コトブキヤ
ノンスケールキット サイバスター


今回もパチ組みです。基本的に、自分で組む以外はアクションフィギュア的に見るので、そこの所よろしくです。

造形は流石。プロポーションも違和感無くまとまっています。それにしても、羽根の部分だけこんなに後ろに突き出しているのに、問題なく自立出来るのも凄いです。
気になるのは成形色ですね。白っぽくてややチープな印象です。基本メタリックかパールカラーにしたい所。
背面。羽根の基部はボールジョイントです。かなり大きなパーツですが、少なくとも組んだ直後辞典では垂れ下がったりはしません。ただし、動かしていると結構外れる事があるので、扱いには注意を。
また、尻尾(サイバードの頭)もある程度上下に可動します。
ボークスのアクションフィギュアと。単純な大きさの違いもありますが、今回のプラモはボークス版に比べて縦に長いバランスに見えます。まとまり具合で言うとボークス版の方が好みかな。色も綺麗だし。しかしボークス版は動かなさ過ぎる……。
付属品。左右の平手とディスカッター。ディスカッターは持ち手と分離出来ます。

なんだか最低限って感じで、ちょっと寂しいですね。ファミリア系が無いのは辛い。確かに使い道は無いんだけどさ。いつもより若干高いんだし、もうちょっと何かついてても良かったかな〜。
頭部周り。目は塗装されていますが、それでもスミ入れぐらいはしないとのっぺりとした印象です。エリの黄色い所も塗っといてくれたら良かったのになぁ〜。
アゴは上下によく動きます。首ごとになりますが、左右回転も可能。
肩はボールジョイント。関節自体は良く動くのですが、肩アーマーがモロに干渉してほとんど動きません。下には下げられるけど……(苦笑)
肩アーマーから延びてる突起は独立して可動します。腕もこのぐらいまで上げられます。
肘の可動は90度ぐらい。あのポーズは……流石に無理でした。まあ、アレの場合肘がどうこうってレベルじゃないけど。
「いっけぇ!コスモ・ノヴァ!!」

放った後のポージングはバッチリです。
腹部もボールジョイント。割と動きますが、とりあえず省略。

モモの接続部分で回転させる事が可能。装甲が干渉するので、完全には回りませんが、足を開くには十分です。
また、股関節は左右にこのぐらいまで開いて立たせる事が出来ます。
あ、ありえねっすよブキヤさん!!
フロントアーマーの軸が可動したり、サイドアーマーが開いたりでこれぐらい足を上げる事が出来ます。しかもそのまま片足立ちも出来ます。クソッなんて時代だ!
膝関節ですが、軸の引き出しギミックが仕込まれていて、膝の可動範囲を広げる事が出来ます。それでメチャクチャ曲がると言うほどではありませんが、デザイン的制約の中、出来るだけ動かそうと言う意欲が伝わります。
また、膝裏にはポリ隠し用のパーツがあり、膝を思い切り曲げてもポリが露出する事はありません。
少し上の画像と被りますが、膝を伸ばしてると逆関節気味にしたりカカト落としをかます事も出来たり。無茶だわ(笑)
足首は二重のボールジョイントで、かなり接地性が高くなっています。これぐらい踏ん張っても余裕。ただ、立っていられるのは尻尾のおかげですけどね。
また、つま先と左右のツメは可動式。つま先はヒンジで、左右ツメはボールジョイントです。
ディスカッター装備。持ち手は右手のみです。
拡大。刃はシルバーに塗装されています。なかなか発色が良くて素敵。
やはりサイバスターには浮遊ポーズが良く似合います。でもブキヤスタンドだと合わなかった……_| ̄|○
定番ポーズで締めです。うーむカッチョイイ。ちゃんと塗装もしたいけど……(苦笑)



コトブキヤのプラモサイバスターでした。今回はカッコイイパッケージでしたね。
面の広いパーツが多くて、いつもより大分組みやすかったです。
パーツの精度も上がってきていて、パチパチとスムーズに組めました。
足の赤いパーツには結構手こずったけど……大分ガンプラクラスに近づいていますね。
丸いパーツが多いので心配していましたが、ツヤツヤになるほど綺麗な表面が出ています。
マジで指に刺ささるパーツの尖り具合も健在。触ってるとちくちく痛いです。
いつも通りのブキヤプラモでありながら、確実に進歩している印象です。
あとはエリ部分の色分けがされていれば完璧だったんだけどなぁ。
可動ギミックに関しては、サイバスターをしてここまで動かすかと言う程です。
肩の可動が死んでるのが残念ですが、下半身には大満足です(エロい)
じゃあ、次はサイバードよろしく(ほ、欲しくねぇー)

真面目に言うと、次はヴァイスでしたか、あ、その前にデカイMk-IIがあるか。
サイバスターもしっかりとした出来だったので、今後も期待です。
その後は、新作にも出ることだし、エクサランスシリーズでも……駄目?



back