目立ちますね。背部には特にギミック無し。
両腕の装備は勿論外せます。しかし見るほどに忍者なガンダムですなぁ。
首はそこそこ動きます。腕の可動範囲も十分。肩は、スイングは出来ますが、水平に上がらないし、アーマーも邪魔な感じで、まあ普通。
腰は普通に回転。膝も並上ぐらいの可動範囲かな。腰アーマーはほとんど干渉しませんが、戻した時ぺにゃ〜ってなりあmす。股関節はやけに開く。
スネカバーに可動ギミックあり。足首の可動を生かします。ところで、一応MIAでもフレーム共通ってデザイン生きてたんですね。
攻盾システム、トリケロス。かなり大きいです。重いんで、多少垂れやすいです。
裏側。先端からビーム刃出るのは知ってましたが、ビームサーベルがそのまんま挿さってるだけってのは知りませんでした。あと、このシールドがライフルも兼ねてるせいか、ライフル用の手首も両手分付属してます。
サーベル。盾が長くて刃も長いんでやたらデカ長いです。枠に収まらんっちゅーの。
普通に抜けます。いいのか?
あー、そうそう。なんつうか、プラ製ではありません。
ランサーダートは勿論抜けます。ちなみにABSじゃないですよ。上に転がってる物体はシールド側の基部です。抜こうと思ったら一緒に取れました。
お次はピアサーロック。ソードストライクの物と同じ種類の武器ですな。スミ入れがちとくどい感じ。
後ろについてるバーニアはそれぞれ可動しますよ。
展開ギミックはパーツ差し替えで再現。何故かジョイントの形が個別で、入れる穴が決まってます。
射出時の状態を再現するためのワイヤー付き。プラ製なのはこれだけですね。つーか先端が重いんで、垂れます。
データシート。デュエルはまだ国内発売してないぞー。作品概要が凄い普通。おかしい。
裏側。なんかニコルが渋い。書いてる内容は、いかにブリッツが強敵であったか、と言う内容ですが、正直良い所なんて最初から最期まで全然無かったと思うけど……。
流れとしては、ガンダムパクられる〜
その裏で金フレームパクられる〜(青いけど金なの!)
この時デュエルのバズーカを無理に使ったせいで右腕壊れたので捨てていく。その腕は後にロウ=ギュールが回収。
すったもんだあった挙句、こんな事に。ここからニコルの苦悩は始まる。
「僕はあと何回死ぬんですかーーーッッッ!!?」
ちょん切られてほったらかしだったパーツをロンド・ギナ・サハクがパクる。後に改修、ゴールドフレーム天(アマツ)に。



さて、関係ない写真で終わりましたが、ブリッツガンダムです。
良くも悪くも、SEED系MIAだなって感じ。今までの物に満足していたら買いでしょう。
ま、今更特筆する事も無いかと思います。出来が良いってのは既に当然とも言えるし。
とりあえず、既に製品が出来上がってたデュエルと違って、発売された事に意義がある感じ。
後はイージスがどうなるか?って所ですね。出すなら変形して欲しいし。ブサイクは勘弁。
フリーダムは運命にも出る様だからわかるとして、ジャスティスは出るのだろうか。
カラミティガンダムは出して欲しいな。と言うか、MIAならソードカラミティも出していいだろう。
そして来年のデカモノはミーティアか。それかそれまでに赤フレのEMIA版出しておいて
パワーローダーなんてのも。夢は広がるなあ。でもまあ、無茶ばかり言っても仕方ないので
ゴールドフレーム天ミナ辺りで手を打っておこうか、バンダイ?(?)



back