ロボット魂 SIDE KMF ニルヴァーシュ type ZERO spec2





ROBOT魂 SIDE LFO ニルヴァーシュ type ZERO spec2
2009年6月27日発売
定価 4,725円




パッケージ。画像のセンスがなかなか良い。
飛行形態についてレントンの意思はそんなに強くなかった様な。




何故か説明書がカラーです。
2色刷りだと変形ギミックが分かりにくいから、とか?
ちなみに、裏面にもギミック説明の印刷が続きます。





ロボ魂はメタリック塗装が綺麗ですね。
初見だとけったいなプロポーションだなぁと思ったんですけど
しばらく弄っていると、ポージングした時に映える肢体だと気付きました。
でもまあ設定画とかアニメのイメージと大分異なるんで、評価は分かれそうです。


背中の突き出しっぷりが半端無いですが、下半身の関節がそこそこしっかりしてるので
極端に立ち辛い事も無いです。ちなみに、背中のタイヤは回せます。




並べてみた。ほぼ標準サイズですね。
ジ・エンドの方が安いけどパッと見ジ・エンドの方がボリューミー。
まあ、値段については正直納得ですけどね〜色々な意味で。




初回特典の幼生ニルヴァーシュ。
顔の印刷はちゃんと専用の物になってます。
造形自体はジ・エンドと全く同じ、かな?




なんか漫才風景みたいになってしまった。
うちの中では喧嘩してる風にしたかったんですけどw
幼生はきゅーきゅー可愛い。




そして成長。
頭部全体の造形はちょっと妙な形になってる印象。
やたら三角っぽいけどヘッドはもっと緩い、四角っぽい形で良かったと思う。
目の印刷は某悪夢のモデルとは違って綺麗ですが、如何せんシンプル過ぎる。
せめて瞳の内側にもう一つ半円入れられたらなぁ。


ちょっと加工 瞳孔に黒入れただけ。ポケ虹準拠でハイライト入り




コクピットのカバーは透明・不透明差し替え可能。
透明にしても中 に 誰 も 居 ま せ ん よ
両方同じ物で、片方の裏側に赤塗装した物っぽいですね。




首関節は何故か3重関節になっています。
通常使うのは二つで、もう一個は胴に埋まってます。
引き抜けば可動範囲が上がる・・・んですが、そのための機構なのかな?
意図が良く分かりません。見た目が変になるし、変形ギミックには関係無いし。
上の画像は、埋まってる関節を使ってない状態です。




肩と接続されてる胴体端の白い部分は上下にスイングします。
さらに肩関節にも上下スイング軸が有るので、肩の位置の自由度が高いです。
肩と胴の接続もボールジョイントなので、肩周りは良く動きます。


動かす時は、肩アーマーがちょっと邪魔。特にブーメランついてると。




肘、普通に曲げると90度曲がります。
上腕にもある関節も使うと、装甲が割れる事になりますが
180度近く肘を曲げられます。手首は単なるボールジョイント接続。




変形ギミックの一部として、腹部を後ろに曲げられます。
浮遊ポーズ等、のけ反る姿勢の時にも使えそうです。
さらに腹部は回転可能。




股の開き具合はそこそこ。足首の接地性は悪くは無い、程度。
フトモモには回転軸有り。




膝は180度近い可動範囲。曲げた時の関節はあまり見栄え良くないかも。
足首は前後にスイング可能。




何故か握り拳が付属しています。珍しいサービス。
武器持ち手もあり、肩のブーメランを装備する事が出来ます。







肩に装着用のボードパーツが付属。
ウイングみたいにも見えますね。spec1と差別化するための記号の一つ。
ま た 腕 組 み か って?好きなものは好きだからしょうがない。好きしょ。




勿論、乗っかるためのボードも付属。
ボードに空いた複数のダボを選んで立たせる事が出来ます。
接続が緩いダボもあって、ややイライラする事もあります。


ボードに乗せてポーズ取らせた時にプロポーションのバランスが
完成する感じです。この状態で飾っていても凄く見栄えしますよ。




ボードに乗せる時は、図の赤い接続パーツを手作業で取り付けなくてはいけません。
可動(収納)式に出来なかったのかな・・・ちょっと面倒臭い。
しかもわざわざ別パーツなのにボードとの接続もイマイチだし。
ちなみに、この接続パーツは予備分も付属しています。




ブーメランナイフに寄る高速戦闘。
3枚刃の奴も付属してたら良かったのにぃ。




玩具ならでは、みたいな所で
ボードに乗りながら肩にボードを取り付けてもOK。




はいブーメランつけ忘れたー
ビークルモード。結構差し替えが有ってやや面倒臭い。
ビークルモードにすると結構コンパクトになって面白いです。
何度見てもボードの処理がやっつけっぽい。
前輪と後輪は回転可能。真ん中のは固定です。







続いて高速飛行形態。機首が、形・色分け的に○○○にしか見えない。
まじまじと見るとアレですが、シルエット自体はシャープで格好良いです。
ディテールアップ用のパーツもあって(脚部ウイング等)、やはり差し替え多めです。
専用のスタンドかジョイントパーツが欲しいな。




某戦闘シーンも再現可能。










でれれれれれれっ れ〜〜れ〜れ〜〜れ〜〜〜れ


「何だ今のは!何が起こっている!?」
「明らかにボードの大きさが変わっているぞ!」


そこは突っ込むなよドミニク。




ジ・エンドとの絡みにしても、ボードでのポージングにしても
多分100枚撮っても足りないぐらい広げられるでしょうけど
キリが無いのでシンプルに。

ニルヴァーシュtype ZERO spec2でした。
造形は完璧とは言えず、遊んでると一部取れやすい部分が有ったり、
ぶつかって可動の妨げになる所があったり、あとボードとの接続が弱かったり
気になる点もありますが、ボードに乗せてポージングさせてると
こんな格好良いメカモデルもそうは無いと言わせるぐらい格好良くて
うちとしては非常に気に入りました。ジ・エンドと比べて四肢の関節も強く
安定感が有り、玩具としての完成度もより高くなっている印象です。
造形に不満が無いファンなら十分満足出来るんじゃないでしょうか。


次のデビルフィッシュで主役級は出揃って、SIDE LFOは一区切りって所でしょうか。
他にも出して欲しい機体たくさんあるんですけどねー。
spec1も出して欲しいし、spec1のアーリーカラーも欲しい。
ロボ魂シリーズ自体は凄く勢いが付いているので、頑張って欲しいですね。
期待を込めつつ、今回はこれにて(・∀・)/~

拍手する






関連商品

ROBOT魂 ニルヴァーシュ type ZERO spec2 (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)



back




last update:09/07/11