メタルマテリアルモデル
ガンダムクオリティ ブラストインパルスガンダム


舌噛んで死ね!と言ってるとしか思えない挑発的な商品名です。ん?ブラストは買わないって言ってただろって?

知 ら ん ね
(いや、ソードのページ見たら書いてるけど)

まあ、当時そう思ったからって今もそうかって言うとそんな事は無いし、それにこんな言葉がある。

「武士に二言は無い」

今の世に武士は居ないので、つまり二言が無い者も居ないと言う事。ほらね。
戯言は程ほどにしておこう。
基本的に色と武装が違うだけなので、細かい事は端折る。
1/100だから特にそんな錯覚をしてしまうのかも知れないけれど、背中のシルエットがとても大きくて迫力がある。なんだかとても価値がある物の様な気がするから、うちはスケールの大きい物が好き。この子もご多分に漏れない。
後ろから見ると案外シンプル。
ソードと違うのはまんまシルエットなんだけれど、このブラストシルエットは無意味に動く所がある。レール砲の基部とケルベロス脇のバーニア?なんかがそうなんだけど、本当に動く意味が分からないので、説明は省かせてもらう。
この商品自体知らない(興味が無い)人も多いので説明しておくと、頭部は前回同様ガンプラの1/100と取り替えてある。アンテナと口だけ塗装。多分ガンダムカラーを使ったんだっけかな。調色をして無い事は間違いない。サフは吹いたけど。
元の顔は何となくバランスが気に入らない。画像はソードの方にあるので気になる人はそちらを参照のこと。
一応分離状態。チェストとレッグがディアクティブじゃないからなー。
合体〜(釣り馬鹿?)

このスタンドとの付き合い始めはソードだったねぇ。当時の双葉住人よ、また会ったな。
シルエットフライヤー+ブラストシルエット。もう今更見た目に何を言っても仕方があるまいが、一つ言いたいのは、シルエットフライヤー戦わせたらかなり強いんじゃないかって事。無人だから撃墜されても痛くないし。
合体〜。インパルスの合体シーンって、本体が合体する所は最初の一回以降苦痛だったけど、シルエットが取り付く瞬間は好きだったなぁ。
MMMGQの良い所は無駄にポージングにメリハリが付く所やね。一番最初の画像とポーズの違いを見比べて欲しい。/td>
レール砲とミサイルを意識した構図。
レール砲はツノに引っ掛かっているわけではなく、実際この辺りで止まるようになっている。
(正直に言うとほんの少し引っ掛かっている)
種っぽいポージングを意識。ちょっと角度が決まらなかったかな。
ケルベロスは差し替え無しで発射状態を再現可能。グリップも出るよ。だが、ライフルを腰に付けてるとかなりイラッと来るぐらい干渉する。つーか種世界のありとあらゆるガンダムよ、腰にライフル着けるな。邪魔だ。ん、アカツキ?駄目。ダサイ。却下(わがまま……)
発射姿勢。GIFを作って遊んだりもした。しかし容量がデカイので永遠にさようなら。
ケルベロスの砲身にはジャベリンの柄を納めておく事も出来る。
ジャベリンの柄は長・短二種類あり、それぞれ二本ずつある。どちらも先端にビーム刃パーツを取り付ける事が可能。刃は二つ付属。
また、付属のジョイントパーツで連結する事も可能。ジョイントパーツは二つあるので、長と短の組み合わせで二本の連結したシャフトを形成する事も出来るが、長・長の組み合わせ意外は間抜けっぽいと思う。
やはり長物は良い。アビスガンダムぐらい一発で殺ってくれそうだ。連合VSザフトIIでは新規にジャベリン投げが追加されているとか。
さらにフルバースト。全身の可動性が秀逸なのでポージングが派手に決まる、いかにも種的な玩具と言える。インパルスしか出なかったのが惜しい。
こぉーんなに動くのになぁ。デカイし。まあ、高いのがいけなかったんだろうねぇ。うちもぶっちゃけ2000円以上は出したくなかったし。ちなみにこれは1980円だったので。
MMMGQをどうか忘れないで。

ブラストのポーズが意味不明?いや、最近ZZの再放送見てさぁ(?)



かなり文面がグダってしまいましたね。
まあ、それはさておき、やはり良い玩具ですMMMGQ。
バンダイがたまにやるポカアイテムなのは動かしがたい事実ですが
可動等のギミックには未だ目を見張るものがあります。
遊んでて楽しい貴重な玩具の一つで、素直にお気に入りです。
でもまあ、定価だとやっぱり高いと思うので、中古やワゴンセール等で
安いのを狙うのがオススメです。割とあるしね。売れてないから……。
どうせならこのシリーズでデスティニーインパルスとか出たら面白かったのになぁ。
多分、うちだけが。まあ、だから出ないんだけど。道理だねぇ。



back