ロボット魂 SIDE MS ダブルオーライザートランザムセット


今回もパッケージ撮ってみました。通し番号はオーライザーと同じくSP扱いです。こっちはSP枠でも納得なんですけどね。
しかしパッケ正面にまでオーライザー翼部分保持出来ませんって書く必要あるのかねぇ。印象悪くならないかな。
まずはダブルオーガンダム。
色以外は通常版と特に違いはありません。
トランザムイメージカラーって事ですが、アニメのトランザムとはかなり違う色になっています。アニメだともっと紫っぽいですね。
まぁ、アニメそのまんまって言うのもなかなか難しそうですし、これはこれで分かりやすいから良いかな、と思います。
腹の、元から赤い部分はメタリックレッドだったり、足の元赤色部分と全身の元青色部分の色が違っていたり、結構色指定にはこだわりがあるみたいです。
腕や足のコンデンサ部分に、頭部とGNドライブの緑色の部分は蓄光塗料で塗られていて、一定量光を当てた後暗い所に持って行くとぼんやり光ります。
撮影はかなり難しかったので諦めました。買ったら自分で試して下さい(笑)
色以外は違い無しと書きましたが、青丸部分の保持力が若干増している様です。
オーライザードッキング後も、通常版より多少は保持出来るようになっています。微々たる差ですが。

どういう調整したのかはよく分かりません。金属棒を太くしたのかも。
個体差だと思うのですが、胸のアンテナパーツが随分縮んでいます。気になる人は購入時軽くチェックすると良いかと。
ダブルオーガンダムの付属品は通常版と同じです。
フル装備してみました。
組み換え。オーライザーに付属していた専用スタンドと同じ物がこちらのセットにも付属しています。
勿論ビームサーベルやGNソード連結グリップも付属しています。
続いてオーライザー。
こちらもトランザムカラーで、色以外は通常版と同じです。
トランザムカラーのまま分離する事はあり得ないんでしょうが、そこは玩具ならではですね。
今更ですが、ダブルオーガンダム、オーライザー共に基本的な仕様は通常版と同じなので、細かい所は通常版のレビューページを参照して下さい。
裏っかわ。
合体シークエンスは通常版でやったので、さっさとドッキングです。
肩の保持力が上がっているので、ウイングも好きな位置に決められます。結構ギリギリですけどね。

ダブルオーライザーがトランザムを使用する事によってツインドライブは真の性能を発揮するのであった。
(裸テレパシーとか、量子化とか)
やっぱりダブルオーライザーは後ろから見た時が格好良いですね。このボリューム感は素敵。
通常版と同じく、GNソードIIにビーム刃を取りつけるための刀身が付属している、の、です、が、
Dekeeeeeeeeeeeeeeee!!!!

トランザムセットに付属のビーム刃はかなりビビル長さになっています。流石トランザム。出力が違いますね。
逆に、通常版に付属の短いビーム刃は付属していません。

ちなみに、ウイングと違ってこちらのビーム刃は普通に保持出来ます。
通常版のビーム刃と並べてみると比較にならなくて吹く。大体3倍ぐらい長い感じですね。
当然っちゃ当然ですが、刀身パーツの形は同じなので、双方のビーム刃を交換して取り付ける事も出来ます。お好みでどうぞ。
トランザムセットの特別付録として、画像の様なベースが付属します。
こちらはスタンドと合体させて使う様になっています。
画像の様に、あまりに長大なビームサーベルの保持を助けるための物となっています。無くても一応保持出来ますが、流石にへたれてくるかも知れないので、長期間飾る場合はこちらのベースを使用しておいた方が無難でしょう。

しかしベース本体、アームは透明なのにジョイント部が不透明ってのが何か納得いきません。
当然ビーム刃を付けた状態のソードを連結する事も出来ますが、これまた尋常ではない長さです。単体の持つ武器としては過去最長なのではないでしょうか。
150ガーベラストレートが立体化されていたら良い勝負になったかも知れません。
我ながら無茶なベースの使い方。
良く分からない状態になっているけど、これはこれで格好良い。クォ・ヴァディスッぽいと言うか何というか、メカメカしくて好き。
背面。特攻形態って感じやね。

関係ないけど、オーライザーはドッキング時にコクピット回転するべきだよね。シートと反対側に凄いGかかったら大変な事になりそう。
ベースはこう使うのが一番良いかも知れんぜ。これで通常版の保持も安心だ。
通常版でもやったけど、印象的なカットのイメージで締め。
以上、ダブルオーライザートランザムセットでした。



  結構ね、種MIA時代からディアクティブカラーとか欲しかった人だから
こういう商品嫌いじゃないんだよね。個人的にはもっとアニメのカラーに近い
印象になってて欲しかったけど、これはこれで悪くない。

オーライザーの仕様は通常版と同じながら、ダブルオーの肩の保持がマシになっているので
大分印象は良くなってます。付属のベースも結構使い勝手が良い。
あとビームサーベルのあまりのデカさに吹くw
先にオーライザー単体版触ったせいか、結構満足出来ました。
オーライザー単品買った人は、折角だからこっちも買った方が良いと思います。
毒を食らわば皿まで、じゃないけど、相互補完して色々楽しめるかと。
(スタンドも二つあった方が何かと便利だし)

08'12/25時点ではオーライザー同様、絡ませる相手が居ないのが寂しいですね。
サキガケ(ブシドーアヘッド)やガデッサ、ガラッゾが出たら絡めて遊びたい所です。
ではでは、今後の展開に期待しつつ今回はこれまで(・∀・)ノシ

拍手する



back