MIA ハンブラビ


造形・プロポーション共に良好。成形色が少し派手な気もしますが、MIAってこんなもんですよね。機体各部のモールドの配置センスが結構良いと思います。コクピットの所は左右非対称なんですね。
背面。つくづくガンダムメカじゃないですね。誰がデザインしたか一発で分かりますね。
背中にある羽根と尻尾はプラ素材なので固くて薄くて軽いです。
羽根は畳む事も出来ます。軽いし、そんなに大きくも無いので素立ち程度ならひっくり返る事もありません。
羽正面から。むむ、胸から延びてるパイプが少し歪んでますね。まあ、この程度なら神経質になる事もないでしょう。このパイプは取り外し可能。チェックポイントとしてはモノアイの塗装ぐらいでしょうか。
胸の装甲は、設定じゃどうなってるのかわかりませんが、肩の位置で分割されています。肩と装甲は別のジョイントで接続されているので独立して可動します。ボールジョイントなのでグリグリよく動きますが、他の装甲等と干渉しやすいです。肘はほぼ180度曲がります。ついでに、上腕のぴちょんくんみたいな装甲もプラです。
腕部のクローは展開可能。これもプラ。片腕に二本ずつ付いてますが、それぞれ独立して可動します。あと前腕がジョイントの軸で回転するのでポージングの幅も広くなっています。
腹部は一応ボールジョイントながら、デザイン的制約であまり動かせません。背中側でパイプも繋がってるし
(取り外し可能)
腰のスカートはボールジョイントで大きく動かす事が出来ます。
股関節の可動はイマイチ。膝は正座出来るぐらいよく曲がります。
変形ギミックもあるので、つま先を曲げる事も出来ます。
尻尾の展開ギミックも再現。
前に持ってくる事も出来ます。
付属のフェダーインライフル。ガブスレイの物と同一です。ライフル用の持ち手が左右に付属。
ツメを立てて白兵戦に挑みます。
ビームサーベル。サーベル用の手首と共に二本ずつ付属しています。
どうしてもMHっぽいポージングを意識してしまう……。
海ヘビ収納状態。これも専用の手首が左右付属。サーベル用と指の間隔が少し違っています。。
パーツ差し替えで射出状態を再現。ワイヤーはプラ製です。真横にしても垂れないのが良いです。
別角度。
ダミー。ダミーとしか書いてませんが、マラサイ型のダミーMSを射出するパック、だと思います。流石にダミーMSは付属していません。これも専用の手首が付属しています。
パカっと開く事も出来ます。まあ、オマケですね。
ダミー用の手首は良い感じの表情が付いていてポージングにも使えます。
このいかにもな悪役っぽさが良いですね。
なかなかかっちょええ。
無駄に煽ってみました。変形に入ります。なんと差し替え無しの完全変形です。そんな凄いギミックはありませんけど。
まず、ツメを伸ばして腕を畳みます。
さっさと使ってますが、専用のディスプレイベースが付属しています。つま先を伸ばし、カカトを畳みました。
これが収納状態の足首。
その足を折り畳んで、尻尾を伸ばせば完成。簡単ですね。エピオンもこれとほぼ同じ変形ギミックでしたね。
もう一つ、変形時にはスネの部分にあるバーニアを展開します。普段は埋まっているので、引っ張り出す時は、軸側を押し込む様にすると開きやすいですよ。
変形状態。肩と後頭部のモノアイと、背中の銃がちゃんと前を向いてるし、後ろ向きにバーニアが配置されているし、それなりに説得力があるような……無理か。
ディスプレイベースは今回も専用パーツで股関節と接続されています。これって上手く使えば他の物に流用できるかも。
やや下から。やっぱカッコイイなぁ。
データシート。おなじみの3機編成でZを追い詰めています。
裏面。色々詳しく載っています。MA形態時の方が縮んでいるのはどういう事だろう?尻尾は計算してないのかな?パイロットの項目はやはりこの3人。下部の説明見るとかなり優秀な機体と言う印象を受けますね。
脳内BGMが流れそうな構図で終了。



MIAハンブラビでした。
これもガブスレイに負けず劣らず良く出来ています。
値段にも納得かな。と言っても3割で買ったからいつもより安いぐらいだけど。



back