ロボット魂 スタークジェガン



ROBOT魂 スタークジェガン
2010年 3月27日発売
定価 3,675円(税込)

パッケージ。写真のポーズが格好良い。


増加装甲で四肢のボリュームが増していて実にマッシヴです。
素のジェガン部分に少し重めの色でスミ入れしたい所ですね。
バックパックのバーニアはBJで可動します。
見てるといつでも素のジェガンにして出せそうなパーツ構造になっています。
(逆シャアのとは別ですが)

頭部。小顔かつシャープでかなり格好良いです。
バイザー部分はメタリックブルーの光沢が発色良く
光っている様に見えてアニメのイメージ再現もバッチリです。

並べてみました。
やはり新鋭機のユニコーンと比べるとジェガン等は大型ですね。
この中では圧倒的にユニコーンの性能が高いわけですが
他の機体の方が見た目強そうですね。

ついでにMIAジェガンと並べてみたり。
こいつの使い道はまだあるぜー

バルカン・ポッドは軟質(←)硬質(→)二種付属しています。
細く、出っ張っている部分なのでガチャガチャ遊ぶ時は軟質パーツの方が良いでしょう。

首は上下の二軸でそこそこの可動範囲。

肩アーマーが独立してハネ上げ可能で、
肩も軸ごと真上まで上げられます。

肩関節にはスイング軸も有るので、肩の位置を変えずに腕だけ動かす事も出来ます。
肩回りの自由度は十分ですね。

肘は二重関節で結構大きく曲がります。
また、腕部の増加装甲は奪着可能です。

背部のスタビライザーだか何だかは
左右それぞれである程度前後スイング可能。

腹部はシンプルなボールジョイントが仕込まれています。
胴体と腰がすぐにぶつかるのであまり大きくは動きません。

フロント、サイドアーマーはBJ接続で大きく動きます。
リアアーマーは少しだけ外側にスイング可能です。

股関節は左右には完全に開いて、180度を超える程です。
前後にはそこまで大きくは動きません。

股をハの字に開こうと思ってもあんまり動きません。
ただ、股自体は大きく開くので、足首の角度を調整すれば
特に不都合は無いと思います。

膝はユニコーン同様、引き出し式でそれなりの曲がり具合。
足首の接続はシンプルなBJ接続。つま先が前後に動きます。

手首。SIDE MSは手首がケチられる事も多いですが
今回はサーベル持ち手と銃持ち手は別で用意されています。
平手も付属。なかなか良い造形の平手。

ミサイル・ポッド。肩にハメ込むだけです。
特にギミック等は有りません。取り付けると
よりパワフルで強そうなシルエットになります。
実弾兵器スキーにも良し。

ライフルが二種付属していまして、これが一つ目。
この辺には疎くて、スペック的な詳細は分かりません。

ニチョケン。

二つ目。こちらはフォアグリップを左右に回す事が出来ます。
それにしても特にポージング意識してないのにかっちょいいなあ。

バズーカ。田村正和?
あ、やべ、俺オッサンだ。


このバズはグリップが前後に若干動かせます。

かなり繊細な部分も有るので、ぶっつけて割らない様に注意。

パージ!右肩ロケットは画面外に飛んで行ったのだ。
そして腕武器をパージすると内蔵のブレードが飛び出す!

皆大好きムービーサーベ。一本だけ付属。
サーベル刃部分は外せます。

うっおー!くっあー!ざけんなー!!って感じのポーズ。
肩を上に動かせるおかげで派手なポーズが取りやすいです。

クシャが居ないのでズールさんと

よくある構図で斬!

スタークジェガンでした。
可動に関しては一昔前と言うか、割とスタンダードな感じで
なんかMIAとか触ってる時の気持ちを少し思い出しました。
とは言え、メリハリの有るボディに、肩の上方可動や、大きく開く股等のおかげで
それほど凝らなくても派手派手なポーズが難なく決まって動かすのが楽しくなっています。
もちろんギミックが多いのは嬉しいですが、これだけシンプルな構造でも
十分楽しめると言う事を改めて教えて貰いました。
これで値段がMIAクラスならたくさん買ったりも出来るんですけどね。
昔MIAジェガンばっかり30体ぐらい買ってる人を見た事が有る様な・・・。
まあ、それはともかく、かなり落ち着いた造りなので、アニメのスタークジェガンに惚れた人とか
パッケ見たらドキン!としちゃった人には特に違和感なく楽しめるかと思います。
アニメの方はなかなか先が見えないですが、少しずつでも商品展開して行って欲しいです。
ではでは、また何かで。のし

web拍手
関連商品
ROBOT魂 スタークジェガン (amazon)
ROBOT魂シリーズ (amazon)


back
last update:10/03/26