ロボット魂 SIDE MS オーライザー


今回はパッケージも撮ってみました。
流石にオーライザー単品なので、他の商品より幅、厚み共に小さく、コンパクトなパッケージになっています。
通し番号はSPとなっていて、特別枠扱いの様です。別に番号振っても良いと思いますけどね?
早速ですが、オーライザー本体です。
付属の専用スタンドで浮かせています。
あまり細かいモールド等無く、プレーンな印象です。キャノピーは透明パーツで、内部には凸モールドがあり、若干精密感があります。
あと、塗装見本では省略されていたダクトが塗装されています。
設定画との細かい比較はしていませんが、造形に特に問題はなさそうです。
見た目で気になるのはウイングの軸になっている金属ピンぐらいでしょうか。これだけ厚みあったらこんなの無くても良さそうですけどね。
煽ってみました。
角度が色々つけられて割と便利な専用スタンドです。
ウイングの基部が前後にスライド可能な構造になっています。
何だこれ?と思いましたが、アニメ見たらドッキング時にスライドしてました。意外と細かいですね。
ウイング底部のツメみたいな部分も可動します。可動範囲は画像を参照のこと。
青いスタビライザー?の基部が可動します。向かって左が限界まで内向きにした状態。右が限界まで外向きにした状態です。
この部分の可動はクリック式になっていて、カチカチと位置が決まります。
スタビライザー(仮)の軸自体も可動します。可動範囲は画像参照。
既に使っていましたが、専用スタンドです。
本体との接続部分の軸にリボルジョイントみたいなジョイントパーツが有り、ある程度角度をつけて飾る事も出来ます。保持力も中々の物です。

スタンドの手前部分にダボが見えると思いますが、これは別売りのトランザムセットの台座と組み合わせるための物で、単品版だと意味はありません。
本体との接続部分を差し替えて、オーライザーとダブルオーガンダムそれぞれに対応します。

向かって左の凹が無い方がオーライザー用。右の凹が有る方がダブルオー用です。

オーライザー用にはロック用のツメがありますが、ダブルオー用にはツメはありません。
そのため、ダブルオーの方であんまり傾けると落っこちるかも知れません。
繰り返しになりますが、角度もある程度つけられてなかなか優秀なスタンドです。

※オーライザーに付属しているスタンドは1個だけです。画像ではトランザムセットのスタンド(同一形状)を利用しています。
それじゃあそろそろ合体しましょう。炎となったダブルオーは無敵たわば。


「オーライザードッキングモード!オーライザードッキングモード!」
「ドッキングセンサー!」

エルガイムなのか?
がっしゃこーん

おでこにイタズラ書き。
ぐおおおお
ばきーん!

合体完了!やっぱ合体はロマンやのう。何だかんだでこの瞬間は楽しい。
オーライザーとの合体により、ガンダムを超える機体となったダブルオー、すなわち、ダブルオーライザー!

なんですが、ちょっとポーズに元気がありません(笑)
背面。かなりボリュームがあって格好良いです。オーライザーの機首の角度は適当。実際は最大90度ぐらいまで曲がります。
オーライザーのウイングですが、ダブルオーのシールドを取り付けていた穴にそのまま挿す形になっています。ですので、実現可能な動きはシールドと同じです。
シールドの形が変わっただけ、と思えば早いです。

そのため、アニメやハイコンの様にドライブの回転に合わせて方向を変えたりは出来ません。
えー・・・なんとも致命的なのですが、
ウイングを取り付けると、その重みのせいでドライブごと下に垂れます(右肩)。特にバックパックのアームは保持力0。かろうじてドライブの軸、金属ピン部分が微妙に保持するかなぁ〜ぐらいです。

説明書に寄ると
「オーライザー翼部分をダブルオーガンダム(別売り)の肩に取り付けた際、角度によってはオーライザー翼部分が保持しませんので、あらかじめ(ry」

はい、仕様でした。諦めて下さいっておいィ?注意書きする前にやる事あるんちゃうのバンダイさんよぉ・・・。

一応、画像の左肩の様に肩や腕を使って支える事も出来なくは無いですが、ポージングに制限があるのは事実です。
付属品として、GNソードIIの特殊刀身が付属しています。これはこれでフォークみたいで面白いのですが、
付属のビームエフェクトパーツを取り付けて使います。
トランザムセットの物と違って、刀身がかなり小さくなっています。
それでも並のビームサーベルより大きいぐらいなので、武器としてのリーチは十分なのかも。
見た目のバランスはちょっと微妙かも知れませんね。
今のページの作り方だと、純粋なポージング画像の時困るんですよね。
そう言えば、ハイコンではオーライザーのウイングの上からさらにシールドを取り付けられたみたいですが、ロボ魂ではそれは出来ないみたいです。
まぁ、あれはあれで無理矢理っぽいと言うか、違和感あったんで無くても別に気になりません。
08'12/25時点ではまだそんなに活躍シーンが無いのと、絡ませる相手が居ないのでこれだ!って絵が浮かびません。また後で追加するかも知れませんね。
トランザム発動時の「00」文字が広がるシーンをイメージしましたが、が、トランザムセットでやった方が良かったか(笑)
以上。オーライザー(ダブルオーライザー)でした。



何をおいても二つの点が問題です。
一つはウイングの接続方法が設定と違うため、動きの自由度が低く
劇中の動きの再現も出来ない事。これはロボ魂ダブルオーが完成した時点で
決まっていた事なので、ダブルオーの設計が甘かったと言うしかないですね。
もう一つは、ウイングを接続した状態の保持力が弱過ぎる事。
ただでさえ動きの自由度が低いのに、その範囲でポーズを付けたらカクッとへたれるこの仕様。
ドッキング命の商品なのに、これは致命的です。
見た目的には結構カッコイイだけに勿体無いなぁ、と思います。
スタンドもなかなか好感触なのになー。

今回に関しては、自分はロボ魂しか!ロボ魂じゃなきゃ嫌だ!と言う人でなければ
厳しいでしょうね。上記レビューが参考になれば幸いです。
それでは次はトランザムセットにて!

拍手する



back