ロボット魂 SIDE KMF 紅蓮可翔式


IAO紅蓮弐式のパッケと並べてみました。飛翔滑走翼分、横に伸びたみたいですね。
紅蓮可翔式です。
紅蓮弐式に比べてトゲトゲ感が増していてより悪役っぽく、格好良くなってます。滑走翼が全身のシルエットを大きく広げるので、ボリューム感も増して強そうです。
前から。
右肩のデザインが凄いですね。鉄人28号ぐらいの時代を感じる。
横から。
背中から飛び出たコクピットにさらに滑走翼が刺さっているので、かなり後ろに引っ張られます。
ランドスピナーを展開していれば安心ですが、スピナー無しでも一応立てます。
反対側から。
新しくなった徹甲砲撃右腕部が厳ついです。
後ろから。
コクピット下部に飛翔滑走翼がぶっ刺さってます。
滑走翼を外すとこの状態。ダボが見えてますね。そこに接続します。
バストアップ。
弐式ではアゴのバランスが気になったのですが、可翔式は大分設定に近くて格好良いと思います。
ただ、目の塗りが大味なので、下から見ると結構きつい。

設定通り、襟元の塗装が弐式と違っています。
斜めから。
目の周りの黒縁が分厚くてドアップで見ると気になります。
ただ、少し離れると違和感を感じないので、気にし過ぎない方が良いかも知れません。
元々そういう機体なのですが、頭部と右腕以外は紅蓮弐式と同じ形状になっています。
(股関節は例外)

形以外では襟元の塗り分けが違っているだけです。

ですんで可動範囲等、細かい所の説明は省きます。
弐式の股関節は可動範囲が狭く、不満も有りましたが、可翔式では改良されていて、大分可動範囲が大きくなりました。
デザイン自体は同じなので、流用で済ます事も出来るでしょうに、こだわりを感じますね。
新しくなった右肩のデザイン。
ゴツくて迫力のあるデザインですが、そのデザイン故に、可動に支障が出ています。
この右肩、胴体との接続軸以外は可動ギミックが無いため、あまり肩を上げる事が出来ません。
元々そういうデザインなので仕方ないかも知れませんね。
見た目とギミックの折り合いをつけた結果だと思います。
デザインは違っていますが、腕の関節機構自体は弐式と全く同じです。
肘を曲げたらこんな感じ。
手首の軸もヒンジで90度ほど独自可動します。
今回は右腕の五指の軸全てにボールジョイントが採用されており、角度をつけて楽しむ事が出来ます。
各指の配置によって様々な表情がつけられて楽しいですよ。

ガラッゾもこうなってれば良いのに(無理っすw)
付属品は至ってシンプル。

左腕の手首3種と小刀、それに右腕の交換パーツです。

意外な事に専用スタンドの類は付属していません。可翔式つったらおめぇ、空飛ばさねばなんね!と言う所ですが、多分魂ステージ買ってね♪と言う無言のメッセージなのでしょう。
(ちなみにこのページで使っているスタンドは魂ステージ)
左腕の手首パーツと刀は弐式の物と同一形状です。
右手の指を意識してポージングすると面白いです。
アニメでも活躍した、ワイドレンジ攻撃用の右腕パーツが付属しています。
通常の前腕と交換して取り付けます。
バスターコレダーみたいですね。右腕のボリュームも増してより強そうに見えます。
「あんたらは後回しっ!!」

五指可動がここでも活きます。
散々映してますが、飛翔滑走翼パーツ。
翼部分は組み立ての関係上、接続部で回転させる事も出来ますが、翼を畳んだり広げたりするギミックはありません。
取り付けた状態。今度はランドスピナーを畳んでいます。
カカトパーツだけでも自立可能。
滑走翼を装備した状態でもコクピットは開閉可能です。そりゃそーだろって感じですね。
滑走翼のハッチを開いてゲフィオン弾(と説明書きにある)発射態勢にする事が可能。
中々遊び心があります。
同一パーツを使っているので当然ではありますが、弐式にも滑走翼を取り付ける事が出来ます。これが本当の紅蓮可翔式、なわけはない。
勿論滑走翼だけでなく、好きなパーツを交換出来ます。
俺紅蓮を演出してみるのも良いかも知れません。

頑張って下半身交換するのもアリかも。
「カレン、今更許しは乞わないよ。ごめん。」

「謝ってるしーーーー!!!(がびーん)」
「落ちた!死んだ!ごめん紅蓮。黄泉、涅槃で待ってるわ」


「こんな事もあろうかと」

「ラクシャータさん!?」

「舞い上がりなぁ、飛翔滑走翼ぅ!」
(ぱらりら!ぱらぱら!)
「マッワーレ(小野D)」
「飛べぇぇえ!!」

全然関係ないけど、ミカヅキがミカヅキ凱になるシーン何度見ても鳥肌立つわ。
「続けてぇ、徹甲砲撃右腕部ぅ!」


「敵がどれだけ居ようと……!!」
きゅぴーん

「やれる!この紅蓮可飛式ならっ!!」
貴重な対決シーン。
後は神虎が出たらちょっと遊べるぐらいか。
可翔式は一瞬の花火の様じゃったよ。
「ナナリぃいーーーーーー!!!」

ルルーシュの耐久力は異常、と言う所で紅蓮可翔式でした。



何回紅蓮可能飛翔式ってタイプした事やら。それはさておき、やはりギアス物は良いっすな。
見た目も格好良いし、ボリュームも増しているし、股関節の改善もされている。
右肩が惜しい所ですが、実際遊んでたら腕の自由度が高いのでそれほど気になりません。
目の塗りもよっぽど間近で見ないと気にならないし、問題無いでしょう。
紅蓮好きなら迷わずってレベルですね。ただ、買うなら魂ステージなりなんなり
浮かせて飾れるスタンドも一緒に用意しておく事をお勧めします。
やっぱり浮かせてなんぼですからね。コンクエスターみたいに付属してれば
良かったんですが、コストの問題もあるでしょうからね。

物は良いとして、アニメ本編での登場数が少ないのが残念(笑)
そのおかげでむしろネタにしやすいかも知れませんけどね。
この記事書くにあたって、R2の6話見直しましたが、良いですね。
可翔式登場シーン前後のやり取りは最高です。

カレン「この紅蓮が通用しなかったらおしまいね…」
神楽耶「でも、やるしかないから、撃ってみましょうか?」

神楽耶様超萌ゆる(*´Д`)

08'12/27時点ではまだ発売決定はしていませんが、聖天八極式の発売も
期待です。アルビオンが出るのだから、恐らく出るとは思うんですけどね。
テンさんとかワンさんも出ると良いな( ´∀`)

なんかこう、ギアス物は新しいのが出るたびにわくわくしちゃいますね。
ではでは、また次回(・∀・)ノシ

拍手する



back