パッケージ。頑張ったら僕の右手が見えますね。正直、こんな風にパッケージにルナマリアが載ってるだけで売り上げ伸びそう。
前から。ツノが無くなったのと、盾が減った事によって、フォルムにまとまりが出来て、ファントムよりはプロポーションマシに感じます。ところで、今回は細かい可動とかのレビューはしませんので。
モノアイ。ハッキリ言って、店頭に出てるのは100%例外なくズレてます。妥協点を見つけるしかないです。
後ろから見ると、やっぱり頭部が盛り上がってる様に見えるなあ。スネにあるパーツとかも動くんですよね。今まで気づかなかったけど。
変更点はこの変か。絶対スパイクつき肩アーマー両肩にする人居ますよね。うちも緑の時にやろうと思う。
基本的な付属品はファントムと一緒。シールドとマガジンが半分になってるけど。
ガナーウィザード。完全変形っぽい。説明書が無いのでよくわかりませんが。ちなみに9割方PVC製。
前から見ると目立たないのに、こうして見るとすっげーデカイ。ブレイズと違って、あんまり重心崩れたりしません。
折り畳んだ状態。これでいいのかよくわからないけど。後ろの方なんて干渉して浮いてるし。バックパックとのジョイントは基部がボールジョイント。多少角度つけられます。
伸ばすとこうなる。前の方垂れてますがな。それから、赤いチューブは別パーツ。引っ張ったら抜けます。
内側には可動するグリップがある。これは結構外れやすい。
構えてみる。特に問題なし。右手が持たせにくい時は、先に手首をグリップに取り付けてから、腕を着けませう。
悪ノリ。ライフルは一つしか付いてないので注意。
一応お約束。ガナーザクファントムとブレイズザクウォーリア。共に専用機。
そしてスラッシュザクウォーリアとガナーザクファントムその2。ばりばり専用機。
むしろこの組み合わせなら

「そいつをよこせー!」

あー!しまった。緑でやりゃ良かった……。
がしょーん!

流石ブキヤのフライングベースだ!なんともないぜ!
「これで終わりね!赤いのっ!」
「な……」
「なんとォーッ!」(辻谷耕史 )

でも、脚もがれるんだよね(苦笑
データシート。ものっ凄い真面目にアニメのあらすじ書いてあって、何だか言葉が無い。
"エリートの証である"赤服を着用している。
"エース級パイロット"や"隊長クラス"に限られているパーソナルカラーの機体で出撃している。

あはは。
まあ、エース級とか「あり得ない」ので、ブルマリアは勉強が得意の出世コースなエリートさんと言う事で(実は隊長クラス)。
ミネルバ小隊で締め。ぷっつん破壊魔。むっつりスケベ。紅一点のドジっ娘。
ぷげら



ルナマリア専用ガナーザクウォーリアでした。
とりあえず基本的にファントムと同じなので、あっちがOKなら無問題。
あっちが駄目だった人も、ウォーリアになると結構まとまりが良くなってる気がするので
店頭で手に取って見てみるのも良いかも。
ガナーウィザードはみょんみょんでイマイチ頼り無いんですが、結構軽くて構えやすいし
大艦巨砲主義の立浪ジョージな諸氏には満足して頂けるかと。

まー、何だかんだ言って、ルナマリア人気だけで売れそうな気もする。



back