前から。頭部が少し間延びした間抜け面なのですが、全体を見たら、造形は良い方です。以下、画像クリックで拡大。
ちょい斜めから。股関節の受けが広いので、脚を八の字に広げられます。
後ろ斜めから。肩の、バーニアのついている、尖っている部分は、少しだけ可動します。これにはちょっと驚かされました。
付属武器はビームサイズとバスターシールド。シルバー塗装がカッコイイです。デスサイズヘル、負けてるじゃん…。
バスターシールドは展開可能。ビーム刃も勿論付属してます。
これまた当然ですが、ビームサイズの刃も付属してます。かなり大きくてカッコイイんですが、そのせいか、重くて保持が厳しいです。グリップが細すぎるのも一因ですが。
畳んだ状態のサイズと、小さなビーム刃も付属しています。どちらのビーム刃も、ジョイントが同じなので、どちらの状態のサイズにも取り付けられます。
腰にサイズをマウントできますが、バックパックが邪魔で凄く取り付け辛いです。
死ぬぜぇ、俺の姿を見た奴は、皆死んじまうぞぉ!



国内版のガンダムデスサイズです。
既に書いてますが、頭部がややダサイ形になってます。
ボディだけ見ると、デスサイズってこんなにカッコ良かったっけ?と
思うぐらい良く出来ているので、少し足を引っ張っています。
それでも、我慢できないと言うほどではありません。
可動に関しては、流石に最近の物と見比べるのは酷ですが
当時のレベルを考えると、よく動く方だとは思います。
ただ、肘が完全に90度までが限界なので、手に持ったサイズを
肩にかけるという、どうしてもやりたかったポーズが出来ないのは残念です。
あと、普通のMIAは、二の腕に回転軸を設けられていますが、こいつの場合
そこの部分には軸がなくて、肘関節自体が回転するようになっています。
駄目って事はありませんが、何だか違和感と言うか、変な感じです。
まぁ、とりあえず、全体的な出来としては決して悪くないので
好きな人は、売ってたら買いです。普通の店では、まずお目にかかれませんが…



back