コトブキヤ
ノンスケールキット R-GUN


R-GUN(アールガン)
正式名称「REAL PERSONAL TROOPER TYPE-GUN」

うん、初めて知ったね。
今回はいつもの1/144と違って、ノンスケールキットになっています。スケール同じだと小さすぎるからでしょうね。
パーツの色分けはかなり細かくなっています。ほんの少しだけ部分塗装してあげれば完璧。むしろパチ組みで十分満足出来るレベルです。
頭部のカメラ部分だけ、最初から塗装済みです。
(頭部のセンサーのもね)

ヘルメットは流石にそれほど色分けされていないので、赤ビルガーみたいにこの辺も塗装しててくれたら、パチ組み派にとってはありがたかったのですが、流石にそこまではされていません。まあ、楽しみを残しておいてくれたのかも。
首は上下に結構動きます。耳?のアンテナが凄いつんつんしてます。ぶつけて曲げないようにしましょう。

しかしR-GUNの目が青ってあんまりイメージじゃないかなぁ。
昔はこんなんだった気が。サルファだとバシュッと変わりますね。あれカッコ良くて好き。
肩のジョイントにはファルケンに続いてボールジョイント採用。可動範囲も広くて、怒り肩でもなで肩でもばっちこい。上下左右にグリグリ動きます。保持もしっかり。
腕も水平に上がります。ヒジの曲がり具合は90度前後かな。
実は地味に腹部はボールジョイント。しっかりハメてしまうとほとんど動かないんですが、少し引き出すとぐりぐり動きます。腹の内部には隙間隠しの装甲もあります。
腰の前後アーマーは回転軸があるので上下に可動します。脚も思う存分上げられます。余裕の片足立ち〜。
さらに膝も回転軸+関節でかなり曲がります。
足首はボールジョイント。シャフト部分も長めなので、可動範囲も広く、接地性はバッチリです。
さらにつま先が内側に可動。浮かした時の表情付けに大いに効果があります。
適当なポージングでも決まりまくりです。
最初からずっと出てるツイン・マグナライフル。右手に固定なのですが、グリップの基部が回転可能になっていて、角度の調整が出来ます。面白いアイディアですね。
勿論普通の握り手も付属。ブキヤの手首はディテールが細かくて良いですが、親指と人差し指の辺りは何か曖昧ですね。
専用のグリップつき手首と取り替えて、背中のウイングを取り付けることでビームカタールソード完成。
手首は左右分あるので二刀流も出来ます。逆手で持てないのが少し残念かな。
さらに別で付属の手首にソードを二つとも取り付ける事でT-LINKブーメランが完成します。こちらは左手専用。珍しい。
どりゃー

うーん、イカシますね。
別アングル。なんか弱そうになっちゃった;
適当なポーズで締め。これは良い物です。


今日の反省「白飛びしすぎ」



コトブキヤのR−GUN(あーるがん)でした。
いや、これはもう素直に凄いっす。お前はアクションフィギュアかと。
造形はカッチョイイし、勝手に色分けされてるし、塗装もしてくれてるし
やたら動くし、触ってて楽しい。最早玩具的ですらあります。
見てるとR−GUNってこんなにカッコ良かったの!?って思います。
後ハメになってるパーツも多いし、塗装派にも比較的易しい。
うーむ。最近のブキヤにはスキがありませんな。
少し悲しいのが、平手が付いてない事。初期の発表では付くって書いてあったような……?
まあ、そんな複雑なディテールがあるデザインでもないので
某クラブの高級手首から適当に似たような奴引っ張ってくれば無問題ですね。
後は、予約特典が何も無かったっぽい?うちだけかなぁ。
まあトゥリビアル(些細な事)ではあります。 By天王寺博士

しかし、個人的にそれほど期待してなかったR−GUNがこの出来ですから
マーク3とかACのキットとかはどんな事になっちゃてるやら。
と言うか、マーク3はブキヤに展示してるのを見ましたが
これまたテラカッコヨスギングで、ひっくり返りそうになりました。
可動も良さそうだったし……あーもっと早く季節が過ぎないかな〜



back