アルター 1/5 綾波レイ



新メーカー「アルター」のアイテム第一弾は綾波レイ。
元になったキットは、何か凄くパーツが薄いって事で話題になったみたいですが
PVC完成品になったらあんまり関係ないねって話です。





まずは前後左右から






パッと見の印象ではかなりクオリティ高く見えます。
肌色の成形色も透明感があって雰囲気にあっています。
塗装にも特に問題は無い印象。胸元と背中の00のマークは印刷かな?






付属のベース。形とか、謎の銀色の玉とか色々不可解な点があります。
それから、これは表側は塗装されています。フィギュアとの整合性を高めるためとか。
それ自体は良い事だと思いますが、注意書きで色移りするかもとか書いてあって
上に本体乗せるのにそんな事言われてもなーとか思います。
あくまで保険で書いてるだけだとは思いますが。






ここいらで大きさの検証。マックスの霞はスケールが近かったので。
MIAの(おぃ!)デスティニーと並べると相当巨大感があります。






頭部。目の真ん中の黒い点ですが、パッケージ見本より
随分斜め下の方に描かれています。これはほとんどの商品がそうなってるようで
工場での指示ミスではないかと思います。
これのせいであちこちで散々恐い、恐いと言われています。
で、本当に恐いのか、と言うと次の三連発。












恐ぇよ((;゚Д゚))
ギョロリとかギロリって擬音が似合いそうなぐらい睨まれてしまいました。
見る角度によっては本当に恐いです。






黒目が隠れるような角度で見ると普通。






これは加工した画像。黒目部分を広げてみました。
その事は直接関係無いんですが、左頬近くの髪の毛に
くっきりと、抜きの際に出来る合わせ目が浮いてるのが少し目立ちますね。





こちらは黒目部分をぼやかして消してしまった物。
リペ出来る人はお好みで修正しても良いと思います。






雑誌等で評判だった胸部のオリジナルディテール。
繊細でメカニカルな造形。塗装も綺麗に塗り分けられていて好印象です。






むむ……。






もしや案外巨乳系フィギュアなのでは。
まあ元のアニメの作画がケレンミあり過ぎなんで、忠実と言えば忠実。






髪の毛の塗装は、くたびれた印象の塗装法になっています。
造形とよくマッチしていますが、ハイライト部分に若干荒さを感じます。
量産品なので、多くを求めすぎるのも酷だとは思いますが。






腕部等、スーツの黒い部分にも同様の汚しっぽいグラデが入っています。
部分部分で見ると汚い感じですが、全体で見た時に違和感はないので
こういうのもありなのかなぁ、なんて思っちゃいます。






写真では伝えにくい所ですが、腰のラインが凄く繊細で艶かしい。
原型の良い所が生きています。






この辺りのラインも凄く綺麗。
接地面だけ少し平らになっています。少し残念。






今週もサービスサービス。






何となく並べて締め。多分同じ原型師さんのアスカも出ると思いますが。


目が恐い恐いと言われてますが(実際恐いですが)
流石マックスの血筋。PVC完成品としての品質はかなり高いと思います。
塗装についても、値段を考えると若干スミ入れ等に荒さが見られますが
大量生産の塗装済み完成品としては、十分観賞に耐えられる物だと思います。
あとはやっぱり目玉ですね……。これは次回生産分から直ってたりしないかな。
そういう声がメーカーに多く届くと実現するかも知れません。

今更綾波レイって事自体がどうよ?と言う意見もあると思いますが
未だにEVAの呪縛から逃れられないファンにとっては、そこはかとなく
「綾波レイ」の記号を感じられるこの造形は、なかなか見逃せない物と思います。
目玉について覚悟完了した方は、コレクションに加えてみてはどうでしょう。
あーでも(不謹慎なので略)みたいな事にはならないように(苦笑)


back