うおー、かっけぇー。
実は、元のデザインからして結構好みのガンダムです。そのデザインを違和感無く再現してくれてますね。店頭の商品状態は、どれも似たような物でした。あえて言うならば、部分的に塗りが雑な所があるので、その辺を注意してみると良いかも。
後ろから。二つの大砲が目を引きます。そして、手首を除けば付属品はこの大砲だけです。ちょっと寂しいかな。
肩のハッチはヒンジで展開可能。グッジョブです。
いきなり展開してます。二つの砲は、銃身がスライド可能で、設定に忠実に変形します。グリップも、収納から展開まで自在です。アームも、ランチャーストライカーよりずっと取り回し易くなってます。ただ、保持が緩いのと、変形が慣れるまでややこしいてのが難点ではあります。
逆から。光源方向を変えてないので逆光に……。
ハッチも開いてハッピートリガーだっ
さて、また過程をすっ飛ばして合体してます。その辺は他所様に任せます……。こっちの形態は対装甲散弾砲。一発でガスガス戦艦とか落としてましたね。
別アングル。迫力があってカッコ良いです。それに、砲身をぶち込んで武器を強化すると言う、スパロボチックな発想がイカシます。
こっちは超高インパルス超射程狙撃ライフル(名前も長っ)
こっちの方が、必殺技度は高めですね。
銃身は自然に構えられます。あと一応、ライフル手首以外にも持ち手がついてるので、使ってあげました。
銃口の辺り光らせたら、様になりそうなアングル。面倒なのでやらない(ぉ
データシートです。同じ作品でも、毎回作品概要が変わってますね。まぁ、毎回同じでも飽きますけど。
明るすぎて飛んでますね;
ディアッカの写真が偉い男前で笑いました。バスターガンダム、後に名機と呼ばれたそうですよ。ふーん。
オマケ

「そいつをよこせーーーっ!!!」



バスターガンダムでした。
流石にSEED物だけあって、全体的に水準高いです。
肘・膝は相変わらずの二重関節ですが、膝の方は
腰のフロントアーマーがかなり干渉していまいち動かし難いです。
でも、間接の基部が独立してるので、大砲を構える時は助かります。
ちょっと各所の部品が落ち易いとか、細かい欠点はありますが
バスターガンダムの商品としては、納得の出来だと思います。
アンチな人でなければ、比較的オススメできる一品です。



back