ロボット魂 SIDE MS オーガンダム 実戦配備型





ROBOT魂 SIDE MS オーガンダム(実戦配備型)
2009年5月30日発売
定価 2,625円







パケ裏にリボンズに奪取されたって書いてますけど
捨ててったから拾われたわけで、奪われたって言うのは違和感が。







 ↑軟質アンテナ           ↑硬質アンテナ  



色々細かい事書く前に説明。
今回の商品では、頭部と胸部のアンテナパーツが
同一造形で軟質、硬質の二種類用意されています。
それぞれ↑の様な感じ。
頭部アンテナは軟質パーツでもシャープで違和感ないかと。
胸のアンテナはちょっとへにょってなってるから硬質の方が良いと思う。
以下の画像では両方硬質パーツを使用しています。









背中ではGNコンデンサと太陽炉の二種類のパーツが付属しており
好きな方を選んで組み付ける事が出来ます。
ラッセの乗ったコンデンサ型、リボンズが乗った太陽炉型、それぞれお好みで。











肩や腰のアーマーや胴体等、ABSが効果的に配置されていて
全体的に非常にシャープな印象です。
頭部が小さく、腹がキュッとしていて四肢も細く、スネ長で
非常にスタイリッシュなプロポーションです。
ヒロイックなロボが好きな人には歓迎されそうです。









頭部アップ。
ほとんど馬鹿ガンのまんまじゃないのかと。
目がちょっと暗いんですが、形状は良く出てて問題無いかと。
通常の角度から見るとヒサシに角度が付いていて目つきが鋭くなって
精悍な顔つきに見えます。普通にイケメンなんやな。









なんとなく並べてみる。
ダブルオーよりちょいデカイ感じ。









首ジョイントの上下のボールジョイント接続。
そんなに上は向けませんが、アゴはかなり引けます。









肩アーマーはボールジョイント接続。
肩の上方が凹んでいるので、図の様に腕を上げる事が出来ます。
胸のアンテナがちょっと邪魔だけど。ぐりぐり動かす時は軟質パーツの方が安全かも。
ちょい撫で肩にも出来るし、当然前後にもある程度振れます。









肩関節は回転軸があって、水平以上の角度まで腕を上げられます。









肘はご覧の様に最大級に曲がります。
ヒジカバーが付いてるのは珍しいかな?
ついでに言うと、上腕には当然回転軸があります。









腹部はボールジョイント接続で、結構可動範囲が広くなっています。
前後左右に結構曲げられます。









背中のサーベルラックの軸はボールジョイント接続。
ある程度自由に動かす事が出来ます。








腰アーマーはボールジョイント接続。
フロントアーマーは腰に干渉するので図の様にあんまり上がりません。
ただ、それは腰のパーツをちょい削れば解決します。
サイドアーマーは接続にあまり余裕が無いので、足をぐりぐり動かしてると
結構外れやすいので注意です。








素のままでの足の上がり具合はこんな感じ。
トンファーキック程度なら問題ないですね。









股関節の接続も普通のボールジョイント接続。
モモにロール軸とかは無いので、ハの字具合はこの辺が限界です。









股はそこそこ開きます。サイドアーマーが外れやすいのと
足首の可動がそれ程でもないので、性能をフルに発揮するのは難しいです。
とは言え、こんなに股開く事はそうそう無いでしょうけど。









膝と膝下の装甲部の二重関節。
限界まで曲げればモモとスネが接触するぐらいに曲がります。
そこまで曲げると膝下の装甲が割れますが、内部の塗装はメタリックなのがやや芸コマ。
でも筋肉組織みたいなラインは個人的にちょい気持ち悪い。









足首。
ジョイントの根元はボールジョイント。前後スイング軸があり、
さらに水平方向にも回転軸があるのですが、スネカバーとモロに干渉するので
水平の可動は大した事ありません。ほんの気持ち立ちやすくなる程度。









つま先も結構曲がります。









手首は握り拳、武器持ち手、平手の左右分で
3種6個付属しています。
持ち手は例によってサーベルとライフル共用です。









付いてないよりは良いですが、この平手の形微妙ですね。
しゅってやるぐらいしか使い道が無いのでは。
もうちょっとこう、ばっとした表情の奴が欲しい。
成型が難しいのは分かりますけどね。









シールドです。フルABS。
ツメが付いており、腕にハメるだけで装着可能です。







グリップが付いており、持ち手で持つ事が出来るのですが
グリップを持つとツメがずれるかも知れませんが、別にかちっとハマってなくても
保持出来るのであんまり気にしない方が良いでしょう。









シールドの基部はボールジョイントなので、回転させたり
微妙に角度変えたりも出来ます。









特に意図の無いポーズ。
サーベルは肩から抜いて装備します。









まあ、普通の装備なんで特に言う事も無いですね。









こらこらこらこら









ラッセ唯一の活躍シーン。 ビームライフル。コンパクトですね。
これもフルABS。持ち手の保持はサーベル、ライフル共に特に問題なし。









ぷか〜
充電すりゃいいんだからアリオスでもケルディムでも、格納してやれよ。









「GNドライブ、マッチングクリア・・・いける!」



















オーガンダムでした。
これからのロボ魂スタンダードと言うか、(セラヴィー以外)長らく不遇だった
ガンダム系の出来を感じさせない完成度になっていると思います。
個人個人で好みは違うでしょうが、アレンジもスタイリッシュで良くまとまってますし、
完璧とは行かないまでもかなり水準の高い可動性能も持っており、フェイスもイケメンです。
店頭で見て買おうと思った人、レビュー見て欲しくなった人が手にとっても
十分満足出来るレベルになっているかと思います。
それはそれとして、腰アーマーや足首等、まだまだ追求出来る部分もあるので
これからも進化を続けていって欲しいですね。
ネタ的な所ではエクシアR2が出た時にまた追加するので、今回は控え目。
それではまた次回。にしても、初期カラー版は出ないものか。





拍手する






関連商品

ROBOT魂 オーガンダム (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)



TOPページ













・しょうもないオマケ







「リボンズ・アルマーク、まだっ!」


「ふ・・・今こそ言わせて貰うよ」









「僕がガンダムだ」









「何をっ!!」









「はああああああ!!!!!!」


「君に!刹那・F・セイエイに!」









「ソラン・イブラヒムに!!この機体が倒せるはずがない!」


「ふざけるな!」









「その機体の出力では、ダブルオーには及ばない!」
「そして!俺の能力(ちから)は既にお前を上回っている!」
「分かるぞ!お前の考え、お前の動きが!」







「そうかい!」


「何っ!?」









パシ


「大口を叩く割にだらしがないじゃないか。え?」


「・・・くっ」









「リボンズーーーー!!」









!?








「ぅ・・あ・あ・・・あ?」


「右と思い、左に動く。上と念じ、下へと動く」
「確かに君の脳量子波は強力だが、未熟だね」
「偽りの思念を飛ばして撹乱するぐらいどうと言う事はないさ」


「・・・っ!」









「これで最後だ・・・さよなら、ダブルオー」









「オォォオオガァン!!!」







↑↑が言いたかっただけでした!すまん!





本当にそれだけなんで、なんで?と言われても困る。
ちなみに、上記のオォォガンは言いきれてないだけであくまで
オーガンダムと言おうとしているだけ。他の意味なんてない、他の意味なんてないよ!
み、認めんぞ!魂の力などぉっ!!



拍手する






関連商品

ROBOT魂 オーガンダム (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)



back




last update:09/05/29