ロボット魂 ニルヴァーシュ type ZERO



ROBOT魂 ニルヴァーシュ type ZERO
2010年 6月19日発売
定価 3,675円(税込)

PKG。あるぇー?パッケが緑色じゃないぃ?
謎の仲間外れ展開。SPEC2と混同されるのを防ぐため、とか?


SPEC2とは順番が逆になりましたが、初期ニルヴァーシュ発売です。
思えばロボ魂発表時のラインナップだったのですが、随分回り道をしたもんです。
SPEC2とは可動ギミックの構造はほとんど同じですが、造形は一新されています。
また、ビークルモードへの変形ギミックはオミットされており、
その分プロポーションの保持が優先されています。

SPEC2と並べました。
箱から開けた時はそれほど感じなかったのですが、
並べて見ると、スタイルはかなり向上している様に思えます。
四肢がややボリュームアップされ、ボディのバランスもよりヒロイックになっています。
頭部のバランスもさらに良くなっているかと思います。

頭部周り。
"頭部"の造形バランスはかなり良いと思います。
ただ、なんか目が・・・。せめて位置がもうちょっと内寄りで
前向いててくれたらそこまで気にならなかったと思うんですけど
今のままではちょっとラリってる人みたいです。
ひさし部分でちょっと目を隠し気味にすると格好良いのですが。
ヘルメットの突き出ている部分はPVCです。

多少の誤差は有りますが、可動ギミックはほぼSPEC2準拠なので細かい所は省略。
ボードとの接続方法がジ・エンドと同じダボ展開式になって、差し替えの手間が無くなりました。

握り拳左右付属。
今回、付属品は大分シンプルです。

肩のブーメランナイフは当然外せます。
持ち手が左右に付属。

ソルジャーオブフォーチュン時代の(信じないでね)
大型銃が付属しています。付属のチューブを本体と接続する事も可能です。
銃自体は左右どちらででも持てますし、チューブも左右にダボが有ります。
ただ、銃用の持ち手は右手分しかありません(ノ∀`)

今回は専用の台座付きです。
この色・形はトラパーの波のイメージでしょうか。

リフボードと接続して展示する事が出来ます。
台座は支柱部分が分割されており、回したり若干傾ける事で
ある程度のボードの角度を操作する事が出来るので
ニルヴァーシュを乗せて飾る際、自由度が有って楽しい仕様です。アロンジー!

あのーひー

ところでこの子、ボードを曲げて背中に接続するって事が出来ないんですよね。
この点はかなり残念・・・非変形だけならまだしもだったんだけども・・・。

シンクノソラー

斬り抜けた後のimg。
右上に好きな(あるいは嫌いな)キャラを入れよう!

劇場版で使ったクロー風ナイフも有ればえがったのう。
色変えなきゃだけど。

コンニチハ、私のそっくりさん!


ちなみに、ジ・エンドのボードにトラパー台座使えないか試したのですが
ちょっと穴の大きさが合いませんでした。まあ、ダボの大きさを調整すれば使えますが
無理して使う程ではないかな。

ニルヴァーシュtype ZEROでした。
個人的に造形面では目のポジション以外は十分満足でした。
目もまあ、見なきゃそんなに見えないし、別に・・・と言うレベル。
変形はどうせなら出来た方が嬉しいですけど、プロポーション維持出来ないなら
これも一つの選択として有りかなと。
でもなぁ、ボード装着出来ないのはかなり残念だったなぁ。
あのレーシングカー風オシャレデザイン好きだったのに。
差し替えで良いから付けて欲しかった・・・銃みたいな長物有るから
コスト的にきつかったのかなぁ。
その辺りの個人的趣味を除けば、かなり遊びやすく、スタイリッシュになっていて
玩具としては良い方向に進化したと思います。
しかしSIDE LFOも思ったより数出ましたねぇ。勿論、まだ終わったわけじゃないので
(少なくとも覚醒ジ・エンドは出るかも知れないし)そんな総括みたいな話は
早いかも知れませんが、今までの流れだと一機だけ出して終わり、みたいなのが
デフォだったので、よくここまでメイン所出せたなぁ、と。
後は、残りのターミナス系全部出せみたいな無茶は言いませんけど、モンスーノは
是非欲しい所ですね。余裕が有れば、頑張ってほしい所です。
ではでは、今日の所はこれで。のし

web拍手 by FC2
関連商品
ROBOT魂 ニルヴァーシュ type ZERO
ROBOT魂シリーズ (amazon)


back
last update:10/06/20