ストライクに引き続き、パッケージ確保。シードだけカタカナなんですよね。商標だから?以下画像クリックで拡大。
正面から。滅茶苦茶プロポーション良いです。可動範囲も最強クラス。良い!
斜めから。はあはあ・・・カッコ良い・・・興奮気味です。
後ろから。これまたカッコ良いとしか言えません。バックパックのサーベルのジョイントは上下に可動します。
後ろ斜めから。あああああああカッコ(以下略)
ライフルとシールドを装備。少し大き過ぎる気がしますが、これまたカッコ良いです。色以外はストライクと同じ物なので、グリップがスライド可能です。
片膝も余裕。デザイン上、ストライクよりもさらに数段可動範囲が広いです。
痒い所に手が届く!背中のサーベルを取り外してビーム部分を取り付けるので、サーベルが四本になったりしません。
デュエルの最強の名場面を難なく再現可能。肩が跳ね上がるので邪魔になりません。うまくバランスを取ってやれば片足で立つ事も可能です。
↑の続きのシーン。カラミティはHGです。なんか子供のチャンバラみたいな間抜けな写真になっちゃった・・・センス無いなあ。
ガンダム!スーパーリンクどぅわあああ!(関)てか、自分でちょっとウケてしまった。あまりに可動範囲が広かったんでこういう遊びを思いついてしまいました。
別アングル。結構カッコ良い気もするなあ。
おおう、こいつはビックリ!膝の付け根が可動します!脚の軸がズレてるのがわかりますでしょうか。それほど可動の幅は広くないですが、こいつのおかげで自然なポーズを取りやすいですね。
なんちゃってシュラウド。AMIAの物を流用できるか試してみたんですけど、やっぱりサイズの問題で無理でした。意外とカッコ良いけどね。ちなみに、肩だけはピッタリなんですが、可動が死ぬのでNGです。
武器だけ頂きました。長距離ライフルの様ですが、こんなの使ってたっけ?
さらに武器だけ。右手はMIA版に通常付属のビームライフル。左手はAMIAの謎の銃です。これまた、こんなの使ってたっけ?



5月以降日本で展開予定のガンダムSEEDシリーズ
それに先行して発売されているUS版デュエルガンダム。
えー、写真のコメントからもわかるように、凄い満足してます。相当な出来です。
正直、現存するMIAの中でもトップクラスです。流石にガンダム2ndにはやや負けますが。
可動範囲の広さとかは写真をざっと見てもらっただけでもわかると思いますし
それでいてこのサイズでこの造形。惚れ惚れします。バンダイは本気だ!
ただ、US版だからだと思いたいのですが、塗装がめちゃくちゃ汚いです。
はみ出してたり、隅を塗り残してたり、あまつさえこの商品には使用されてない
塗料が付着してたりともう滅茶苦茶です。日本版は違うと信じたい。
成形色はややグレー。この辺は好みが別れそうですが僕的にはOKです。
ストライクの所で書き忘れましたが、こいつらは手首がバッチリ用意されてて
握り手x2、通常持ち手x2、ライフル用持ち手x2と完璧です。
久しぶりに熱くなるほど満足の行く商品でした。やや高い送料払った甲斐があります。
US版を買え!とは言いませんが、日本で発売の暁には是非購入してみましょう。
ファンなら感涙間違い無しの素晴らしい出来です!
でもって国内版はアサルトシュラウドつきかな〜多分。



back