コズミックリージョン フリーダムガンダム


ちょっと渋くスタートのコズミックリージョン(以下CR)フリーダムガンダムです。
ちょっと今回、写真撮った順番と、ここで並んでる順番が異なっています。説明とか前後しちゃうかも知れませんが、どうかご勘弁を。
立ち姿。かなり独特の、スタイリッシュなプロポーションになっています。個人的には、MIAに慣れすぎてる成果もう少しメリハリついてる方が良いかなとも思います。
背面。後ろから見ると結構ウイングのボリュームがある様に錯覚してしまいます。それにしてもちょっとマーキングうるさいかな。FIX慣れしてる人には平気かな?
この羽根はプラで、コンパクトにまとまってるので、それほど後ろに傾きはしません。
別アングル。バックパック周りの印象がなんか新鮮な感じ。この後の写真では一切触れてないんですが、ふくらはぎのスラスターのカバー部は結構大きく可動します。
頭部。これでもかなり選びました。それでもアンテナは折れ曲がってるわ、ひさしはガタガタしてるわ……。今回、美形を掴み取るのはかなり難しいです。GFFクスィー並にマスク部の歪んでる個体が多く、マスク部の塗装が荒い物も多く、アンテナも以下略。顔にこだわる人は大変ですが、お店に迷惑のかからない程度の選別に留めましょう。
で、造形的な感想ですが、なんか四角いと言うか、平べったいと言う感じで、手放しでカッコイイって程ではないかな。でも決して悪くは無いと思います。いじり甲斐もありそう。
別角度。せっかく良いアングルだと思ったのに、今見たら目の真ん中辺りに傷が……orz

しかしなんか今日は、自分で言うのも何ですが、写真綺麗ですね。
可動編。アゴは結構引けます。肩も水平に上がります。でも肩と胴体の接続はただの差込式で、特に面白味はありません。
肘は90度程度の可動範囲。手首の付け根はボールジョイント。腰は差し込み式で、回転可能。
ちょっと邪魔なので、レールガン除去。元からちょっと外れやすいんですよ。
デフォだと脚部の開け具合はこの程度。カトキの監修入ってなさそー。元々それほど動く形状でも無いんですが、腰サイドアーマーの取り付け軸が太くて干渉してるのが致命的です。
膝も90度ほどの可動。腰フロントアーマーが上下可動するので、干渉しないのは良いのですが、脚部の形状バランス的に、自然な立膝は難しいですね。
足首、と言うかつま先が上下に可動します。ポージングや接地の調整になって良い感じです。しかしこの足少し小さ過ぎますね。
腰のレールガン。もちろん差し替え無しで展開可能。羽根に比べて、こちらは普通に長くなってます。オリジナルのモールドがゴリゴリ彫られてますね。
それぞれグリップも展開します。手首は付属の持ち手に差し替えましょう。
羽根からバラエーナを展開させます。デフォで可動軸があるので、ハイマットフルバーストの再現も出来ますが、それは後で。
レアなフルバーストモード。うわー超ダサイ。
お次はシールド。とりあえずグリップを持たせます。グリップは差し込み位置を変更可能です。で、グリップの上の方に固定用のポッチがついてるんですが……
受けがこんな所にあるんですよね。てっきりサイドの白い所が外れるか何かするのかと思ったのに。MIAはそのまんま穴が空いてましたけど。
素直に取り付けるとこうなる。これはちょっと、カッコ悪いですね。まあ、その気になればどうとでもなる所なのでとりあえずスルー。
ルプス。ライフル用の手首も付属しています。しかしえらく銃身が歪んでますなぁ……。
とりあえずデフォな状態になりました。うーむ。羽根と足首の小さいのが全体のバランスを崩してるかな……。
フォアグリップも可動するので、両手持ちが出来ます。ライフルがぐにゃぐにゃしてなけりゃ結構カッコ良く撮れてたかも知れないのに。
例によって腰にマウント可能です。
腰からサーベルグリップを取り外し、ビーム刃を取り付けてビームサーベルの再現。ちょっと刃が短いような……少し太目だから余計に。それから、サーベルラックの保持はかなりしっかりしてるので、グリップがぽろぽろ落ちたりって事は無いと思います。
二刀流も可能。これらのサーベルには合体ギミックはありません。
こちらが合体用。右手で持ってるほうの柄の底と、腰に注目。
専用グリップを合体させるとこの状態に。うーむ、やっぱビーム刃の長さのバランスがあまり好みじゃないなあ。
開き手も付属しているので、ポージングの表情付けに使えます。
右手分もありますが、あんまり使い所が無いので適当なポーズを取らせてみる。
別角度。こっちの方が良いかも。
はて。何のためにこの写真撮ったのか忘れた。
突然ですが、ここで我慢できなくなって股関節の受けを削りました。9枚目の写真と比べてみると良いかも知れませんが面倒くさいですね。
…………。↑の二枚、順番が逆なんじゃないかな……まあいいや。ハイマットモードのままでバラエーナを展開、ハイマットフルバーストの準備です。
そしてハイマットフルバースト。お店で買うだけですぐに再現できるのはありがたいですね。ただこの写真、股関節はいじった後なので若干注意が必要です。
ちょいアップ。別に要らなかったかな。
今更ではありますが、MIAと並べてみる。ワケあってMIAは片羽根になってますが……。やっぱりCRの方がちょっと大きいですね。でも羽根はMIAの方が……。
付属のベース&スタンドです。FIXでもお馴染みですね。
こんな感じで何箇所か可動して、色々な角度で飾れます。可動軸はネジ止めだったりクリックだったり、とにかく強度はある方なので、よほど無茶な角度でなければしっかりと飾る事が出来ると思います。
フリーダム側の受けは二つあります。一つ目はバックパックの下側のバーニア口。こちらの場合、やや低くなります。
もう一つは股関節部にあります。こちらはいかにも宙に浮いた感じになりますね。
と言うわけで浮かしてみました。まあまあカッコイイと思いますよ。
照明を落として渋く締めてみるテスト。と言うか普通にこの写真イイかも( ´∀`)うぇーい



