激造〜平成ガメラ編〜 サンプルレビュー



えー、今回は新フィギュアメーカー"アートスピリッツ"さんのトレーディングフィギュアシリーズ
「激造」第一弾、平成ガメラ編の制作途中サンプルレビューです。

新メーカー、独立したばかりの社長と言う事でうちの目指す所に通じる所がある大先輩と言う事で
突撃取材を試みた所(いや、ちゃんとアポ取って行きましたけどw)、快く迎えて貰い(中略)
制作途中の塗装済みサンプルをお借りする事が出来たので、皆様にご紹介する機会を得られました。
一発目のサンプルと言う事で、製品時とは何かしらの違いが出る可能性がある事を御理解の上で
閲覧して頂ければ幸いでごんす。

"激造"ガメラは全4種+シークレット1種の全5種のラインナップです。
シークレットに関してはまだ非公開と言う事で、通常ラインナップ4種について
以下紹介させて頂きます。

 

ガメラ1…スタンダードポーズ



平成3部作の1作目からのラインナップです。
最も平均的なイメージのガメラなのではないでしょうか。
製品の状態ですが、まず素材の成型状態については相当高い精度で
パーツの継ぎ目やバリ、その他の変形などは一切見られない非常に精細な物です。
塗装に関しても、細かい部分は後述しますが丁寧かつ正確で一切手抜きを感じない物でした。

甲羅の造形も艶めかしさすら感じるラインがシャープに浮き出ています。
ドライブラシの精度も見事な物で、ランダムな汚しがリアリティを醸し出しています。

腹の部分。単純なツライチでなく、甲羅の一枚一枚に凹凸が彫り込まれています。
その形状がクッキリ確認出来るのも、凸部分に明るい色の塗装が施されているからでしょう。
ちなみに、尻尾の部分は他のラインナップも含めて梱包時には分割されていますが
組立後の隙間も目立たなくなっています。
チラっと写ってますが、版権マークは足裏に印刷されています。
右足側にサンプルって書いてるのは・・・多分製品では消えてるんでしょうw

なかなか精悍で、なおかつどこか優しげな顔です。
まぶたの厚みで自然に目に影が入るのがナイス。
画像のサイズ的に分からないかも知れませんが、瞳の緑色の部分は
単色では無く、虹彩の様な物が描かれています。
白目、スミ入れ、瞳色、光彩、瞳孔と、目の部分だけでこれだけ塗り分けられています。

口や爪にも注目して頂きましょう。
こちらも勿論ベタ一色では無く、根元の部分を中心に汚しが入っており
皮膚の部分からのグラデーションとなり、離れて見た際にもより自然に見える様になっています。



まるでそこで生きているかのように感じられる完成度です。

 

ガメラ2…ウルティメイトプラズマ発射ポーズ




ガメラ2のクライマックスにて究極の必殺技を放つガメラです。
腹部の展開は別にしても、1のガメラとは大きく造形を異にしています。
全身の皮膚の色なども1と比べると大分青く深いの色になっています。
肘から鋭い爪が露出している部分など、変化が分かりやすい所でしょうか。

特に頭部の変化が大きいのではないでしょうか。
1よりも頭部全体は小さく、縦に長くなっており、目の中(瞳や瞳孔)の
バランスも変わっています。彫りと言うか、えぐれも大きくなり
より精悍な印象が強くなりました。


腹部のウルティメイトプラズマ発射口周りはクリアパーツになっており
筋肉組織らしいつや、中心部の発光をイメージした質感を表現しています。

塗装に関しての注目点はガメラ1と同様ですが、
口腔の細やかな造形にも注目です。喉の奥まで造型されているのではないかと 思える程深く造形されています。

 

・ガメラ3…スタンダードポーズ



ガメラ3より、標準的なポーズのガメラです。
2からさらに大きく姿を変えています。皮膚の皺はより細かく、鋭くなり
全体の色味もより乾いたトーンで、ある程度デフォルメされていた物から
より現実的な、生物的な造形になっています。

頭部。切り立った岩山の様に皮膚が逆立っています。トサカもバシバシです。
1、2の目は結構人間の物に近かったのですが、3では緑の目に大きめの瞳孔がドン、と
クリーチャー色溢れたデザインになっています。

甲羅の形状の変化も顕著です。
尻尾も相まって、カブトガニの様にも見えます。
メカ物の様な幾何学形状と、生々しいバラつきのあるグラデーションが
不思議な印象を与えてくれます。

 

・ガメラ3…バニシング・フィスト発動ポーズ


来ました!個人的に今回ブッチギリでカッコイイバニシングフィストです。
2と同じ必殺技ポーズですが、こちらはよりぶちかましたるぞ!と言う勢いと
躍動感を感じさせてくれます。また、頭部、胴体、四肢のバランスが絶妙で
視界に捉えて非常に収まりの良い造形になっています。


