ロボット魂 SIDE KMF 蜃気楼





ROBOT魂 SIDE KMF 蜃気楼
2009年4月25日発売
定価 3,990円








パッケージ。結構厚め










元デザインにも概ね忠実で、プロポーションは良好かと。
ポリカーボネイト製の光沢のあるボディ。
ですが個人的には金色塗装の品の良さを評価したい。


横から見ると、どちらかと言うと飛行ユニットに
手足がくっ付いてるだけのメカに思えてきます。











頭部アッポゥ。
アニメだと目の所は空洞っぽくてたまに光るって感じでしたが
ロボ魂では明確なカメラアイになっています。形状も結構アレンジ入ってる。
普通にイケメンだし、メカとしてはとっても格好良い面構えだと思います。


おでこ見ると一つ目、あるいはゼロの顔みたいに見えて面白い。
(レンズパーツがずれてるのが玉に瑕やね)








サイズ比較画像。
箱から出した時、小さっ!と思ったんですが、並べて見ると
標準サイズ(ランスロット)より大きいですね。
華奢なプロポーションと値段のせいでそう思ったのかも。


と言うかガウェインデカ過ぎるw







首は普通のボールジョイント。
可動範囲は正直狭いです。








肩アーマーは上方にはね上げる事が出来ます。
本来は変形用ギミックですが、怒り肩にしたり、腕を動かす際に
利用出来るポイントです。








上腕回転可能。肘の可動範囲は90度前後。
前腕も角度に制限が有りますが、回せます。









手首には別にギミックは無いのですが
手首のボールジョイントは、決められる角度の幅が結構大きいです。








腕の内側部分には内臓武器のハドロンショット発射口が仕込まれており
展開させる事が出来ます。スムーズに展開させるのがやや難しいかも。










胸部は差し替え無しで、ゼロビーム発射口を展開可能。
付属のクリスタルパーツも差し込む事が出来ます。
ちなみに、クリスタルパーツを挿したままカバーを閉じる事も可能。








コクピットカバーの展開ギミックです。
ガウェインに付属していた座りルルーシュが入らないかと思いましたが
形的に無理でした。どっちにしろ服装も違うし仕方がない。








フロートの底部に別売りの魂ステージを差し込んで
浮遊状態でディスプレイする事も可能です。







腹(腰)の可動範囲を示そうとした図です。
ご覧の様に、隙間がほとんど無いのであまり動きません。








股関節の開き具合。画像ぐらいで限界です。
やや狭いですね。美しいプロポーションを保つための犠牲かな。








ただし、前後には良く動かせます。








膝関節。変形の関係で、とりあえず伸びます。
綺麗に変形させるためか、関節部に凹凸が有り、ポイントで止まる様になっています。
さらにスライドギミックとかあって、膝関節はカオスの権化(←言いたかっただけ)
人によっては気持ち悪いかも知れないですね。


可動範囲はモモとふくらはぎがくっつくぐらい曲がるので問題なし。





つま先のツメは可動します。
黒いカバー部分も動く。黒カバー部の先端はタイヤのモールドなのかな?







前側のツメは2本で1パーツですが、後ろ側のツメは個別に可動。
ランドスピナーも展開可能。。タイヤも回る。








左右の持ち手とフレイヤエリミネーター(長・短)が付属しています。
蜃気楼は武器使わないし、エリミーも蜃気楼が手に持つ物じゃ無かったので
持ち手は完全にサービスですね。MS側にもそのサービス精神が欲しい。


投擲モードのエリミーでか過ぎじゃないかな・・・。
変形の時点で超技術だけど巨大化はもはやブライシンクロン理論級。
この辺はアルビオンが出た時にもっかい使います。








蜃気楼の目玉ギミック、絶対守護領域エフェクトパーツの取り付け。
まずは脇の辺りのダボにおもむろに赤く滾った棒をねじ込みます。








ぜ…ぜ〜〜〜ったい…守護領域…
そ、そうか─皇帝用KMFなんてつっ立ってりゃいいだけだと思って砲火よけに付けたんだ…



一部の人にしか分からんネタは置いといて、
取り付けはエフェクトパーツを棒にハメ込むだけ。ね、簡単でしょ?








エフェクトパーツのダボに直接魂ステージを接続して
独立して飾る事も出来ます。こちらは足場を確保しないといけないけど
レイアウトの自由度が高くなります。








使用例








俺もいい加減、腕組み好きだなぁw









さて、もう一つ、サルアも言ってましたが目玉は二つです。


変形ギミックは割と簡単。
まず、肩アーマーを前方に曲げ、腕をフロートに固定します。
この絵面なんか格好良いな。








続いて、頭と腹を胴体に押し込みます。
それから膝を伸ばして足をフロートにくっ付けておしまい。









フォートレスモード。アニメのは初めて見た時嘘だろ!?と思いましたけど
やっぱり嘘でしたね。でもまぁ、仕事はちゃんとしてくれたって感じです。








付属の接続パーツで収納状態のエリミーをセット出来ます。
接続位置は守護領域パーツの所と同じ。








フォートレスモードでも守護領域パーツの接続には何ら支障ありません。








初登場シーン。あのBoooooMな駆動音が素敵。








アーカーシャの剣にて。
画像が小さ過ぎたよ。何たる愚かしさか。








今だ!飛びこめっ!…だがポートマン、てめぇーは駄目だ。








(2) (3)


ダブルそーなの(ry
ゼロ・マシン締め




蜃気楼でした。
説明画像だけで枚数多くなっちゃった・・・。


出番としては結構少ないものの、主人公ロボなので思い入れは強いです。
で、出来ですが、見た目は良好だと思います。綺麗で格好良い。
オプションも充実しており、蜃気楼スキーには良いアイテムと思います。
一方、可動性能は大した事は無く、ガチャガチャ遊ぶタイプの玩具ではありません。
蜃気楼っぽいポーズを取らせて格好良い〜ってにやにやする人向けですね。


あと、まあ、他のも大体そうなんですけど、これは魂ステージ必須アイテムですね。
下半身の可動が強くないので、浮かせてなんぼな面もありますし
エフェクトパーツの接続など、魂ステージが無いと勿体ない部分が多いです。
他の商品にも幅広く使えるので、持ってない人は是非入手して下さい。
あーでも、確か今度クリア版出るんだよな。それ待ちでもいいかもしんないっす。


ランスロットアルビオンが出た時ももう一回遊べそう。
某ディバイダーが出たら名場面(笑)も再現しなきゃいけないし、まだまだ
楽しめそうな蜃気楼です。それではまたその時に(´∀`)


拍手する






関連商品

ROBOT魂 蜃気楼 (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)



TOPページ







last update:09/04/24