まずは前から。一瞬考えましたが、ガーベラも持たせときました。ガーベラを取り付けるジョイントは、簡単に着脱可能。ただ、左右非対称のデザインなので、基本的に左の腰用です。以下、画像クリックで拡大。
後ろから見ると、それほど違和感もありません。写真だと、塗りの汚さも分かりにくいし…。



突然ですが、ここからHGのプラモデルと比較しながら、色々検証していきます。まずパッと見で、プロポーションの違いがわかりますね。この辺は個人の好みにも寄るので、とりあえずスルー。
膝は通常関節ですが、可動域は悪くありません。若干HGを上回っている感じもします。にしても、肩の装甲の形が随分と違うような気が…。
肩の前後へのスイング域は、決定的な差が付いています。というか、MIAの方はほとんど動きません。少し後ろに下がるかな?ってぐらいです。これが致命的だったりする…。
背中。HGの方はバックパックが可動して、下方に下げられるのですが、MIAの方は可動ギミックが無く、取り外せるだけです。これではフライトユニットは、もう絶望的ですね。
下半身の可動。膝はMIAの方が圧倒的に曲がります。でも、太ももの装甲が思いっきり干渉して、股関節の可動ではボロ負け。これまた致命的です。
部分部分では少しずつの差が、最後には決定的な差となって現れます。ご覧の通り、HGは肩のスイング、90度曲げられる股関節のおかげで、ガーベラも持てるし、膝立ちも出来ます。両方ダメダメなMIAは、グダグダなポーズしか取れません。一見、ガーベラはちゃんと持てているようですが、素材が柔らかいから出来るだけで、実際はかなりねじれています。



さて、紹介再開です。その他の付属品のライフルとシールド。ライフルはサブグリップが可動。シールドは基本的にストライクの物と同一ですが、ジョイントの形状が違います。
ビームサーベル。これまた長いです。肘はよく曲がるので、背中のサーベルにも手が届きます。
でもって、ガーベラストレート。せっかく柔らかい手首があるのに、鞘が太くてがっしり握れません…。
腕を前に持って来れないので、逆の手では届きもしません。無理したら持てなくも無いですが、ガーベラが歪みます。
そして抜刀。ガーベラはシルバーのメッキ塗装です。僕の買った商品は、最初から部分的に塗装が剥げてました…。光沢ありなので、光を当てると金属っぽく見えます。大人しいポーズにしておけば、それなりにサマになります。
両手持ちをしたければ、この辺が限界です。正中線の辺りでしか構える事が出来ません。基本は片手でポージングですね。
データシート。特にコメントなし。
一切反省の色無しの照り返し。まあ、大体読めるから良いかな(待て



待望のアストレイレッドフレーム。見事、撃沈(ぉぃ
まず、第一印象は、頭部の造形がダサイという事。
これは目がデカ過ぎるのが大きな要因だと思います。
出っ張りを削って、黒く塗ってしまえば目立たなくなると思いますが
そんな面倒な事やってられないので放置。
しかし、本当の問題は可動範囲です。
肘も膝も、実際よく曲がります(膝の方は、多少関節が抜けやすいですけど)
それなのに、肩と股間がほとんど動かないため、肘も膝も完全に殺されています。
部分的に良く動いても、ポーズが決められないのなら何の意味もありません。
肩の方はともかく、股関節は明らかに設計ミスだろバンダイ!
なんでしょうねぇ…今まさに旬の人気モビルスーツを新作として出すって時に
何故こんな出来で出しますかねぇ…MIA自体がコケますよ、これじゃあ。
オマケに、HGと同じ値段ですからね。ましてや、後発の癖に出来は悪いと。
でもって、これはSEED系全般がそうなんですが、塗りが本当に汚い。
はみ出しまくり、塗りきれて無さすぎで、個体によってはデザイン自体
変わっちゃってる物もありました。もしかしてやる気ないのか…バンダイ。
ストライク、デュエルと、本当に出来が良かったので、今回のアストレイは実に
残念極まりない出来です。後の商品の悪い前例にならない事を祈ります。



back