パッケージ前面。かなりこってます。なかなかセンス良いんじゃない?とか思ってしまった僕は負け組でしょうか。でも何故にこんな不自然に前向いてるんだ。
裏面。原作アニメシーンを見ると、フルバーニアンが一方的にボコられてるようにしか見えないんですけど。僕は両方大破したって事しか覚えてないので実際どうだったのかわかりません。
付属品はこんな感じで簡潔にまとめられてます。しかしサーベルが多すぎ。
フルバーニアン正面から。こいつは交換するパーツもないので、ボディはこれが全てです。微妙すぎて何とも言えません。
ダメージ箇所は左側に集中してますね。そういう戦いだったんでしょうね。全く覚えてませんけど。ちなみに、こいつにはライフルは付属してません。
ビームサーベル二本付属。柄が合計四本あります。全て着脱可能なので二つ確実に余ります。
バックパックにはコアファイターへの変形機構が備えられていますが、コアファイターの機首が無いのでただの良く動くバックパックです。
シールドは当時のシリーズ物に準じて、グリップとジョイントが干渉しまくりです。どっちか外さないとまともに装備できません。パーツ差し替えによる伸縮ギミックは、一応用意されてますが、根元から切断されてるのであまり意味がありません。
国内版からライフルを借りました。似合うっちゃあ似合いますね。
ダメージ状態のGP02です。右脚が無いので当然自立は不可能です。商品内のポーズ固定用ビニールを使用して立たせてます。
ダメージパーツを交換した状態。頭部が損傷してる以外は、汚れてるだけで五体満足です。
バズとシールドが付属しているので、定番のこれも出来ます。
サーベル二本付属。見切れてるけどまあ無視。腰についてるサーベルは外せないのでやっぱり四本になってしまいます。どうでも良すぎる事なんですが。
こっから日本版と比較。全長はほぼ同じ。ボディは日本版、肩およびバインダーはUS版の方が大きいと言うバランスです。間接が二重か否か、腰のサーベルが外れるか、肩のセンサーの有無、脚の可動ギミックの有無等の違いがあります。
バズ比較。少しわかりにくいと思いますが、日本版の方が確実に大きいです。バインダーの中のバーニアの展開法が違いますが、展開させてしまえばほぼ同じです。
シールド比較。大きさが全然違いますね。US版の方はシールドの上下が少し可動します。
対決で締め。こういうシーンはどんな風に撮れば良いのかよくわかりせん。



ファイナルデュエルセット(FDS)、スターダストメモリー。
GP02の所とか、今回のダメージ版をUS版と表記していますが
このセットの中の二機は、完全にUSで先行発売された物の流用ですね。
いや、ラストシューティングも実際同じ仕様なんですけど、まあそれはさておき
ダメージ処理以外は全くそのまんまです。GP01Fbに至っては付属品が
激減なのでかなり厳しいです。コアファイターぐらいつけてくれても・・・
でもGP02の方は結構良い出来ですね。日本新型の出来が良すぎて
それも霞んでしまいますが・・・。GP01なんてなおさら。
ダメージ表現目当てな奇特な人でなければほとんど魅力が無い商品ですね。
一応国内でFbを手に入れられるってのと、US版キットを入手できると言う利点はありますが。
個人的には、バインダーのサイズなどはUS版の方が好みなので
日本版と交換してみようと思ったのですが、凸凹の大きさが全然違うので無理でした。
勿論、カッター等で削り取れば可能でしょうけど、そこまでする気は起きませんね。
僕としてはまあ、値段分程度の満足は得られましたが、万人向けではないですね。
特別な興味が無い限りはスルーしていいと思いますよぅ。



back