同じガメラ3なので、一個↑のスタンダードポーズとは基本的に同じデザインで
ポーズも大きくは違いませんが、腕だけ変えたバリエなどでは無く、
全身が独自造形になっており、またシチュエーションに合わせて細かい部分が
より迫力を感じられる激しい造形に調整されています。

甲羅に深い傷がつき、内部組織が痛々しくも露出しています。


甲羅の一枚一枚↑のスタンダードとは違う造形になっています。
こちらにも深々と戦闘の痕が刻み込まれています。

左腕の・・・肉片(笑)


バニシング・フィスト部分。言うまでもなくクリアパーツで表現。
口がガバーっと開いていて全霊を込めた一撃!って感じが良く出ています。

 



ちょっと3同士で並べてみました。
同じ3でも手抜きの無い、それぞれ独自の表現になっています。
色味にしてもバニシング・フィスト側はより黒く、力強い印象です。


1〜3まで並べました。
それぞれ全く違った造形で、同じかまいたちでも十郎だけ大分違う様なそのあれ(?)
こうもハッキリと違っていると好みもそれぞれかと思いますが
今回の商品化では全てまとめてコレクション出来るのも魅力の一つではないでしょうか。

 

・シークレット



ちょっとこれじゃ何にも分からんと思いますが、まあ非公開なので(笑)
シークレットはかなり体表が黒っぽく、全身もトゲトゲしていて凶悪な印象です。
とは言えきちんと甲羅の部分と皮膚の部分は塗り分けされています。
キバも黄ばんでいると言うか何と言うか、茶色っぽく腐敗のイメージを感じます。
目何かもう凄くて、なんつうか、ギンギラギンですw
頭部に関してはシークレットが一番カッコイイかも・・・シャープで厳ついです。
まあ、詳しくは発売後等にw

 

最後は集合絵でまとめです。
正直幾ら貰ったんだよ!ってぐらいベタ褒めしていますが、
うちのへったくそな写真で見ても褒めるだけの出来ではあると
分かって頂けるのではないかと!加藤!
個人的にオススメなのはやはりバニシング・フィストの個体ですね。
ボックスで買って1・2・3(プレステの発売日じゃないよ)をまとめて
コレクションするも良し、中古屋さん等で狙いの一個だけ買うも良し、
もしくは外れ無しと見てブラインドのまま買ってちょっとした
ギャンブルを楽しむも良しと言った所ですかね( ´∀`)


今の時代に新メーカー一発目がガメラってどうなん?って正直思ってましたが
むしろ一発目でガメラやっちゃうぐらいの思い入れ、熱意があってこそなのだと
感じました。@は可能な限りこのまま(あるいはそれ以上?)のクオリティで
量産して欲しいと言う所ですね。
トレーディングとしては、定価が結構高いのですが(1個1500円)、
その分、買った人に満足して貰えるクオリティを目指したと言うのは
企画者でもありアートスピリッツ社長の談です。


また、この社長は特撮がかなり好きと言う事なのですが、その中でも
特撮と言えばガメラ!特に平成三部作はシリーズが続く度にガメラが
バージョンアップしていき、非常に燃えると熱く語っていました。
"激造"シリーズについても、勿論一発で終わるつもりはなく(売上にもよるそうですが)
ガメラシリーズの新作か、はたまた他の特撮作品等精力的に続けて行きたいとの事でした。
また、アートスピリッツHPやブログでも分かる様に、トレーディング、特撮に留まらず
美少女や他ジャンルも幅広くカバーしていくと言う事で、まだまだこれから!と言う
まさに文字通り、"新進気鋭"の会社さんでした^-^
うちとしても今後仲良くさせて頂ければと思いますので、また何かしら
商品を紹介させて頂く機会があるかも知れません。
(ま、こんだけヨイショしてりゃそりゃお前・・・げふんげふん)


そうなれば良いなぁ、と思いつつ機会が有ればまたよろです(´∀`)ノ

web拍手 by FC2

自分のサイトなので堂々と宣伝w
うちのHOBBY STEPでもこちらの「激造〜平成ガメラ編」を取り扱っています。
アートスピリッツ初商品化のサービス価格、利益度外視の30%OFFでやってますので
こりゃコンプするしかねーな!思って頂いた方は是非是非(´∀`)/
ちなみに、BOXで全部そろうと仮定して、それでも一個余りますが
その時はお友達(同志?w)へのプレゼント、あるいはオークション、中古ショップで
拡散して頂ければ皆ハッピーかな〜とか思いますw勿論予備にしたり改造するのも良さそうですね( ´∀`)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

折角なので、 アートスピリッツオフィシャルサイト

 




back
last update:11/08/15