ロボット魂 SIDE MS ダブルオーガンダム



リンクするの忘れてた・・・w


いよいよ出ました。ロボット魂。第1弾はダブルオー。パッケージはこんなんです。IAOみたいに帯が付いています。そして帯付いてると通し番号が見えないバロス。
今回は発売前の試遊サンプルを使用しています。左下のシールがその証。発売1週間前なので、多分製品そのままだと思いますが、製品版で何か決定的な違いがあれば、後々差し替えます。
プロポーションは良好かと思います。
MIAと比較すると、ABS素材の割合が圧倒的に多くなっており、質感が全く違っています。と言うか、IAOまんまと言った方が早いかも知れません。PVCパーツもこれまでよりシャープな気がします。塗り分けも綺麗。
関節の渋みもまた、MIA等とは違っていて、ググググっと結構重みのある触り心地です。ポージングにこだわる人なら、手応えがあり、ぷらぷら動かないので嬉しい具合になってるのではないかと思います。
MIAエクシアと並べてみた。ロボ魂でけぇ!
ちなみに、設定上の全高は同じ(18.3m)です。
まあ、MIAと並べるなって事ですね。
単体で見てると、別にロボ魂でけーとも思わないんで、今となってはMIAが小さかったのかも知れません。

PVCメインのMIAとABSメインのロボ魂だと質感も随分違って見えます。
ダブルオーの付属品。
右上のパーツはGNソードIIのグリップです。下の方で改めて紹介します。

手首は持ち手左右と、左の平手のみ(あと握り拳左右)。
平手はまあいいとして、持ち手が一種類のみってのはちょっとどうなのよって感じです。そんな所ケチらなくてもねえ。
正面図。うーん、ここで書く事は特にない。
背面図。バックパックの真ん中の穴は、後で発売のオーライザーとの接続用の物だと思いますが、物凄いドカーン空いてますね。んー、まあ、いいか。
あと、ケツにビームサーベルのグリップを差し込んでいます。
横から。反対側は要らないよね、と思ったので今回片方だけ。

コンデンサ部分にはクリアパーツが使用されていて結構綺麗です。
顔のアップ。物凄くシャープに成形されていて塗り分けもかなり綺麗です。が、造形が何か微妙。
ヘルメットのサイドが平たくて縦に長く、マスク部分が細長いのと、目の周りのラインがキツ過ぎるのが、個人的には好かんなぁ、と言う所です。綺麗なんだけどね。
斜めから。やっぱりヘルメットのサイドののっぺり感が結構気になります。それと、ひさし部分のラインがギザギザになってるせいで目つきが凄く悪いみたく見えるのも良くないと思う。

ああ、それと胸のアンテナの形状がありえないwなんで垂直なのかと。顔に被って邪魔過ぎるし。わざとなら意図不明だし、ミスなら・・・。
ちょこちょこっと顔削ったりしてみたんですが〜・・・あんまり変わらなかったな。
マスクの上側削って少し目を小さくしたのと、周囲のラインを若干ゆるくしました。
それと、マスク自体の取り付け位置を少し深くして角度もずらしました。
再び斜めから。若干小顔になったかな。
修正前の方が良いって思う人も居るでしょうし、好みの範疇ですね。アニメ作画みたいにビシッと修正出来たらいいんですけど(´・ω・`)

ちなみに、他の写真撮り終えてから弄ったので、後の写真は修正前です。
首関節。上下のボールジョイントが中央で接続されてヒンジになっています。まあ、要は可動範囲広いよって事です。
胴体側はボールジョイント接続。肩はロール軸で他のパーツに干渉する所までは自由に動かせます。
肘関節はこれぐらい動きます。デザインの問題だと思いますが、内側への可動範囲はそれ程でもないですね。
逆側に回すと骨折したみたいになるw
手首部分。腕に対して手首が内向き過ぎる。ソードの接続のためかと思いますが、なんかカッコ悪いからヤだなぁ。ポーズつけてりゃあんまり気になりませんが。
バックパック。GNドライブを支えてるアームは上下に少し動きます。とは言え下げる事はあんまり無いでしょう。
GNドライブの基部は回したり動いたり、まあ普通です。
腹の間接。ヒンジで前後に動きます。根元はボールジョイントで、装甲が干渉する所まではぐりぐり捻れます。
ちなみに、腰のパーツが干渉するので腹は回転出来ません。
ケツのビームサーベルは基部を水平に可動させる事が出来ます。

このサーベル基部、ジョイントが小さいので、触ってるとサーベルがぽろっぽろ落ちます。かなりのイライラポイントです。もうちょっと調整して欲しかったです。
モモなど。股関節の可動範囲も結構広いのですが、股関節とモモの接合部で回転も出来るので、足を開く事には困りません。
膝可動。膝とスネの二か所に関節があって画像の様に曲げられます。
最初足首の可動説明のための画像を撮ろうと思ったのですが、いつの間にか範馬勇次郎がホテルの一室で煙草を吸う時のポーズになってしまいました。まさかの完全再現です。この後煙草消えます。

