ロボット魂 アルケーガンダム



ROBOT魂 アルケーガンダム
2009年 12月12日発売
定価 3,675円

パッケージ。
MS系の中では大型のアイテムで、パッケージも大きめです。
裏面見る限り、鷲尾さんが監修しているそうです。
細かなディテール等にその辺の説得力が有りますね。


ティターンモデルではありません。アルケーガンダムです。
胸元の段々がいかにもファフナーっぽい。SIDE FFNが楽しみですね。
それはさておき、人型を外れた異形のプロポーションが再現されていて
飾っておいても見栄えして良いです。


航空機っぽい意匠も見えて面白いアルケー。
スミ入れ等が無いのでパッと見ではそれほど目立たないものの
精密なディテールが彫り込まれていてなかなかメカメカしいです。
成型色の部分が多いので塗装工程は結構少なそう。

ここまで拡大するとちょっと塗装が汚く見えるかも。ごめんねB社さん。
正面から見ると左右から挟み潰された様に見えるのがいささか好みじゃない。
ただ、アルケーの場合形が崩れててもそれはそれでモンスターっぽくて似合うと言う側面も有り。
目はシルバーっぽい色で塗られています。赤く光る目が印象的だったのでこの仕様はやや謎。
口の色も劇中と違うかな。グレーだよね、確か。


商品とは関係ないですが、アルケーのマスク(口)部の形状がレッドウォーリアみたいで好き。

素ブルオーと並べると、\で け ぇ/
大きいと言うよりは長いと言うべきかも知れませんが、
怪物的なキャラクター性とマッチしたボリュームです。

肩のフィンは軟質・硬質パーツを選択可能。
←が軟質。→が硬質。アップで見るとシャープさに結構差がありますね。
1日1回は必ず落っことすよ!って事でも無ければ、硬質パーツで良いかと。


首関節はいつものスイング軸。
大きく見上げられますが、アゴはそんなに引けません。

頭部を含めた胸から上のコクピット部分は分離可能。
可能って言うか、接続が弱くて結構簡単にぽこぽこ外れるので
触る時は多少注意が必要。

分離したコクピット部は変形させて飛行形態に出来ます。
飛行機っぽい形にはなってますね。頭部こんな状態だったのかw

邪魔なのでしばらくコクピット抜きで進行しますね。
肩関節は前後スイング可能。若干角度ついてるっぽい。

肩アーマーは独立可動。
肩のブロックごと上に上げられて、腕は水平ぐらいまで上げられます。

肘関節。素のままでも結構曲がるのですが
肘関節がスライドして二重関節になり、180度程の大きな可動範囲を誇ります。
実際に使うかはともかく、色々ギミック盛り込んで気合入ってる感じで良いですね。

胸下に前後スイング軸が有り、腹を曲げる方向に大きく動きます。

腹下はボールジョイント接続で、左右に結構振れます。
腰の回転も可能。

腰のフロント・サイドアーマーはボールジョイント接続。
サイドアーマーのコンテナは開閉可能で、中には待機状態のファングを仕込めます。

股関節は干渉してあんまり開きません。
前後にも特別動くわけでは無く、並以下ぐらいの可動範囲です。

膝はなかなか大きく曲がります。
正座的な状態も可能。降着ポーズ?

足首は前後左右にスイング可能。
前後には結構大きく動くものの、左右には大して動きません。
実用的には、逆の方が良いんだけどな。
つま先も内側に曲げられます。

付属品の紹介。まず、平手が左右分付属。

専用シールドが付属。腕のダボに接続します。
先端に付いているブレード状のパーツが展開可能。
用途を知らないのでどの程度開けば良いのかもわからない。

オマケでダブルシールド。

バスターソード付属。シールド同様、腕のダボに接続しつつ、持ち手で保持します。
銃身をスライド展開させて、ライフルモードを再現できます。

ソードとして装備。前側に付いていた取っ手部分は取り外せます。
ディテールから推測するに、本来は折り畳める部分の様ですね。
持ち手はライフル用とは別に、ソード用の持ち手が付属。
でもライフル用の持ち手で持った方が保持は強いです。ドングリの背比べレベルですが。
ソードの柄には腕固定パーツも有りますが、すぐ外れるのでほとんど無意味です。


ソードは、持ち手の保持も十分とは言えないのですが、それよりも上腕の付け根の
強度の方が深刻ですね。持ち上げると上腕がくるんくるん回ってしまいます。

展開状態のファングが付属し、アタッチメントを付けて
魂STAGEと組み合わせての展示も可能です(2個付属)

ファングにビームサーベル刃を取り付ける事も可能。
4セット購入したので、全部飾ってみた。
ベースも全部クリアに出来たら良かったんだけど。

謎の武器をでっち上げた。

つま先にビームサーベル刃を取り付け可能。
つま先の変形はオミットされていて、刃を取り付けるだけの簡易ギミックです。

オマケ。
両腕にバスターソードを装備してみました。
まあ、参考までに。

機体のシルエット自体が変わって面白い。
ほんの少しアンチゼーガっぽいかも。

一斉砲撃的な。

4セット分使うとこんな感じ。
やったらどうなるかなって一心で、他の事はあんまり・・・。
俺は出たての芸人か。

「さあ、始めようじゃねぇか!ガンダム同士による、とんでもねぇ多々買いって奴をよぉっ!」


ネタ使い回し

OPイメージ。

「こっちにもあるんだよぉ!」

「物足りねぇなぁ!ガンダムーッ!」

「行けよファングッ!」

「肩の具合はどうだいっ!」

「やっぱ戦争は、白兵でねぇとなぁ!」

「ちょいさぁ!」

「何なんだ貴様はッ!?」


「俺は俺だッ!!」

まとめてお陀仏!……と言う所でアルケーガンダムでした。


やっぱりアルケー格好良いなーって事で、アルケーな時点で満足しちゃってるんですが
気になる部分もちょこちょこ有ります。
コクピット部は簡単に分解するので動かす時に気になりますし
バスターソードを持たせて振り上げる様なポーズを取ると上腕が回ってしまったり。
それと可動ギミック自体はそんなに大した事無いですね。
これに関しては逆に水準が上がり過ぎてるのかも知れませんが。
まあ、その辺を差し引いてもアルケー好きなら十分な品かと思います。
やはりこの禍々しさがたまりませんね。


出番は割と少なめですが、主役ガンダムズとの対決シーンが多くて遊ぶネタは豊富です。
あれ、誰か一人スルーされてる様な・・・気のせいかな。


このアルケーと、次のスサノオでロボ魂ダブルオーも一段落と言う所でしょうか。
結局リボーンズが発表されなかったなー。ギミックと造形の両立のために
技術蓄積中と言った所かな。00Vの今後とかも含めて、まだまだ楽しみにしたい所ですね。
では今回もこの辺で。また次回ノシ

web拍手
関連商品
ROBOT魂 アルケーガンダム (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)


back
last update:09/12/14