コズミックリージョンフリーダムガンダムでした。
うちの印象を順番に書いていくと、まず店頭で見た時は
頭部の品質にムラがありまくりで、かなり微妙だと思いました。
情けなく思いつつも、それなりに納得できる個体を選んで買ってから
箱を開けた時は、可動範囲が大した事なかったのでこれまた微妙。
プロポーションも思ってたほど感動を感じなかったのではたまた微妙。
紹介用の写真撮ってる時に、上手くポーズが決まらなくて萎え。
たまらなくなって股関節の受けを削った後は、ちょっとカッコイイかも?
最後の写真で、いいじゃんコレ。ってな感じで変移しました。
まあ正直、期待しすぎてたな、とは思いました。
FIXの系列と考えた上で、値段も考慮するとマシな出来だと思います。
要は、期待しすぎなきゃ勝ち。
結構あちこち、ここはこうだったら良いのにって所はあるんですが
直せなくも無いって程度のが多いので、場合によっては楽しめそうかなとか。
羽根と足が小さいのは、今のうちの技術じゃどうしようもないですけどね……。
おっと、いつものクセでグダグダしてきたな。
無理矢理まとめると、目を見張るような凄い要素は無いものの
それなりに無難にまとまっているので、波長が合う人には良作だと思いますが
「究極のフリーダム」を求めてる人には正解足り得なさそうです。
うちに言えるのは、買う前に慎重になりましょうって事ですね。
ああ〜CRストフリに対する期待感が微妙になってきた(笑)
今まではワクワク♪だったのがドキドキ;って感じに。
でも今の気分を喜怒哀楽で表すと「楽」ですね。ふふり。



back