ロボット魂 <SIDE MS> アリオスガンダムアスカロン



ROBOT魂 <SIDE MS> アリオスガンダムアスカロン
2010年 9月25日発売
定価 3,675円(税込)

ぴっけーじ。
目的はどうあれ、アスカロンについては結局の所趣味で作ったんだろうなって思う。


前後から見ると肩にミサイルコンテナ背負ってる様に見えますが
実際にはバックパックのかなーり後ろの方にくっついています。
流石にバックパックの重量とバランスがエゴい事になっているので
補助なしで普通に立たせるのには難儀します。
うちは大体刃部分を地面に突き立てて立たせています。


一応、初期ロボ魂のアリオスが元になっていますが、かなりの部分が新造され
ほとんど別物になっています。以下比較など。

旧アリオスと並べた所。見た目から全然違います。
デザインとしてバックパック以外にもウイングや腰の装備に変更が有りますが
それ以外の部分で変わっている所はいわゆるやり直しバージョンです。
上半身の大部分は新規パーツになっており、下半身はそこそこ流用されています。

後ろからも。細かなモールドはリデザインされています。
腕なんかも結構違う。あと腰のパーツはスミ入れがされていたりしますね。


頭部。もう全然別物。
アンテナは大きく、鋭くなり、頭部全体の形状も複雑化しています。
ツインアイは小さく鋭く凶悪に、マスク形状も精密かつシャープになっています。
おでこの赤い所はつやのある塗装。ここはちょっと安っぽい。
頭部だけでなく胸部の形状の変更も印象の改善に大きく役立っています。
ほとんどブロック状だった旧作から複雑かつスリムになっており
腹部とのバランスにもメリハリがついています。
肩アーマーもより丸みを帯び、なおかつシャープな形状になっています。

肩も構造ごと大きく変わっています。
ボールジョイント+スイング軸になり、回転のみだった旧作に比べて
表現の幅が飛躍的に広がっています。
腕と肩アーマーも分割されており、融通が効きやすくなっています。

腕部について、まず形状のバランスが大きく異なっています。
さらに前腕部には可動軸が追加され、手首を内側に寄せられる様になりました。
さらに、開いても分かりづらかったマシンガンも大きくなって
武装として分かりやすくなりました。

腹部と腰部はボールジョイントで、結構大きく動きます。
逆に動き過ぎて真っ直ぐ立たせたい時にグニってなりやすいぐらいです。
腰が浮いた一軸になっているので多少据わりが悪いせいです。
ちと遊びにくい面は有りますが、可動範囲は大きいので自由度は高くなっています。
ちなみに、胴体の中心部分(首のライン)は分割されていて前後に動かせます。

ちなみに旧作ではほぼ水平に回転するのみでした。

膝は関節が変更されて二重関節となり、大きく曲げられる様になりました。
ただ、アリオスの様にモモが小さくスネが長いデザインだと
曲げた時のバランスはあまり良くないので、あまり使い所はないかも知れません。
出来ないのとやらないのでは違うので、当然悪い事ではありませんが。

バックパックの可動は見た目通りと言った所。
ミサイルコンテナはボールジョイント接続なので多少角度をつけられます。

ミサイルコンテナは展開可能です。
素のままだとちとチープに見えるかも知れません。

バックパックに続いて、追加武装のGNキャノン。
他の機体と比較して火力面で大きく劣っていたアリオスには福音。
グリップが付いているので両手で保持する事も可能。

普通の銃ならトリガーがついてる様な部分からさらにグリップを引き出せます。
これはどうやら変形状態の時の保持用みたいです。

ライフルとサーベルは旧アリオスの物と同一です。
あと、背中に一応台座と接続用の穴が空いているのですが、
穴が浅く、径も宜しくないので全く保持出来ません。
しかも仮に接続してもバックパック(ソード)と干渉します。
ちょっとわけわかめ状態なのでその穴はスルーします。

変形状態。ギミック自体はほぼ元のまま。
ミサイルコンテナだけ取り外しが必要です。
こちらの形態専用のディスプレイ用ジョイントが付属しています。
本体の穴と違って、こちらは問題無く使用出来ます。

こちらも比較。
装備無しだったのをフル装備にしましたーって感じ。
アスカロンの方ですが、モモに付いているブースターらしきもの、
軸がスライドするんですが、ちょっと正しい位置関係が分かりません。
もしかしたら何か間違ってるかも知れませんのであしからず。

こういう淡い色合いだとマーキング追加したくなるのう。

横からも。

ウイング部分を外側にスライドさせる事で、機首の根元にある
GNビームキャノンの砲口が露出し、発射形態をとる事が出来ます。
ガンガンVS系だと変形中に射撃ボタン押したら何か出る感じ。
レイダーでアレ当たるとテンション上がるんだよなー。

 

ソード部分を前方展開。
長ぁ〜いッッ説明ふよ・・・まあ、長いっすねw
たまにある無茶なデザインのペーパーナイフみたい。

色々長さ対決!あれ・・・割と大したことないかも(ぉ
(奥行きが有るので見たままのサイズ差ではないです)

構造的には変わらないので、GNアーチャーとドッキング可能。
GNアーチャーの機首回りがちょっと窮屈になってますけどw
あと前後に長いんで重心を上手く支えるのがやや難しいかも。
以下、ポーズ集などです。

没装備ではあるが、実戦に投入されていたらどうなった事か。
いずれにしても・・・ヒリングタソ逃げてーーーーーー!!!

立てるとは思わなかったよ。
一期以来この2機はコンビってイメージが強い。

変形途中みたいな?

GNコンテナは増加装甲って感じで
腕につけたままでも結構似合うかも。おっかないけど。

ミサイルカーニバルです。派手に(ry
そう言えばマシンガン使うのすっかり忘れてたぜ(;・Д・)

種運命のラストみたいな感じで終了。
うちとしては見た目が大変格好良いのでその時点で十分満足。
可動ギミックも大幅に改善されて大分メリハリのついたポージングが
しやすくなっていてなおよし。
デザインやら関節強度、構造の脆さから、いささか遊びにくい面はあるかな。
うちは結構素立ちで飾ってにやにやする方だからあんまり気にならないけど。
がっちゃがちゃ動かしてどんどんポーズ変えて遊びたい人だったら
多少ストレスを感じるかも知れないかな。リアアーマとか結構ポロるし。
でも見た目が相当格好良いからなー。アリオスが好きで手に取る人なら
多少の不満は許せるんじゃないかな。
うちとしては全ロボ魂の中でも上位の造形だと思う。やっぱ人もメカも見た目やで。
さて、00、ケルディム、アリオスと00V仕様と言う名の実質2ndが出たわけだが
セラヴィーはどうなるかねぇ。あの子はバランスが半端無いからなw
それにセラヴィーは他の機体程悪い所あんまりないしねー。
各機体のGNHWにも期待したいし、このラインは繋げて欲しいね。
ではでは、今回はひとまずここまで(´∀`)ノシ

web拍手 by FC2
関連商品
ROBOT魂 アリオスガンダム アスカロン (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)


back
last update:11/02/18