ロボット魂 SIDE MS ターンX





ROBOT魂 SIDE MS ターンX
2009年2月28日発売
定価 3,150円










ロボ魂ターンエックスはこんなバランス。
12、3頭身ぐらいありそうな設定画と比べると人間っぽい体型です。
肉付きも、細くて平たい設定より、いくらかマッシブになっています。
そんなわけで、設定とは大分違いますが、ロボの立体としてはバランスよくまとまっています。
キャラパス(背中の奴)が小さいのも、あるいはボディが引き締まって見える効果が
有るかも知れませんが、この辺は好みに寄って評価が大きく別れそうです。









本体編





前頭葉辺りのツノが太いのは成型の問題だとして、
口が上側に出っ張り過ぎている様に見えます。
この部分のために鼻が出ている様に見えて、ヘルメットのスリットも
サングラスみたいな形になって、大分顔の印象が変わってしまっています。
(と言うかほとんどウィンダムだこれ)






上記の点が気に入らなかったので、口の出っ張りを削り落としました。
削った後は筆で黒色塗装。塗料をしゃぶしゃぶにし過ぎてあちこちに
スミが入ってしまいました・・・。










顔だけスミが濃くなってるとバランスが悪いので
肩や足にも少しスミ入れ追加しました。
そしてあんまり関係ないけど上からのカットも入れてみる。






赤い丸をつけた部分はボールジョイント接続になっています。
可動するのは勿論ですが、BJなので引っこ抜いて分解する事も出来ます。






分解した状態がこちら。
分割のポイントはほぼ劇中の状態を再現しています。
ただ、分離後の各パーツの微妙な変形までは再現していません。
あくまでざっくりしたギミックとして楽しむ仕様ですね。









折角なのでキャラパスを外した状態の4面図。
設定画程でないにしても、頭部が小さく四肢が長い、
かなりのヒーロー体系になっています。
背中〜スネの辺りまで構造部分がむき出しですね。
情報量の多い背中です。







並べてみました。
ターンエーはMIA。ダブルオーはロボ魂。
お兄さんデカ過ぎですね。流石の3千円。

うちの認識では、ロボ魂は基準になる機体を12cmに合わせて
後のはスケールを合わせる事になってたと思うのですが
お兄さんのこのやや大きいサイズは、別の機体が出る事を匂わせているのでしょうか。

んー、考え過ぎかな。ターンエーにしたって大きさほとんど変わらないはずだし。
むしろロボ魂ターンエーが出たとして、大きさが合っているかどうか。







首のボールジョイント。可動範囲は十分です。







肩関節は胴体側のボールジョイントに加えて
肩側に可動軸があるので、可動範囲は広くなっています。 上下に動かせば怒り肩にもなで肩にもなります。







肩アーマーの接続部も独立しているので個別に可動します。
腕も水平ぐらいまで上げられます。







右肘の曲り範囲はこんな感じです。
肘の根元がBJなので動きに余裕が有ります。







左肘はこんなもん。
異形の右腕よりやや可動範囲は広い感触。
また、こちらは前腕を回転させる事が出来ます。




 


腹パーツの上下にBJが仕込まれているため、
かなりぐにぐにと良く動きます。反面、ポーズが崩れやすい事もあります。







股関節もボールジョイント。
あんまり股は開きません。モモの上部にディテールがあるせいでしょうか。
ちょっと惜しい部分ですね。
一方、前後にはあまり干渉する部分もないので、大きく足を上げたり出来ます。






膝は二重関節で、曲りの幅は90度ぐらいです。
ふくらはぎが大きいデザインなので、実際この辺が限界でしょう。






足首はかなり独特です。
スネの下側ボールジョイント接続、つま先はダブルボールジョイント。
カカトの根元に前後可動軸があり、さらに左右に回転可能です。

特にカカトの横方向への可動は、設置性に大きく関わるので重要です。









ギミック・武装編






背部ウェポンプラットフォーム「キャラパス」
胴体との接続部が可動し、多少角度を付ける事が出来ます。








ビームガン、ビームライフル、バズーカ、ミサイルランチャーが
搭載されています。それぞれ取り外し可能。
ミサイルランチャーのハンガーも外せます。
ミサイルランチャーに関しては回転させたり、角度をつけたり、多少動かせます。







