MIA ティエレン 地上型


鉄人さん。アニメや見本だと結構カラッとした緑色ですが、やや色が濃くなっている印象です。
(実物は画像より少し明るいです)

ミリタリー色が強くなって良いかなと思います。
前から。
下半身が少し細くてややひょろい印象。スタイリッシュと評価する事も出来るかも知れませんが、その辺は好みで。
右足のハードポイントの色が見本と違うのが多少気になる所です。
横から見ると割と薄っぺらくなってるんですね。
背面。
余談ですが、カカト部分はプラ素材です。
さらに横。
頭部は固定されており、何もギミックはありません。
モノアイは可動式にして欲しかった。
肩はダブルボールジョイント接続で、クリアランスも大きく取られているので全方向に可動範囲が広くなっています。
上腕に回転軸があります。肘の可動はまあまあ。装甲が当たる所までは動きます。
肩のシールドはボールジョイント接続。それほどぐりぐり動くわけではなく、表情付け程度の可動です。
腹部に前後スイング軸があり、かなりダイナミックに曲がります。
腹部下側はボールジョイント接続ですが、実質回転軸です。
股は結構開けます。

足首はダブルボールジョイント接続ですが、足側の可動クリアランスがあまり取れていないので、接地性はもう一つ。受けを削ると良いかも知れません。
膝は90度可動。シンプルなデザインの割にあんまり曲がりません。
シールドが付いてる方の足を立てれば膝立ちは出来ます。

シールドは左右交換出来ますが、ボールジョイントの渋さが違うので、放置してるとゆるくなるかも知れません。
カーボンブレイドは二本付属しています。腰に一つマウントする事が出来ます。
デフォで二刀流が出来るのはまあ、サービスとしては悪く無いと思うのですが・・・。
武器を持てる手首は、左右共に、図の様に人差し指を曲げた銃持ち手になっています。手持ち武器はブレイドしか無いのに・・・。かなり意味不明です。
滑腔砲は一つ付属。腕に直接接続します。勿論、手では持ちません。
また、接続すると肩のシールドと干渉するので、当たらないようにずらさないといけません。もう少しサイズとか考えて欲しい所です。

また、砲は腕との接続の軸で回転させる事も出来ます。
左右持ち替える事も出来ます。とは言え、砲が左右非対称のデザインなので、不自然になっちゃいますね。
MIAアンフが出たらあるいは。

ポーズを決めてみても、モノアイが明後日の方向を向いているので大分間抜けです。
頭が動かないデザインだからモノアイぐらいは動かそう、って考えて欲しいですね。
データシート表。
データシート裏。鉄人重っ!
"ロシアの荒熊"には毎度吹かされます。機体の説明はいかにもザク的ですね。
新たなMS開発・・・タオツーもティエレンのカスタム機みたいなもんですし、その後はジンクスが配備されちゃったので、もう人革さん独自に新型MSは見る機会無いんですかねぇ。チャオレンとかティエンレンとかそういうダサいのが出てこないかと期待したい所。
化け物かよガンダムぅ!!


本当はその首貰ったやるかよーみたいなのがやりたかった所ですが、それはいつか出る可能性が0とは言い切れない高機動型発売まで取っておきます。



以上、ティエレン地上型でした。
見た目も出来も、大体普通のMIAなので
メタメタなのが多い00シリーズの中では比較的安心して買えます。
可動も割と融通が利くのでポージングにメリハリがついて格好良いですし。
しかし、後ひと頑張りして欲しいというか、何でこんな事になってるの?
と思う様な妙な仕様が一部あるのが気になります。
それと、MIA新展開!と言ってGNフラッグの試作が発表されてる時期なので
このままMIAでシリーズ揃えていって大丈夫かなぁ、と言う気がします。
従来型と新MIAで並べたら違和感バリバリと言うのも困りますし。
それ以前に、放送もとっくに終わってる時期に量産機ぽこっ出されても困りますね。
フラッグやイナクト、リアルドやらアンフまで続々発売って言うならまだしもですが・・・。
なんかタイミング的に色々恵まれてない気がします。
放送が二回に分かれると言う変則的な流れで商品企画の難易度も上がってるのかも
知れませんが、もう少しユーザーの視点に立って商品を提供して欲しい所ですね。




back




オマケ

ガンメンっぽく見えたので。顔が二つたぁ生意気なッ!!