股関節は180度まで開きますし、腰サイドアーマーはPVCなので当たっても曲がってくれます。足首もかなり良い所まで曲がります。
つま先にも可動あり。内側に曲げる事ってそんなに無さそうだけど。
ここから武装の紹介。
シールドは二つを連結して一つの大きなシールドにする事が出来ます。ヒジ部分のダボに接続します。
分割してそれぞれで取り付ける事も勿論可能。なんだか武器としても使えそうです。
さらに、シールドは図の様な位置に取り付け可能。ウイングの様な、マントの様な、甲冑の様な、とにかく全体のイメージを大きく変える事になります。

うちとしては、4本腕のイメージですね。
GNソードIIが二振り付属。収納状態のグリップでは、ダボによって腰に取り付ける事が出来ます。

グリップが差し替え式なのは、この時のダボを排除するためなのかも知れません。
ソード形態。グリップを交換して手に持たせ、腕にも接続します。いちいち接続してたら使いにくそうですけどね。
人差し指が少し開いてるのが気になります。

ちなみに、ソード形態では収納状態のグリップでも良いそうですが、持てる部分が小さいのであんまりオススメしません。
ライフル形態。またまたグリップを交換し、銃身を回転させ、青いカバーを開いて乙。
さらにさらに、連結状態のグリップにソード二本差してツインブレードにする事も出来ます。ポージングに特に意味はありません。
ビームサーベル。頭身の方向に合わせるとグリップがこの向きになる。いいのかなこれ・・・。
勿論二刀流もおk。そして人差し指は開いている。いちいち差し替え無くて良いって説もあるけどねぃ。
フル装備その1。重装備っぽくて結構好きです。
フル装備その2。持ってるのは同じ物なのに結構イメージが変わります。
有りがちなポージング。ウイングゼロやねー。今から予言しておくと、ランスロットアルビオンでももう一回やります。多分。

エーックス!
前後左右、同時に4人の敵を倒せれば、全人類が相手でも勝てる・・・かも。

「迂闊だ!飛んでんだから下からも撃たれるぞ!(by某主人公)」
実践編。肩シールドは武器としても優秀な気がします。つばぜり合いしてたらいきなりスライドしてきてスパーッですよ。絶対強い。使わないだろうけど。
シュバーン!オルトレイン

ぶっちゃけソード用グリップ使わねー。
胸のアンテナうぜー。そして左のビームサーベルの向きがOH SHIT!!
形だけじゃねーかw意味不明過ぎるwww
普通の構えも・・・。実は左の平手全然使ってないなーと後から気付いて捻じ込んだ。
フルアーマーダブルオー(偽)
ぶっちゃけエクシアの武装持たせただけ。持てなくはない、と言う程度で、無理にくっつけてるとダボがバカになるかも知れないので注意。

元々エクシアにはオーバースケール気味だったので、こっちの方が落ち着くかも。
渋く決めて終了。データシートないと何かリズム狂うぜー。



  以上、ロボット魂ダブルオーガンダムでした。
何と言うか、出来自体は実際良い物だと思うんですけど、結構細かい所で
気になる所も多かったし、新ブランド一発目としてはインパクト薄いかなと。
仕様的にもギアス系のIAOと特に変わりませんからね。MIA→ロボ魂に一気にシフトしてたら
もっと感動したかも知れません。
可動範囲も、良い事は良いものの、うわぁ!すげえ!とまでは行きませんねー。
オーガ開脚が出来るのは実際凄いと思いますが、他が最近だと割と並なんで。
でもまあ、カッチリしててスタイルも良いし、通常の範囲でのポージングする分には
申し分なく動くし、関節もしっかりしてるので触ってて結構楽しかったです。
人に「どう?」って聞かれたら、「顔が気にならないならオススメだよ」ぐらいの評価です。
あ、あとサーベルがぽろっぽろ落ちるのも我慢出来れば。外しときゃいいんですけどね、別に。

ああ、ほとんど余談ですけど、このダブルオー、接着されてないパーツが結構あって
結構バラせます。改造派への配慮?て言うか群雄?群雄参考にしちゃった?的な?
うっそーまっじー、やまと大金星じゃん。いや、知らんけど。

まあこの水準が基本レベルなら割と安心です。後はラインナップ次第かなー。
現時点でターンエックスとかFbとか、結構良い線付いていますしね。
あとはあんまり商品化や完成品化の機会が少ない所も押さえていって欲しい。
エックスとか、ブルーとか、クロボンとか、コロ落ちとか。
でも皆が欲しいの全部出そうと思ったら月3体とかのペースでも10年ぐらいかかりますよねw
ま、いいさ。何でも来い。どうせ全部買うしな(´・∀・`)
と言うわけで、また次のロボ魂レビューでお会いしましょう ノシ

拍手する



back