アルター(アルメカ) ARX-7 アーバレスト








ARX-7 アーバレスト
メーカー:アルター
2009年6月下旬発売
定価 13,440円










パッケージは開閉可能なフタ型で、フタをめくると中身が覗けるタイプ。
裏側はテキストが多く、そのままの意味で情報量が多いです。










中身のブリスター。見栄えも意識した配置になってます。
細かいパーツは、何回でも貼れるテープで固定されています。











デザインはTSR版ですが、プロポーションは結構独自の物になっています。
写真でどこまで伝わるか、と言う所ですが、仕上げの精度が完全にオーパーツです。
パーツの成型が非常にシャープなのは元より、塗装はほぼ完璧で、
そこそこの腕の人がワンオフのつもりで完成させたモデルの様で、
「塗装済完成品」の意味を改めて考えさせられます。
スミ入れなんかも、とても細かい所まで及んでいて驚きます。
パーツ構成も合わせ目が目立たない(基本的にパネルラインになってる)作りで
見た目について妥協しない姿勢が伺えます。










このアーバレストは1/60スケール表記ですが、
後日、ロボット魂でもアーバレストが出る事を鑑みて
ロボ魂ダブルオーと並べてみました。ロボ魂サイズよりはずっと大きいです。
うちにある中で近い大きさのモデル探したら、コトブキヤのSRXが割と近かった。










フェイス回り。非常にシャープな印象。
個人的には、ちょっと目つきがキツ過ぎる感がありますが
メカとしてはこの方が格好良いかも知れませんね。










胴体(頭部)にはコクピット展開ギミック有り。
差し替え無しで展開ギミックを楽しめます。
中にはしっかりとサージェントの姿が。
有る程度の塗り分けもされています。










うち的にはこんなんあったんか、って感じなんですが、
背中のメンテナンスハッチも差し替え無しで展開可能です。













胴体のサイドと肩関節がそれぞれ前後・上下にスイングするので
肩周りの可動は良好です。










肩アーマーが干渉するので、腕は水平まで上がりません。
関節を少し引き抜くと若干可動範囲が広がります。










肘は二重関節ですが、素の状態だと90度ちょっとぐらいの可動範囲です。
しかし、ここにはギミックが有って、さらに可動範囲が広がります。










黒いパーツは付属の専用器具(をつまんでいるのは魂ステージ)
これで肘のパネルを内部に押し込んでやると、可動範囲が広がって
かなり肘が曲がるようになります。ちなみに、このパネルを押し込む作業は
自分の指でも十分可能です。







さらにギミック。
腕を真っ直ぐに伸ばすと、押し込んだパネルが自動的に
元の位置に戻る様に設計されています。恐るべきこだわり。










腹部には前後スイング軸が有ります。
水平方向には動きませんが、腹部は回転可能です。










モモの装甲は下方にスライドさせる事が出来ます。
足を前後に動かす場合に可動範囲を広げる作用が有ります。


腰サイドアーマーは二重ボールジョイントでそれなりに可動します。
説明書には引き出し式で〜ってな事が書いてますが、そこは別に気にする程でもないかと。










画像が分かりにくくて申し訳ないですが、
股関節を下方にスライドさせる事が出来ます。
この画像では直立状態から、足自体は動かしていません。
股関節だけを動かして図の状態になっています。










モモの装甲と股関節のスライドギミックを活かせば
図の様な大胆な足上げポーズや、ぐっと腰を落としたポーズも可能になります。










全体の中で、ここだけ浮いてる気がするのですが、
股関節とモモの接続は普通のボールジョイントで、股の開きは大した事有りません。










膝は二重関節。曲がり具合はまあまあ。
足首は細かく関節が入っており、接地性は良好です。
左足のカカトが浮いているのはわざとです。と言うより、つま先が上を向いています。




脇の下のウェポン・ベイも展開可能。
中にはダガーとグレネードが収納されています。
ウェポン・ベイの左右交換は可能ですが、ハッチと収納武器を
分離させる事は出来なくなっています。










ウェポン・ベイから武装を取り出した場合の事を想定してか、
ダガーを構えた右手と、グレネードを持った左手パーツも付属しています。
それぞれの逆の手は有りません。










手首に固定されていないダガーとグレネードも二つずつ付属しています。
適当な手首で保持する事も可能。










単分子カッター鞘付き。
鞘には、サイドに取り付けるタイプ(ダボ付)と
リアにマウントするタイプ(ダボ無し)の二種類が付属。
両サイドに鞘を付ける事は出来ません。










どちらの鞘からもそのままカッターを抜く事が可能。
収納具合は結構タイトで、出し入れする度にこすれる事になるので
注意のし様はありませんが、覚悟はしときましょう。
二振りのカッターはどちらも同じ物なので、そのまま二刀流も可能。










