ロボット魂 SIDE MS
ユニオンフラッグカスタムII(GNフラッグ)


プロポーションは大変良好です。
細身なのにマッシブに見えるメリハリの付いたシルエットが格好良いです。パーツ形状もシャープです。

ほぼ全身硬質樹脂で、硬く、軽い手応えです。PVCの部分は頭部や手首など、ごく一部になっています。
前から。
写真だとそんなに気になりませんが、全身の白部分の塗装は発色が悪く、くすんで見えます。下地の黒が透けているのかも。また、肩のライン等塗装ラインがへにょへにょになっている部分もあって、塗装クオリティはイマイチな印象です。
横から。
ちょっと立たせにくかったので、若干鳥足っぽくなってますが、別にここまでしなきゃ立たないわけでもないです。
まあ、これはこれでS字立ちっぽくて良いかも。
後ろから。
疑似GNドライブ接続用のアームは可動ギミック無しの固定です。個人的にはかなり残念なポイントです。確かに、あのギミックを再現しようとするとアームをもっと長くしなければいけなくて、不細工になるでしょうし、肩に取り付けた後、アームを外すのがちょっと難しそうなので、オミットすると言う判断も有りだと思いますが、アニメファン、玩具好きとしてはそういう無駄なギミックを愛したい気持ちもあります。

また、アームの形状自体も設定と変わっていて、何だかしっくりこない気分です。
バストアップ。
頭部の造形は良い感じです。シャープで格好良い。
流石にスリット内側のセンサーはオミットされてます。小さいですしね。

オレンジのバイザー部分は塗膜が厚ぼったくて、表面がややぼこぼこしています。店頭では泡立っている物もあったので、購入時にはフェイス部分だけでも軽くチェックした方が良いでしょう。
首はボールジョイントで、若干可動しますが、あまり空間が無いので、可動範囲はそれほど広くありません。
上記ボールジョイントとは別で、首の基部が回転します。エリ部分とある程度干渉するので、あんまり強引に回さない方が良いでしょう。
肩はボールジョイント接続。ぐりぐり動きます。
肩パーツも、肩から出ているボールジョイント接続で、角度の調整は自在です。
さらに方は水平方向に回転させられます。肩パーツが無ければ真上まで行きますし、肩パーツが有っても画像の様に大きく上げられます。

患部で止まってすぐ溶けそうな画像ですね。
肘の可動はこれぐらい。十分ですね。ついでに言うと上腕部に回転軸があります。最近では当たり前過ぎていちいち言いませんけどね。
腹部のドラム上の部分で前後に可動させられます。疑似GNドライブも外してしまえば、かなり大きく動かせます。
腹の下、腰部分も前後に可動させる事が出来ます。これは目いっぱい後ろに倒した状態。ほぼ90度ぐらい腰が回ってますね。
反対に、腰を前に持ってくる事も出来ます。これはなかなか新鮮な可動ギミックです。
この状態で平然と立ってるのも凄いですねw
パッと見分からないかも知れませんが、上記の様な可動ギミックもありながら、腰は完全に回転させる事が出来ます。疑似GNドライブは外しとかないといけませんけどね。
脚部も前後可動式になっていきます。
後ろには90度ぐらいいけますが、前側にはパーツが干渉してそんなに曲がりません。
モモの付け根はボールジョイントなので、画像の様に水平方向に回転させられます。ほんまGNはんは自由なお人やでぇ。
膝は一応二重関節です。モモ、ヒザアーマー、スネに分かれてます。関節位置が独特なので、曲げ方によって多少可動範囲が変わってきます。
膝は逆方向にもかなり曲がります。画像の様に逆関節ACを彷彿とさせる所まで曲げる事も出来ます。そして余裕で立ちます。
スネ横に付いているディフェンスロッドはクルクル回転させられます。
足首は一軸のボールジョイント接続。
つま先の接続もボールジョイントで、ある程度内側に畳めます。カカトはヒンジ可動です。つま先とくっつくまで曲げる事も出来ます。カカトの軸は一本なので、左右個別に曲げる事は出来ません。まあ、嫌なら真中で切ればいいだけなのでお手軽です。
カカトの可動を利用して、設置を安定させたり、

