プロトンサンダー、じゃなかった、プロトタイプガンダムです。8割方ガンダム2ndですが、どエライかっちょえーです。
もういい加減休ませてやれよってぐらい型がヘロヘロな様で、元々シャープさとは無縁のMIAの中でも特にエッジがダルダルです。バリも多いし。
勿論バックパックは外れます。
並べてみる。肩のジョイントが目立たなくなってますが、これは個体差なのか?
造形的変更点は腕、腰、足首。後はカラーリングですね。白く見えるトコもグレーで塗られてて渋いっす。
コクピットの中にはやっぱり黄色い人。この写真だと、どれだけボディがメタメタかってのが良く分かりますな。
新造型の試作型ビームライフル。真っ黒。とりあえずノーコメント。
シールドとライフル。うーん、やっぱガンダム2ndはちょっとガタイが良すぎるかな。プロトはもっとスマートな印象があったのだけど。
バズーカ。こちらは色が変わっただけですね。真っ黒。
ビームサーベルは二本。これも特に変更なし。
オマケのTINコッド。うちは全然知りませんけど、GNOとかやってる人には馴染み深いのかしら。
後ろから。MIAってメタリックカラーだけはやたら綺麗ですよね。
裏面。ちゃんとモールド彫ってますね。この写真じゃ確認できないと思いますけど、接着剤がハミ出たりしてました。きちゃい。
データシート。やっべーこの画像激萌え〜!!ノスタルジックです。
裏。型番は当然RX78−1ですね。この辺の設定はうち全然知らないので、ノーコメント。

ただ、8機作られたって言うの、これはG−3とかガンダム○号機とかそう言うのとは別?だったら幾らなんでも、なぁ……



ガンダム試作一号機でした(語弊がある)
まあ、ほとんどガンダム2ndなんで、特に新鮮味は無かったです。
とりあえず、プロトかっちょえー!な人にだけオススメかな。
TINコッドは、接着剤がベタ〜ってしてなけりゃ良い出来だと思います。
あと、この商品もスミ入れは一部だけでしたね。誰が基準決めてるんだろう……?



back