前から。頭部を小改造。ひさしを下げてバルカンの周りの四角部分を丸く削った上、マスクの周りも削ってます。下からのアングルが多少見れるようになった気がします。以下画像クリックで拡大。
バック。下段ウイングをこの辺まで上げられます。脚部のバーニアも展開可能。ゴッドフィールドダッシュが再現できますね。このバーニアのカバー、裏がつるつるで何も無いぞ!と突っ込もうと思ったら、原作もつるつるでした。
ハイパーモード状態。胸を普通に開けると顔が全く見えません。笑えるのであえてそのまんま撮りました。2Dを無理に3Dに直すとこういう弊害が出るものですね。
OPの腕組みを意識。無改造でもこのぐらいまでは出来ます。というか、ズレてて鬱。台座は今大人気の海洋堂DMCミニアクションフィギュア、ネロアンジェロに付属のものです。

マシンキャノンは差し替えで展開再現可能。個人的にゴッドのマシンキャノンといえばこのシーンです。むしろゼウスにピント合っちゃってる・・・。
爆熱ゴッドスラッシュ。鞘(?)は腰にマウント可能。一応対マンダラ戦のポーズを意識したものの、膝があまり曲がらないのでこういう解釈に。

俺のこの手が真っ赤に燃える!後光パーツが斬新です。腕のカバーもゴッドフィンガーの形に合わせた物が通常の物と別でついててグッド。
数々のファイターを葬った爆熱ゴッドフィンガーの最初の犠牲者ゼウス。我ながら安い上に重い写真です。

最後の戦いの最後のシーン。本当は流れる粒子を描き込もうと思ったんですけど、あまりにも汚いのでそのまんまUPしました。

後ろから見るとこんな感じというイメージ。洒落抜きで怒髪天ヘボイですが、割と限界です。



Gガンダムなだけにゴッドガンダム、かな?
主役機だけあって、付属品も多くて気合入って作られてます。
でもやっぱり原作ファンとしては顔が不細工に見えます。
多少修正したものの、それでもまだまだ違和感がありますね。
可動はGガンシリーズの中では上の下と言ったぐらいでしょうか。
膝は一応二重関節ですが、あまり動かず、肘は普通の関節です。
肩がボールジョイントなので良く動きます。でもコアランダーのウイングを
展開していると大抵干渉して動かし辛いですね。まあ許容範囲ですが。
付属品に関してはほとんど写真で確認できると思います。
写っていないものは各種手首ですね。左右合わせて何と10個あります。
おそらくMIA中最多ではないでしょうか。やってくれます。
手首といえば、こいつの手首は引き抜きにくいです。というか引きちぎりました。
幸い、瞬間接着剤で綺麗にくっつきましたが、毎回外す時はドキドキします。



back