バンダイ
牙狼-GARO- EQUIP&PROPシリーズVOL.1
ガロ&魔導輪ザルバ






雨宮慶太監督ドラマ「牙狼-GARO-」の商品シリーズがついに始動。
イクイップ&プロップシリーズ第一弾は主役の黄金騎士ガロと魔導輪ザルバ(後ほど)。
サイズはSICみたいなもんで、定価\3,990- ちなみにパケには「着飾」の文字が。



 


いきなりですが、このお兄ちゃんがガロの中の人。
要するにドラマの主人公自体はこの人なわけです。名は「冴島鋼牙」
いわゆる、クールで無愛想だけど根は熱血漢と、ベタベタな主役キャラです。
個人的にはそういう暑苦しいのは大好きなので、普通に好きなキャラです。
台詞もまたくっさいのが多いわけで(笑)

特徴でもある海馬マントが無いのが残念ですが、コチラは
第二弾で再現される事が既に決まっています。






顔。実は元の俳優さんの顔とはあんまり似てません。
髪の毛の塗りも結構雑で、黒髪の人が上からトマト被ったみたいになってます。
ただ、造形的には結構リアル系というか、個人的にはサッカー選手フィギュアみたいかなと。
もしかしたらそんな事言ったらサッカーフィギュアファンは怒るのかも知れませんが。






この状態でもアクションは可能なのですが、可動範囲は大した事ありません。
首はエリの下で接続されているのですが、動かすと当然エリが変な事になりますし
すぐに外れてしまいます。肩もあんまり動かないし、大きく動かそうとすると外れます。
肘、膝はFFのプレイアーツみたいな事になってるし。






彼の武器「魔戒剣」
ソウルメタルと言う物質で作られているらしく、詳しい事は分かりませんが
普通の武器では歯が立たない作中の怪物「ホラー」を斬る事が出来るらしい。






鞘から抜いて手に持たせる事が出来ます。
鞘・本体共にプラ製。専用の持ち手が付いていますが、右手のみです。






キキキキキィー……






作品中では、鋼牙がGAROに変身する時は、謎の空間が上方に開き
そこから鎧が落ちてくる感じなのですが、フィギュアでは身体のパーツごと
差し替える仕様になっています。
とりあえず部分変身。






ちょwおまっwwww






魔戒騎士の最高称号「牙狼」の名を持つ者「黄金騎士GARO」
劇中ではぴっかぴかのキンキラキンですが、塗装によりシックな輝きに仕上げられています。
ちなみに鎧部分の素材はほとんど塩ビ。一部プラだったりソフビだったりするかも知れませんが
ダイキャストはほとんど使われていません。あえて言うなら、背中の三角の軸がダイキャスト。






少し寄ってみた。竹谷監修だけあって(原型担当ではない)
造形レベルはかなりの物です。塗装もまあそれなり。品質的には十分でしょう。






顔のアップ。最初は、かなり原作に比べていかめしくなってるな、と
思ってたんですが、正面から見れば割とそのまんまな気もします。
目がややリアル路線と言うか、生物的になってるので、ここだけ違和感あるかも。
と言うわけで少し加工してみた ↓






やっべクリソツw少し目玉大きすぎたかも知れないけど。
このイカツイ顔につぶらな瞳がついてる所が萌えポイントです。
予告でぬいぐるみ掴んでた所とか最高w






調子に乗って親父版。

「強くなれ…!!」

あの回見るまで手首に刃が付いてるの気付かなかったんだよね。






アゴを開閉する事が可能。元の鎧は固定っぽいけど。






背面。マントがかなり派手になってます。
これも素材は塩ビ。結構重いんですが、どうせマントが支えになるので
そんなにひっくり返ったりはしないと思います。

この写真、勝手に補正かかっちゃって、少し色味が変わっちゃってます。






開いた手首が左右に付属。手首を交換する時はきゅぽんと抜けるので
良い感じです。また、この平手牙狼剣の鞘を持つのに丁度良い形になってます。






こちらは「牙狼剣」
元々魔戒剣が変化したもので、その辺もソウルメタルの能力なのかも。
斬れぬ物はない、とかザルバが言ってましたが、結構斬れない物はありました。








鞘から抜刀。鞘はプラですが、剣はダイキャスト製になっています。
重量感、金属感、冷たさ、どれを取っても良い感じです。






全身写すと相対的に小さくなるから、なんだかイマイチな絵面に(;´Д`)






鎧を装着しても左手首にはザルバがくっ付いてます。



 


マントは着脱可能。どちらかと言えばこの状態の方がデフォですね。
後ろ姿が渋い。でも肩のパーツは別にいらないかも






で、このガロですが、可動範囲は鋼牙状態よりもグッと上がっているものの
やっぱりデザイン的な制約とかあって、いまいちポーズ決められなかったので
なんかもう適当にカッコ良さげな写真で誤魔化してます(苦笑)
本番はゼロが出てからかな〜






何にも無しと言うのも寂しいので、印象に残ってる台詞でも。

「殺されて幸せな奴など居ない。いや、俺が認めない!!」

「人には〜〜〜」 …すまん忘れた(ズッコケ)「時計」の回のアレなんだけど
ていうか、忘れてる物を印象に残ってるって言うのはどうなのかな……。






(;´Д`)ピンボケ






左の持ち手が無いのと、可動範囲の問題で
両手持ちがカッチリ決まりません。惜しい。



 


イクイップの方は鋼牙から牙狼になる事を指していたので
次はプロップ(小道具)です。
今回は鋼牙がいつも見につけている指輪のザルバが1/1サイズで
立体化されました。オマケとしてはかなり豪華かつ嬉しいファンアイテムです。
また、こういった造形はドラマを知らなくても純粋に好きな人は多いと思います。






指輪部分だけを台座から取り外す事が出来ます。
指輪はダイキャストで台座は塩ビかな。
あ、ちなみにザルバの口は可動しません。






とりあえずハメてみましたが、かなり大きくてブカブカです。

全然関係ないけど、拳の辺りに傷跡がありますよね。
本当に滑って転んで擦りむいただけなんだけど、消えないんだよね(´・ω・`)






横から見るとこんなに隙間が空いている。本当に1/1なのかな・・・?






パクリネタ






締めがこんなんでスマソ。本編ではやってないけど
部分変身が出来るのでやろうと思えば出来るはず。ヒビキさんみたいなもんか。

正直予想以上にしっかりした出来でした。個人的にはかなり満足。安いし。
あんまりカッコイイポーズが浮かばなかったせいで、原作知らない人にはいまいち
"良さ"が伝わってないかも知れません。我ながら残念無念です。
後から装着変身も出るけど、こっちは造形はともかく、全身メッキは楽しみです。



とりあえず紹介は以上です。
気に入った人は




↑で買って貰えるとうちに紹介料が入るので個人的にウマーです。
オススメは主題歌の「牙狼〜SAVIOR IN THE DARK〜」
初めて流れた時の演出が凄かったってのもありますが、これはマジ脳汁出ます。
カップリング曲もJAM全開で熱いです。
あと見たことない人はDVDもオススメです。合う・合わないは人それぞれですが
一回ぐらいは見てみないと分かりませんからね。
(ふー、2月からバンダイチャンネルで見れるって事は黙っとかないとな…くくく)

んじゃ、次は烈火炎装編で(・∀・)ノシ



back