コズミックリージョン
ストライクフリーダムガンダム


羽根が小さいのは少し置いといて、体型のバランスは特に問題ないと思います。むしろカッコ良い部類かも。ただ、今に始まった事じゃないですが、凹凸にメリハリが無く、全体的に平坦な印象。四角い箱を上手く配置して人型にしているかのような。この点については、このシリーズはそういう物と割り切るしかなさそうです。
全身にくまなく独特のモールドが走っています。個人的にこれは結構好き。バックパックのバーニアの下側はスタンドと接続するためのダボが空いています。見栄えを気にしてるシリーズだと思ってたんですが、案外適当ですね。
頭部周りのアップ。えー、とりあえずアンテナが少しズレていますね。気をつけましょう。マスクも若干ズレてますが、店頭分を数個チェックしたところ、フリーダムほど酷いって物はありませんでした。頭部のバラつきはある程度抑えられたのかも知れません。
マスク正面から。頭部のセンサーが一つしかありませんね…もしかして忘れた?
お目目が黄色くてとても大きいです。RX-78が一瞬連想されます。賛否は分かれそうですが、個人的にはOKです。

頭部の可動範囲は狭い、と言うかほとんど動きません。せめてもう少しアゴが引けると良かったんですが。
羽根を畳んでみたのですが、小さ過ぎてかなりみっともない感じ。ただ、その分相応に軽くなっているので、若干前屈み気味にすればしっかりと自立できます。
肩は前後スイング可能。ただし保持が緩めなので、武器などを持たせると勝手に前に倒れる事があります。あと、肩はポッチが短いので結構外れやすくなってます。
肘は今時90度が限界の可動。腕は結構上がりますね。
胴体を上下に割った状態。ご覧の通り四角いダボで接続されているので、腰は全く動きません。動かしたい人はある程度の加工が必要になりますね。サイドのビームライフルは突起をダボに指してるだけで非常に不安定です。脚を動かすと外れちゃうし、もうちょっと何とかならなかったのかと。

しかし……何かの顔に見える……。
腰のアーマーはレールガンは別として、全て可動します。膝関節は90度少々の可動。膝立ちも出来そうですが、レールガンを回す事が出居ないので、絶対にレールガンが地面に刺さります。
つま先部分も可動。足首のシリンダーはただの飾りです。足首の可動範囲はそこそこなので、接地性は悪くありません。
ビームサーベルの取り付けは、単純に溝にはめ込んでいるだけです。個体差はあると思いますが、うちのはぽろっぽろ落ちてきてイライラします。あと、取り付け部自体がレールガン本体から外れやすかったりするのでかなり辛いです。
レールガンは、展開ギミックはストフリそのままに、形状はフリーダムの物の様にシャープな形状になっています。モールドのセンスもなかなか良くてカッコイイと思います。
ウイングの展開。4枚の大羽根はそれぞれ独立して可動。バックパックとの接続軸は回転式。
ドラグーンは全て取り外し可能。発表当時はコレクションプラかMIAぐらいしか無かったのでそれなりに価値もありましたが……。特徴的な金色フレームも何故か没になってしまい、まさに没個性化しました。
上がコズミ、下がハイコンプロです。トップでハイコンの方が大きいと書きましたが、それは本体の大きさとのギャップによる錯覚で、実際は全く同じ(ぐらいの)大きさでした。1/144相当と1/200相当でほぼ同じサイズって……。まあつまり、交換したとしてもデザインが変わるだけで毒にも薬にもなりません。
ビームライフル。グリップは差し替えで展開。かなり細長いバランスでシャープな印象。MIAと交換したいかも。左右に専用の持ち手がありますが、保持はやや不安定です。
構造は左右で全く同一(多分)。両方とも銃身のスライドギミックがあります。スライド時、一応ストッパーはついているのですが、これがなんと、外れる時は緩くてハメる時は固くなると言う神仕様。まあ下手に触らなきゃ、勝手に外れるって程でもないので、丁寧に扱えば問題ないです。
合体ライフル。どちらも前(あるいは後ろ)にする事が出来ます。一応両手持ちも出来ます。肘の可動範囲がもう少し広ければ、もっと脇をしめて構えられるのですが。
ビームサーベル。腰から外して持たせます。取り付ける刃の部分はクリアで固めの素材。こちらも左右に専用の持ち手があり、保持は良好。塗装が剥がれないか逆に心配ですが。
また、左右に平手も付いています。コトブキヤのプラキットみたいにやる気のない開き具合ですが。
少し引いた図。サーベルの色が綺麗です。ついでに、浮かせているのは付属のスタンド。フリーダムの物と同一形状みたいです。
連結サーベル。合体可能な専用のグリップが別で付属しています。と言うかやっぱりストフリも連結出来たんですね。これもMIAに持って行きたい所。
ビームシールド。取り付ける時は腕の赤い装甲を差し替えます。ちなみに、ビームシールドは一つだけ付属しています。
最近ハマってるポージング。
ドンっとアップで終了。うーん、まあ、こんなもんか。



コズミックリージョン、ストライクフリーダムガンダムでした。
やっぱり金色関節は塗装に限りますな。プラモの成形色はキツイ。表現にも困る。
全体的に、塗装は綺麗な部類だと感じました。発色も良い感じ。
もちろん、基本はGFFクオリティではあります。細かい所は目を瞑りましょう。
可動に関してはオマケ程度。これもいつも通りと言えばいつも通りなんですが
同等以上のギミックを有しながら小サイズで値段も半分ぐらいで格段に可動する
ハイコンもあるのに、この程度の可動範囲であぐらをかいてる余裕があるのか疑問です。
そんなわけで、可動を捨てて造形美を目指してるのがGFF系列だと思ってるわけですが
今回のこれはどうでしょう。確かにアレンジも悪くはないし、個人的にはアリではありますが
他と比べ物にならないぐらい飛びぬけて凄い造形ってワケでもないと思いますし、正直
どれか一つ選べって言われた時に、これをトップには持ってこれないですね。
もう、何と言うか、時期的にも仕様的にも中途半端。どういう層にオススメしたらいいのか分かりません。
基本的に手抜き臭いんですよね……色々と。
本当にぶっちゃけ言えば、このシリーズが好きな人だけ買えばいいんじゃないかと……。
ハイコンがまだ存在していなければ、もう少し高評価だったとは思うんですけど。
惜しい商品だなぁ。やっぱり金色フレームぐらいの自己主張は必要だったよなぁ。
…とまあ、やたら貶してますが、決して嫌いなワケではありません。
ただ、もっと良い物があるのでどうでも良いだけです……残念。



back