ビームライフル。ちっちゃ!
幾らなんでもスケールがおかしいだろってぐらい小さいです。
本来の半分ぐらいの大きさに見えます。







続いてバズーカ。ライフルよりややマシですが、やっぱり小さいです。
多分金型費用を抑えるためにキャラパスを小さく設計して、それに
収納出来るように作ったらさらに小さくなってしまったと言う所でしょう。

これでも大きくしたらしいのですが、逆に元のだとどこまで小さかったのか
気になってしまいます。

ま、ぶっちゃけ、手持ちの武装とか劇中でもロクな扱いじゃなかったし
どうでもいいっちゃどうでもいいです。キャラパスは大きい方が嬉しいけど。










ビームガン。使ってた覚えがない。
これも小さそうですが、ハンドガン的な代物ならば
これぐらいのサイズでも有りかも。
気取ったポーズにしようと思ったら陸上競技になってしまった。










右腕の溶断破砕マニピュレーターはパーツ差し替えによって
展開状態の再現をしています。
くぱぁっと開いて迫力のあるパーツなのですが
劇中と展開方法が違う様な?







何か出しそびれましたが、左手は
握り拳、武器持ち手、そしてこの平手の3種が付属しています。
カッチリとした造形で格好良い手首です。






その他のポージング〜まとめ編






いつぞやの登場シーンをイメージしたものの、何か違うw







「庶民はぁ!月に居ればいいのだっ!!」







「貴様達の整備のおかげで、使いやすくしてくれてありがとう!」

「使いやすくしたぁ?」







「やったぜフラン!」







「兄弟よぉ!今女の名前を呼ばなかったかい?」

「ターンXトップ!?」







「お主の生体反応のデータを取りつつ、神の世界への引導を渡してやる!」
「生体反応?おわぁっ!」









「地球人になぁ!ターンエーの復元などぉ!出来るわきゃねーだろぉぉっ!!!」






「ターンエックスはぁぁ、金縛りにする!」
「了解!」
「アイフィールド・バリアァァア!!」

「ギム・ギンガナム!刺し違えてその命貰いうけるっ!」

「このターンX凄いよ!流石ターンエーのお兄さん!」
「スモーのエネルギーは全て貰っている。ゲンガナムの電力を頂いた様になぁ」
「分かっているのかハリー・オードぉ!!」
「ユニヴァーーーーース!!」






「月光蝶である!!」(違う)

背中のはこれ (別ページに移動します)








「ディアナのために闘う貴様などにぃ、この私は倒せん!」
「倒す…倒します!!」








「遅い!」

「純粋に戦いを楽しむ者こそっ!」
「自分を捨てて戦える者にはっ!!」








以上、お兄さんことターンXのページでした。
造形的にもギミック的にもハードルの高い商品でしたが
概ねバランス良く商品としてまとまっているかと思います。
うちとしても、顔は弄ってしまいましたが、造形を見てても格好良いと思うし
ガチャガチャ触ってても面白いので満足しています。

キャラパスや武装のサイズ、部分的な造形、全体的なプロポーション等
もっと詰められそうな部分もあり、好みが分かれそうな部分もあります。
そう言った面で、本レビューが参考になれば幸いです。

個人的には、ツインアイが発光した状態の頭部が付属していたら
もっと良かったと思います。結構ちょこちょこ光ってて印象的ですし。
流石に月光蝶パーツとか付けろとは言いませんからねw
後は、右腕からサーベル状のビームが伸びているパーツとか。

さて、まさかのターンX商品化が実現して、それは嬉しいのですが
一方で、これだけ出されてもちょっと困ると言う気持ちもあります。
ターンエーは勿論、カプルにスモーやマヒロー、バンデット、余裕があれば他の機体も
ある程度は出して欲しい所ですね。どの機体にも見せ場があって、発売されたらと思うと
実に楽しみです。採算的に厳しそうですが、頑張って欲しいですね。
ロボ魂ターンエーシリーズに期待しつつ、今回はこれにて(^^)/~


拍手する







関連商品

ROBOT魂 SIDE MS ターンX (amazon)
ターンエーガンダムの関連商品 (amazon)



back