ロボット魂 スピアヘッド(レイ機)



ROBOT魂 スピアヘッド(レイ機)
2010年 4月24日発売
定価 3,990円(税込)

パッケ。台詞他に良いのなかったんかいw
SIDE LFOの緑のパッケは見つけやすい系の話があるらしい。


改めて見ると立体メカとしてすげー格好良いデザインだと思います。
ピシっと尖ったトサカ、無機質に並べられたカメラ、一見して高機動を感じさせる
各部のスラスター、肥大気味な上半身に対して鳥足の如き下半身。
正直完璧に惚れました。それに、こんなアンバランスな体形にも関わらず
立たせるのにほとんど苦労が無いのも好感が持てるポイントです。

頭部周り。無言の威圧感を感じます。
一番前のカメラの上側にゲート位置設定されてるのは残念ポイント。
せめて下側に設定してくれい。

主役機のSPEC2と並べてみました。
SPEC2を一撃で粉砕出来そうなパワーの違い感じられます。

首関節。上下に軸が有り、首の角度は結構大きく変えられます。

スピアヘッドの名の通り、頭部のスピアの射出時の状態を
パーツ差し替えで再現。

肩の付け根はボールジョイント接続。
肩アーマーはジョイントの軸に接続されていて回転が可能。
アーマーの根元にもボールジョイント。
さらに腕側の根元にはスイング軸が有り、上腕も回転可能。

肘の可動範囲も比較的大きく、手首もダブルボールジョイント採用。
また腕の装甲を展開するギミックが再現されています。
姿勢制御用かな。

腕の装甲前部にはサーベルを取り付ける事が可能。

コクピット展開ギミック有り。
背部のバーニアはボールジョイント接続。
また背中に直接魂ステージ等を接続する事が可能。

腹部はボールジョイント接続。左右には気持程度、前後にはそこそこ可動。

腰アーマーはスイング&軸部分で水平方向に回転可能。
結構あっちゃこっちゃと動かせます。

モモの付け根が回せます。完全な回転は出来ない物の
実用範囲では十分以上。

股関節の可動範囲等。
足首はボールジョイント接続なので有る程度角度を合わせる事も出来ます。

膝も結構大きく動き、また足の根元は前後に回せます。
特に外側には90度ほど回せます。

ふくらはぎのスラスターはペタンと倒してカカト状に出来ます。
実際にカカトなのか、単にここまで開くだけで特に接地する目的でないのか等
詳細はうちもよく知りません。

以下、適当ポーズ集です。
握り拳の他に平手が付属しているので使用しています。

適当にポーズつけるだけでも格好良いスピアヘッドでした。
主観ばりばりですが、実に格好良いですねー。立体映えし過ぎでしょう。
これだけの機体がこれまで商品化されずに埋もれていたのは勿体なかったですねー。
むしろ掘り起こした事を評価すべきですか。可動に関しても良好で十分機体の魅力を感じられます。
細い下半身は、逆に強度十分なのですが、腕の方が引っこ抜けやすかったり、接続の強度が
やや弱い面も有ります。気になるのはそれぐらいで、後は本当に良い出来だと思います。
これでチャールズ機だったらなお嬉しいんですけど。やっぱり順当に
青→赤で出して欲しかったですね。もしくは同時とか。セールス上難しいのでしょうが。
あと、チャールズ機と二人乗りのボードもオマケで欲しかったかも。
実際に出たら乗せて固定するのが面倒極まりないのでしょうがw


本編で直接対決した機体群はまだまだ商品化の空気も無いのが寂しいですが
メリハリのあるデザインで、適当に四肢を伸ばしてポージングするだけでも
かなり格好良くなるので、遊び応えは有ります。チャールズ機と並べるのも楽しみ。
後は出来れば素のニルヴァーシュとも並べたいですが、まだ当分先ですね(^-^;)
SIDE LFOは展開がややゆっくりですが、良作が多くて密度の高いシリーズなので
出来ればさらなるラインナップの拡大に期待したいですね。
モンスーノまで出たら凄いなぁ( ´∀`)
ではでは、次はチャールズ機で ノシ

web拍手
関連商品
ROBOT魂 スピアヘッド(レイ機) (amazon)
ROBOT魂 スピアヘッド (チャールズ機) (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)


back
last update:10/04/25