ロボット魂 SIDE MS ガラッゾ ヒリング機





ROBOT魂 SIDE MS ガラッゾ(ヒリング機)
2009年6月20日発売
定価 2,940円










パッケージ。
裏面良く見ると少ない枚数で内容を余す所なく
紹介していて侮れない。



















ガデッサに続いて、メタリック部分の光沢感はかなり綺麗です。
ガデッサと比べると全体的に暗めの渋いカラーリング。
本体、付属品はガラッゾ(ブリング機)と全く同じ。
カラーのみの変更です。細かい部分はブリング機のページにて。










通常ヘッド。バイザー部分のメタリック塗装もなかなか綺麗。
ブリング機もここだけはメタリックで良かったんじゃないかな。










そしてツインアイヘッド。
目の部分もメタリック。
劇中だとマスク部分が赤になってるシーンも有ったけど・・・?
(聞く所によるとバイザーらしい)










GNフィールド発生器。
ここの色はブリング機と同じ金色。










爪サーベル改め指サーベル。
女性的な印象のキャラだけに、こっちの方が似合う感じ。













「頂くよ!ダブルオォーーーーー」










      即










「超兵復活と行こうぜぇ!」
「戦うさ!僕たちの行動に、未来がかかっている!」












「はっはっは!おらぁ!」









「ヴェーダに依存しっ放しで、俺達に勝てるわけねーだろぉ!!」









「た、助けて、リボンズゥ!」









アレ(ハレ)ルヤばっかりじゃねーか!な感じでガラッゾ(ヒリング機)でした。
今回も、ガラッゾ(ブリング機)と色しか違わないので、この色味が好感か
ヒリングたん萌えな人向けの商品ですね。
まあ、マスクとかちょっと怪しい所もありますけど、その辺は
元の色とかけ離れたメタリックカラーとかの時点でもういいんじゃないかな、とか。


それにしてもアレルヤの野郎・・・くそー。
これはもう劇場版でやっぱり生きてたリボンズ・アルマークに
ヴェーダを奪還してもらってバックアップデータから再生して貰うしかないな。
ヒリングたんにまた会えますように!(>人<)
ではまた次回。





拍手する







関連商品
ROBOT魂 ガラッゾ(ヒリング機) (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)



back




last update:09/06/19