待望のドム2nd。かなりカッコイイ解釈の造形になってます。以下、画像クリックで拡大ページへ。
塗装はかなり綺麗です。選ぶ時は特に悩む事も無いでしょう。せいぜい、モノアイのズレを気にするぐらいかな。
後ろから。ドムとして見ると、結構スマートな印象です。この辺は賛否両論かも。
肘の二重関節は最大限に生かされていて、手で肩を触れるぐらいです。
肩パーツはボールジョイント接続。胴体とのジョイントにはスイング軸もあり、肩の受け自体もかなり広めに取られているので、可動範囲はかなりの物です。ただ、少し外れやすいかも。
胴体もボールジョイント接続。回転は勿論、前後左右にも多少動かせます。
太ももと装甲パーツは独立していて、回転が可能です。股関節の受けも広いので、これまた十分な可動範囲を誇ります。
膝は通常関節ですが、間接の根元が少しスイングするし、太ももとふくらはぎがくっつく所まで曲がるので、十分でしょう。
足は、これまでの2nd品同様、二つの部品から出来ていて、可動範囲が向上しています。ドムのデザインなら隙間も隠れるし、バッチリ。
と言うわけで、ハイキックを決めるドムもアリなわけです。
豊富な手首。一般的な握り、開き、銃器用の手首に加えて、劇中を再現する特殊な手首が3つ付いています。
上記の手首を利用すれば、格闘家の様なポーズも自在に取れます。
か〜め〜は〜め〜・・・止めておこう。
触ってたら楽しくなってきて、適当に撮った一枚です。特に意味は無いです。
マチルダキラー。肩と腕に十分な可動範囲を備えているからこそ実現できる状態ですね。
ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ、ヘル・アンド・・・これも止めておこう。
背中のラックにヒートサーベルを収める事が出来ます。
ヒートサーベルは通常状態と加熱状態の二種が付属しています。
シュツルムファウストと、そのホルダー。腰にマウント可能。左右と、背中側にジョイントがあります。
振りかぶってみました。
これが無くては始まらない、ジャイアントバズ。グリップ?が回転可能。ちなみに首ですが、基部が独立したパーツで、前後にスイングが可能です。
ハイコンプロっぽく撮ってみる。
ラケーテンバズです。こっちは特にギミックはありません。構図が全く同じなのでパッと身じゃ区別不能。
良いポーズが浮かばなかったので、パッケージをそのまんまゲッツ。
全部装備してみました。まさに重モビルスーツ!
どっちを使うか悩んで、結局両方採用したと言う一枚。
データシートです。相変わらず照り返し入ってます。
裏面。うーん、特にコメントなし。
そんなわけでドム2ndでした。



3個欲しいねドムセカンド。
結局一個しか買わなかったので、JSAは無しです。
大体写真とコメントで説明しきれたかなぁ。
店頭状態では、ほとんどの物が十分な状態で並んでいました。
特に選ばなくても満足できるんじゃないかなと思います。
遊んでると、間接が多い分、少しふにゃふにゃした触り心地だったりします。
接地状態は安定はしてるので問題にする程ではありませんが。
さて、プロポーションには賛否あるかもしれませんが、個人的には
見た目、可動共に現行最高のドムだと感じました。MGとかよりも良いかも。
ガンダムファンなら即買い間違い無しの良作です。是非3個買ってあげてください。



back