ガルバルディβです。元のアニメは見てないし、設定画とかも知らないので正しいバランスなのかは分かりませんが、プロポーションはとても良好だと思います。成形色も綺麗。
後ろから。結構ディテールが細かいんですね。
この写真だと判別が難しいかもしれませんが、モノアイ部が突起になっていて、ただの塗装とは一味違う立体感を表しています。可動化もし易そう。また、モノアイには十字のモールドが入ってます。
上腕はデザインの関係からか可動軸は無し。代わりに肘関節の基部で回転するようになっています。そのため、肘の可動範囲は最近の物の中では少し控え目になっています。
肩は前後にスライド可能。水平には上がりません。
腹部はボールジョイント。可動範囲はそこそこ。表情が付きやすくて良いです。
膝は最近の物と同水準で十分な可動範囲かと。ただどうしても腰のアーマーが干渉しちゃいます。足首は特筆すべき事なし。
ビームサーベルが一本付属しています。電撃の作例のパーツ付いてたら良かったのになあ。シールドも装備。ダボ穴がちょっと気になります。
サーベルは刃を外してグリップだけに出来ます。手首との合いは完璧。シールドは差し替えで伸縮ギミックを再現。
ビームライフル。ギミックなどはありません。これまた手首との合いが良い。
このガルバルディは、武器の大きさのバランスも悪く無い感じです。見た目からの印象ですけどね。
適当にポージング。頭部が、胸から伸びるパイプが邪魔で浮き気味になるのが残念。
付属のバリュートパック。ちょっと背中が重かったんで前屈み気味です。
スマートな機体から、随分マッシブになってしまいました。パッと見の形状はマラサイの物と同じに見えます。
左がマラサイに付属の物。右が今回の物。ご覧の通り、接続に関しては全く別物になっています。ハイザックにはどっちのが着くのかな。
バリュートを着けても可動にはほぼ影響しません。
データシート。文章自体は既出ですね。
裏側。下部の説明がαの物なのかベータの物なのかややこしいんですが。
「こいつは、ニュータイプだ!」

うちの中ではこのシーンしか印象にありません。



ガルバルディベータでした。これまた全く知らない機体なので、本当毎度毎度困ります。
TVで再放送でもしてくれればページ一つ一つのノリも変わってくると思うのですが。
出来としては平均的で、そつの無い感じです。造形はむしろ良い方かと。
武器のバランスも良いし、塗装部が少なくてパッと見の印象も自然な感じ。
元の機体が好きな人なら十分満足出来ると思います。
うちとしては残念ながら、活躍シーンとか全く知らないので
「へぇ〜」って感じなのですが。
しかしZ系は色々出て良いですね。DVDBOXが出てもスルーされっぱなしの
アレとかアレのファンからしたら羨ましいですよ……。
とりあえずこのガルバルディにアンケート用紙入ってたんで
一人反抗作戦でもしてみます。ガンダムジェミナスキボン、と(微妙



back