正面から。どちらかと言うとこちらの形態の方がデスサイズヘルという感があります。以下画像クリックで拡大。
後ろから。亀の甲羅って感じですね。これと展開状態とのギャップが魅力なのかも。
展開状態前から。シルエットが悪魔の羽を思わせてカッコイイです。しかし羽がすぐ垂れてきて開いた状態を維持するのは難しいです。あと、サイドのクロークはボールジョイントで、多少動きますがとっても外れやすいです。
後ろから。バーニアが痛々しいほどに歪んでます。詐欺か?あと腰に畳んだ上体のビームサイズをマウント可能。これは完全に別パーツで、ギミックも何もありません。
ツインビームサイズ装備。馬鹿デカイです。可動部分は一切無く、かなりちゃちいです。しかも持たせにくい。残念。
バスターシールドはちゃんと添え刃が可動して、どちらの腕にも取り付けられます。ただ、凄く外れやすいです。肩のクロークが上向いてますが、邪魔なのでこうしたってだけで、これが正式ではありません。
展開してビーム刃を装着して完成。サイズの出来が酷いだけに何だかとっても良い仕事された気になります。



地獄より舞い戻った死神、ガンダムデスサイズヘル。
アルトロンと比べるとやや出来は劣りますが、悪くは無いです。
肘・膝は二重間接ですが、肘はあまり良く動きません。
また、デスサイズと同じで、二の腕固定の間接回転です。
サイドアーマーが大きいので腰は完全には回せません。
同様の理由で、頭部もあまり動きません。ちょい、不細工だし。
ついでに言うと僕の買った店では100%全ての商品が頭部のアンテナが
歪んでて、物によってはバリが目立っていました。買う前には注意しましょう。
悪い所ばっかり挙げてますが、さらに追い討ちをかけますと
ビームサイズの出来がかなり悪いです。展開状態、収納状態ともに
一体形成でギミック等は一切無く、見た感じ凄くチープです。
ビーム刃は大きくて迫力もあるのに、とても残念です。
保持を重視したのかもしれませんが、色ぐらい気を使って欲しかった。
これだけこき下ろしておいて言っても説得力ないと思うんですけど
MIAとしての水準はそれほど低くないと思います。日本版Wシリーズとしては
一応合格点をあげられると思います。絶対お勧めと言うわけではありませんが
好きな人なら買っても満足できると思いますよ。



back