ガンダムSEEDデスティニーの主役機が登場です。それではざくざくいってみましょうか。
コアスプレンダー。本当にコアランダーっぽいっす。
変形!真鍮線?を軸にしたヒンジでしっかり可動。
ネタです。こんな事する意味は全くありません。しかも、腹に挿さるんじゃなくて背中に挿します。
合体!ガンダムファイトォォォォォォ……は関係ない。ジョイントもついてるので、しっかりと接続できます。
正面から。正直アニメやプラモよりずっとカッコイイ仕上がりだと思う。店頭品は全て、頭部の右側が歪んでました。多分型自体の問題です。我慢我慢。
後ろ。塗装なんかは今までと大して変わりません。はみ出しとかも結構あります。
ストライクと並べてみた。ストライクよりさらに細身。腰の変なギャップが埋められてるのが好印象。
上の方から可動を検証してみましょう。肩はボールジョイント接続。上下左右にグリグリ可動。腕も水平に上がります。
肘の二重関節も完璧。これ以上は望んでも仕方が無いってぐらいです。
腰は接続位置が手前になっています。これは個人的に微妙かな。前傾姿勢に出来るのは良いけど、腰の回転がほとんど出来なくなったし……。あと、個体差でしょうが、胴体が凄く外れやすいんです。ちょっと触ったらパカって感じ。イライラ〜
膝も十分に可動。つま先が曲がるようになってたら完璧だったのになー。
片膝はこれぐらい。ジンには負けますね。
膝の軸は多少可動出来る遊びがあります。無理したら回転も出来るでしょうが、破損するかもしれないので、オススメはしません。
付属武器のフォールディングレザー。刃の部分はABSかな。しっかりしてます。メタリック塗装だし。
でも全体の出来としてはストライクのへぼナイフと大差なし。ちょっとマシかな?ぐらいですね。
多少カッコ良くなくもない。でもなんか、刃先が真っ直ぐ向かないんです。仕様かな?
やっぱり収納可能。向きが決まってるみたいです。保持はキツい感じ。腰のアーマーもABSっぽい。まあ、その辺は結構なんですが、左右で同じパーツ使ってるみたいで、ナイフハメる時は向きに注意しないといけません。
シールドとライフルを装備。銃の持ち手がキツキツで取り付けるのが面倒でした。
ライフルはスコープが可動。サブグリップは固定。シールドは差し替えで展開ギミックを再現。
ライフルは腰にマウントが可能。ていうかデカっ!
そしてフォースシルエットを装備。シルエットの主翼はABS製。真っ直ぐしっかりかっちかち〜。でも主翼だけなんだよね。そして、やっぱりある程度重心が崩れるので、倒れやすくなります。
後ろから。シルエット下部のバーニア?の基部はボールジョイント接続。中央部のスラスターも微妙に可動します。
公式決めポーズ!台座はお馴染みコトブキヤフライングベース。
勿論サーベルもあるでよ。これも樹脂製かな?固くてしっかりしてます。
正直忘れかけてた、シルエットフライヤーです。スペースシャトルみたい。
白飛びしてんなあ。シルエットと合体できます。差し込むだけ。ストライクについてたみたいな台座は、今回ありません。
パッケージ。開けちゃってますが。キャラ絵が付く様になりました。
データシート。放映前なので微妙にネタバレかも。
裏面。色々とわかっちゃいますね。サーベルはバジュラかー。ぜんき、ぜんき〜
その運命、打ち破れガンダム!



インパルスでした〜。思ってたよりカッコイイなー。
色々なギミックを盛り込んでおり、ABSの採用など、見所の多いTOYです。
個体差とは言え、腹部が脆いなど、新しい試みも全てが上手く働いてるわけでは
ないようですが、新シリーズ第一弾の出来としては十分素晴らしい物になっています。
今後のラインナップには色々とフィードバックがあるでしょうし、期待大です。



back