カッターは逆手で持っても保持に問題は有りません。
また、付属のパーツを使って、腰サイドアーマーの接続穴を埋めて
ディテールアップする事も出来ます、が、このパーツを最後までハメると
後から抜くのが結構面倒なので、覚悟した上で取り付けた方が良いと思います。










散弾砲「ボクサー」
腰にマウント可能。ストックも展開出来ます。
持ち手は専用の物。












恐ろしい事に、ポンプアクションを再現しています。
フォアエンドは前後にスムーズにスライド可能。
頭おかしいとしか言い様がない。連中、本物だ。










専用スタンド。アーム無しでもベースとして使えそうですね。
アームを取り付ければ浮かせた状態でディスプレイが可能。
アームは各関節がネジ留め式なので締め付けのきつさを調整可能です。










アームは水平方向にも回す事が出来るので、横に角度をつけて飾る事も出来ます。
あと、アームの接続部は交換出来ますけど、分解が面倒なのでパス。特に用無いし。
(接続部の交換はドライバーの使用が必要)










ラムダ・ドライバ使用時の装甲の展開を再現。
何と、肩パーツは差し替え無しの完全展開が可能です。
(ただし、展開作業のため一度肩から取り外す必要はあります)


さらに驚く事に、全く同じ肩パーツの、展開済みの物が別に付属しています。
展開作業が面倒だからって事で、全く同じパーツをわざわざ変形させた状態で
もう1セット用意しているのです。ユーザーフレンドリー極まりない。尋常じゃない。












背中側の展開ギミック。
装甲の展開は差し替え無しですが、展開させた後は
放熱フィンを取り付けます。
細いパーツなので慎重かつ丁寧に作業しましょう。










ラムダ・ドライバ使用時の展開状態。
情報量が増えてメカメカしさが倍増して素敵です。










も一つオマケに背後から煽り。










「使用(つか)うぞ!アル!」
『ラージャ』






















『これで3機』
「先に言うな!」










「どういう事だ…ミスリルのラムダ・ドライバは不安定じゃなかったのか!?」
「その強さは何なんだ!?貴様ぁ、一体何者なんだぁあーーー!?」


通りすがりの仮面らいd










「俺か。知りたいなら教えてやろう」
「ミスリルなんぞはどうでもいい。俺は、東京都立陣代高校二年四組」
「出席番号四一番」










「ゴミ係兼、傘係の─」










「相良宗助だぁあああああっ!!!!」










ふぅ…ちょっと短かったかな……ってなわけでアルバレストでした。
いやー完全にオーパーツですねこりゃ。次元が違います。
フィギュア業界屈指の造形魂を持つアルターが本気でメカ完成品モデルを
作ったらこうなるんだ!と見せつけられた感があります。
13,440円と、玩具としては比較的高価格帯ですが、量産品のレベルを超えた
この出来では、むしろ安いぐらいだとすら感じます。
有る意味、感動の記念碑として所有しても良いんじゃないかとか思います。


ただ、「完成品モデル」としては確実に究極レベルの一品だとは思いますが
単純に「アクションフィギュア」として見ると、高水準ではありますが
恐らく普通にロボット魂版の方が動かせるんじゃないかなとも思います。
だもんで、アーバレストの良く動くアクションフィギュアが欲しいと言うだけなら
まだ時間はかかりますが、ロボット魂版を待っても良いと思います。
こっちはTSR版だからか、マスクにダガー装着するギミックも無いしね。
しかし、アーバレストの素晴らしい完成品モデルが欲しいなら、このアルメカ版を
見過ごす理由はありません。このクラスの水準は、出そうと思ってそうそう
出せる物ではありませんし、今後他社からまた別の何かが出たとしても
アルメカ版の優勢が揺らぐとは思えません。


一応、シリーズとしてM9も予定されてますが、アーバレストが出るまで
発表から何年かかったんだって話ですし、正直どうなるかなぁって感じですね。
と言うか!俺は!コダールか!エリゴール(ヴェノム)が!欲しいんだって!
いい加減どっか出してくれよって本当によぉ。ロボ魂なら割と普通に出そうだけど。
でもこのクオリティのヴェノムも欲しいなぁ。超格好良くなりそう。
ガーンズバックが無事に出て、死ぬほど売れたら有るかも知れないけど
まあ、なあ。なんし、シリーズとしてどうなるかは分かりませんけど、
このアーバレストだけでも一度触れてみるのは良いと思います。
んじゃ、珍しく長くなってきたので、この辺で。でわわ。





拍手する






関連商品

フルメタル・パニック! The Second Raid 1/60 ARX-7 アーバレスト (amazon)
フルメタル・パニック!の関連商品 (amazon)


TOPページ







last update:09/06/30