まあ、せっかくなので。カッコイイし。セカンドGでもLでも無い中途半端な状態になってしまいましたが、レッドフレームとのニコイチでやっちゃいました。さしずめセカンドM(何故Mか?うちがモリーだからですよ……)
ちょっと前屈みなので、脚短く見えます……。背中側が重いんですよ。本体の工作には特別な事は何一つやってません。完全に素組み。つや消しは吹いてますけど。
背中側。こっちも特に変化は無し。
限界ギリギリアップ。ああ!アンテナの所は見ないで!!(苦笑い)

いやー、サフが乾かないうちに塗ったもんだから、途中で溶けて白い色混ざるわ、下地は透けてくるわで散々です(笑)
でも意外と、遠目にはわからないので、もう直しません。あとは、カメラ部も塗って、マスクに軽くスミ入れてます。
しつこくもライフルとシールド装備。シールドはこの距離でもわかるぐらい、最悪に汚く塗ってます。ライフルはノータッチ。でもパッと見ならカッコイイですよね(ね?
ポージングポージング。立たせるだけじゃ勿体無いから。
別にこれぐらいでも良かったかも。胴体とかスミも入れてないから、かなり味気ないですね。
セカンドGには出来ないよ?シールドも持たせてさらに勇者風。それにしても重たい。
うぉぉ〜って感じで。やっぱノーマルアストレイ顔は秀逸だなあ。セカンドLはもうイラネ。
あと、うちには何故かキットが二つ有るので、こういう事も出来ます。サンコイチ?さしずめ、セカンドLLM(もうわけわからん
勇者だ勇者だ。もう背中の方なんてマント羽織ってる様にしか見えない。
まあ、お約束ですね。二枚上の写真で既に予想してる人も居たでしょう。しかし、ここまで(↓)やるとは思っていなかったろう!?
こんな馬鹿馬鹿しいの見れるのは、間違いなくうちだけですよ(超級苦笑い)
以上、セカンドMでした。



と言うわけで、ネタ終了です。
セカンドLにレッドフレームのパーツ使ってGにするってのは
それこそ誰にでも思いつくと言うか、考える事だろうとは思います。
うちも初めは普通にGにしようとしてたんですが、ノーマルのバックパックが
お亡くなりになってしまったので、間に合わせでこんな事に。かえって良かったかも(苦笑)
個人的には結構気に入ってます。
材料さえあれば、(4枚目程度の技術で)すっげー簡単に出来るので
ウケた人は是非どうぞ〜



back