二個買いはデフォですな。
まずはクスィーガンダムから。大本のデザインとは似ても似つかないと言うか、個人的にはあっちの方が好きなんですけど、とりあえず忘れます。威圧感のあるシルエットですが、どうも顔とサーベルの位置のせいかZZに見えて仕方が無い……。
後ろから。羽根がみょいーんと伸びてます。
羽根はこれぐらいまで動きます。設定とかあまり知らないので、動いたらどうなのって所はわかりせん。
顔。既に話題になってますが、顔の出来はかなり落差が激しいです。これは出来るだけマシに見えるの選らんだつもりですが、目の大きさが全然違いますね。酷いのだと、マスクが半分ねじれてる様な形になっているのもありました。とにかく買う前は顔をチェック。
可動範囲。肘と膝はスムーズに90度曲がります。後はほぼ固定と思いえねぇ。腰はデザイン的に思いっきり干渉するし、股関節なんか、明らかに動かす気ありません。
クスィー用ビームサーベル。肩部のも外れますが、実際に着けるのは別のパーツです。また、握り手とサーベル共に左右分あるので、二刀流も出来ます。
クスィー用ビームライフルとシールド。シールドは腕の装甲を一部取り外して装着します。ライフルにはギミック等はありませんが、GFFにしては珍しくクリアランスが良く、ストレス無く持たせる事が出来ます。やや落ちやすいけど。
シールドの基部はスライドさせて位置を調節できます。
パーツ差し替えで飛行形態を再現できます。ただ、この辺のパーツは総じて取れやすいので、ストレス溜まるかも。
専用ベースを使えば、実際に浮かせた状態で飾れます。
あれ、YAMATOのゼオライマー出てたんだ?

違います。ペーネロペーです。差し替えの様子は割愛です。つーかやってられん!
後ろから見たらもう何かの怪獣にしか見えません。
顔。ちょっとのっぺりしたデザインにも見えますが、この毒々しいツノとか、赤くて凶悪な目つきとか、結構ツボです。塗装が荒いのが残念。
ペーネロペー用のサーベルは、腕の装甲部にサーベルパーツを直接取り付けます。かっけぇー。
ペ用のビームライフルです。ちなみに、手首はクスィーと共用です。
こっちもスタンドを使って浮かす事が出来ます。この写真はちょっと、ただ浮かせただけって感じで、あまりよろしくありませんね。
究極の激突。かなりの大ボリュームです。
1セットにつき2個、ファンネルミサイルが付いています。凝りたい人は装飾に使っても良いでしょう。
さらに差し替えで、ペーの本体。オデュッセウスガンダムと呼ばれる設定らしいです。スマートでなかなか格好よろしい。
でも正直、どことなくGセイバーを連想し(略
余ったペーネロペー用の装甲類は組み合わせて飛行モジュールに出来ます。何か固有の名前が付いてるのかも知れないけど、未確認。
この状態の物専用のスタンドも付属しています。しかし後ろからだと何がなにやら。
カッとなってやった。立てられればクスィーでも良かった。今では満足している。
こーいうのもアリだな。
ちょっとイタズラ心がビンビンと。RXF−91に近い印象があったりなかったり。
クシネロペーでさようなら。



好きだぜ、ハサ。クスィーガンダム&ペーネロペーでした。
顔の歪みが多かったり、スミ入れがかなり雑だったりと、小さな不満もありますが
クスィー以外の形態では、パーツの保持もそこそこしっかりしてますし
正直コイツは、カッコ良ければお役御免って感じの商品だと思ってるので
個人的には十分満足です。
本当は小説読みなおして予習したかったけど、ダムズに行ったら
中巻だけ無かったんで諦めました。
結構な値段だし、場所も取るので、誰にでもオススメと言うワケではありませんが
この見た目にビビッと来た方なら満足出来るのではないかと思います。
原作ファンの人は……逆にダメかも知れませんね(苦笑)
やっぱクスィーはもっとこう、蟲みたいじゃないとねぇ(蝙蝠野郎



back