「カタギリ、ヒール倒立!」
「これが世界3大MSの力なのだよ!」

とかやってもいいかも知れません。
つま先は水平方向に回転させる事も出来るので、ダブルオーばりにまた開けるか、と思いきやカカトがついて来ないので、そう上手くも行きません。一応画像ぐらいのポーズでも立つ事は出来ます。
付属品など。

・疑似GNドライブ
・フェイス展開パーツ
・武器持ち手左右
・開き手左右
・ビームサーベル
・サーベル刃
・エネルギーチューブ
・リニアライフル

と、堂々のパーツ群となっております。
くぱぁ(しつこい)
オレンジ色部分だけ差し替えます。
こちらのフェイスパーツは内部のセンサー類も造形されています。

アニメを参考にお絵かきツール(笑)で色乗せてみました。塗ったらこんな感じ・・・?
平手。悪そうな表情がついてて良い感じです。左の平手は使い道がほとんど無いのでここで無理矢理使っときました。
アニメには(多分設定にも)無かったリニアライフルが付属しています。
これはナイスな配慮ですね。
形状は多分オーバーフラッグの物と同一です。

あれ?なんで右で持ってんだ?寝ぼけてたかな。まあかえって新鮮かも。
どうしても種っぽいポーズに(笑)

ライフルは完全ABS。シャープで良いのですが、若干パーティングラインが目立つ部分もあります。
このライフル、腰部分にぴったり収まるような凹凸になっています。加工無しでしっかりとハマります。これは意図したギミックでしょうね。
各部の関節可動と組み合わせれば、かなりフラッグの変形状態に近い形にする事が出来ます。これもサービスでしょうか?隠しギミックみたいで楽しいです。
もしかしたら、設計を流用して後々ロボ魂フラッグシリーズが展開するのかも?
疑似GNドライブの出力を利用してメガバスターキャノン的な何かを・・・。
さて本命のサーベルギミックです。
肩のドライブ接続部分に凹があるので、そこにコードを差し込みます。

ときにこのコード、何故か紫のメタリックです。普通にビニールチューブ的な塗装で良いと思うんですが・・・ちょっと違和感です。
でもってドライブを接続します。別に順番とかは無いんですが、先にコード差した方が楽です。
そして左手でサーベルを持ち、サーベルとコードを接続します。
コードは柔らかく、ほぼ可動の妨げにはなりません。たまにすっぽ抜けますけど。

ビーム刃は普通な感じの奴しか付いてません。もっとエピオンばりにどびゃーって凄い出力っぽいパーツも欲しかったなぁ。
右手のはスローネアインのサーベル。
これまではてっきりスローネのサーベル使ってるのかと思ってたんですが、形が全然違いますね。
丸っきり作り直したとも思えないんで、GNフラッグ用に改造でもしたのかな?
すらぁ〜っとポージング。
なんかいつも同じ様なポーズになってる気がする(苦笑)
時々見せたあの気持ちの悪い回避運動をイメージ。
ドーンと突撃するイメージで。
エクシアとの対決シーンも一応再現。ロボ魂エクシア出してー><

リペア仕様パーツ付きで出せば売れるんじゃね?
最終決戦後のシーンをイメージして締め。
ほら、エックスの最初と最後。
実際はもっとバラバラでしょうけどねw



以上、ロボット魂GNフラッグでした。
造形は上々、可動もZ系MS全盛期を思わせるギミックで楽しかったです。
ただ、塗装があんまり綺麗ではなく、ABSパーツの成型も荒い部分があったり、
あり得ないほど接着剤がはみ出してる所があったりと、生産の部分で仕上げが荒い印象で
かなり勿体ないなぁ、と思いました。
IAOの方ではもっとずっと品質が安定している様に感じるので、工場が違うんでしょうかね?
安価な玩具だし、そんな細かい所気にしないよ、と言う人ならば特に不満は出ないかも知れません。
まあそれよりも、GNフラッグが手頃な価格の完成品で買える!と言う事の方が
大きな価値かも知れません。GNフラッグが好き、むしろ俺はフラッグファイターだ!な人は
上記参考にして貰って検討してみて下さい。
それではまた次回(・∀・)ノシ

拍手する



back