とりあえず前から。塗装はかなり綺麗。赤のツヤツヤはちょっと微妙。頭部は個体差が激しいみたいで、これはちょっと駄目な奴ですね。これから買う人は顔に注意です。
後ろから。バインダーが重かったので、前屈みになってしまいました。逆三角形のマーキングが静かな威圧感を醸してますね。
肘・膝の二重関節の可動範囲は良好。ただし、膝の方は若干強度が足りない気がします。すぐグシャっと潰れてコケてしまう事が多いんです。素立ちなら問題ないんですけど。
わかりにくいですが、カカトは流行のハネ上げ式です。
つま先のカバーに可動ギミックあり。この部位がどういう役割を持っているのか、僕は知らないので何とも言えませんが。
バインダーはフル可動で展開ギミックを再現。
付属のビームサーベル。腰から抜いて使います。ビーム刃は二つあるので、二刀流も可能。あと、手首はGP01みたいな、わけのわからない変な手首ではないので、しっかり持てます。
耐核シールド。デカイ、重いで、まあとりあえず持ち上げられません。地面に置いて支えるのがデフォですね。
裏側。光反射しすぎで見辛いです。コントラストいじればいいんだけど……面倒(ぉ
ディティールがやたら細かいです。グリップやバズーカは、ジョイントの形が工夫されてるので、取り付け時に間違わないで済みます。
シールドにマウントされてた物と、肩に吊っているのを合体させて、アトミックバズーカが完成。ソロモンよ私は(以下略
アニメカット風。失敗して画質下がっちゃいました……。ところで、首が前後に可動するんですが、バズーカ構えた時のためですかね、やっぱり。
シールドが無いと危ないですからね。



何故か3度も修正されてるガンダム試作2号機、GP02、サイサリス。
実質セカンド品なので、かなり良い出来になってます。
気になる点としては、間接の保持力とか、頭部の造形ですが
結構個体差による部分だと思うので、ハッキリとした事は言えません。
総合的には、特に弱点なしのグッドアイテムですね。オススメです。



back