MIA 天剣絶刀 ガンダムヘブンズソード


久しぶりに引っ張り出したら、こいつこんなにカッコ良かったのか……と感心しました。異常な長さのトサカと羽根はちょっと因果地平の彼方に置いておいてボディだけ見ると、かなりプロポーションが良いです。
ボディ周り。肩や脚部など、プラパーツの比率が多いのでシャープな印象があります。スミも綺麗に入ってますね。
後ろから。やはり羽根がゴツイので、バランス取りは大変です。
頭部がグリグリとよく動きます。ただし、同時に長すぎなトサカも動くと言う事なので、ひっくり返る危険と戦う必要があります。マスクの造形も見事ですね。
肩はボールジョイントではなく、ヒンジ型になっています。ボディ側は差込み式。肘はシンプルなジョイントで90度可動。手首はボールジョイントで、腕の内側の受けがエグられていて、写真の様に大きく曲げる事が出来ます。変形する関係ですね。
脚部の可動は、一口では言えないぐらい色んなギミックが絡み合ってるので、大幅に省略します。ただ、こういうポーズも取れるんだよと、と言う一枚。
文字通りの鳥足ギミックでこういう姿勢も取れます。無意味ですが。
差し替えパーツとして開いた手首が付属しています。変形用なのか、ポージング用なのか、その両方なのか。とにかくカッコ良さが10%増しになるのでありがたい事です。
この手首は親指を可動させる事が出来ます。可動範囲はそれほどでもありませんが。
変形開始。腕を肩アーマーに合わせて畳み込み、背中のウイングを回してカバーします。
脚部のダイナミックな変形ギミック。変形前の写真と見比べて実際のギミックを想像してください。
付属の展開状態のウイングを取り付けて変形完了。かなりのボリュームです。ウイングを除けば完全変形。むしろ普通に完全変形を謳っても良いと思いますが。アニメだと明らかに生えてきてるし。あ、フェイスカバーの変形が再現されてないから駄目か。まあ、あれも無理がありますけど。
ド「ぐわあああああぁぁぁぁ!!」な図。
別アングル。下側のツメがほぼ可動しない分、保持がしっかりしてるので、この状態でヘブンズソードのトサカを持って持ち上げる事もできます。そのまま天井に吊ったりしても面白いかも。そのうち落ちてくるでしょうが(笑
デビルガンダム四天王、天剣絶刀ガンダムヘブンズソードでした。



グランドマスターの前に、と言うわけでついでに更新です。
最近のMIAの進歩も凄いですが、USバンダイのキレっぷりには
今になっても驚かされます。と言ってもこれは国内版ですが。
このヘブンズソードにはデスアーミーも付属していますが
それはまた別ページで。



back