バンダイ
1/16スケール テッカマンブレード & エビル



今更1/16スケールのテッカマンブレードシリーズに手を出して見ました。良い出来だったので、紹介しまする。
テッカマンブレード。完全に素組み。かなり古いキットだと言うのに、既に素人には十分すぎる完成度。バンダイの技術力恐るべし。
後ろから。腰にテックシールドが付いてますね。どうしても上半身のボリュームのせいで脚が短く見えてしまいます。あれ?背中のパーツが無いぞ?げ!うっかり切らずに捨てちまったかぁ?!バンダイ、パーツ送ってくれるかなぁ……。
平手までついてるサービスっぷり。適当に立たせてるだけでも格好良いです。
腹部と肩はボールジョイントを採用。結構ぐねぐねと動いてくれます。
テックランサー。軸はポリキャップ。ちなみに、左腕にテックシールド装備してます。ちょっと見えにくかったな。
なんだか妙にカッコ良かったので、近づいてみる。少し暗かったな。
ランサーは二つに分けられるけど、軸=グリップが一つしかない罠。今回はエビルの分を借りました。
テッカマン最強兵器、ボルテッカも再現可能。綺麗に開ききらないので、自分の肩を焼いてしまいそう……。
拡大。目と肩の裏にクリアパーツが使われてますね。
次はエビル。肩が凄くデカイ上に、ボディがよりマッシブになってるので、最強に脚が短く見えます。実際は、決して短くないはずなんだけど。それと、エビルは顔の造形が微妙かなあ。クリアパーツも素直に緑にしてくれたら良かったのに。
後ろから。黒基調で背景に溶けてしまうので、少し明るめにしてます。
背中のブースターは差し替えで展開を再現。
テックランサーエビル版。本当はグレーなんだけど、色が飛んでる……。ブレードよりあちこち尖がったデザインなので、いまいちポーズが決まりません。
パーツ差し替えでラムショルダーを再現可能。それにしてもJPEGは赤色苦手だなあ……。
肩が小さくなっただけで、随分バランスが良くなった気がする。
ちょっと遊んでみる。なんか羽根みたい。
うわあんブレード飛びまくりー。悲しい兄弟でしたねえ。
仮面の下の涙を拭え(大好き)



昔のプラモのテッカマンブレードとエビルでした。
ふと思い出したら欲しくなっちゃって、丁度セットでオクに出品されてたので
衝動買いしちゃいました。昔ブラスターとソルテッカマン家にあったのになあ。
さてさて、ご覧のように、出来は十分です。流石バンダイと言うべきか。
それほどこだわらないのであれば、部分塗装するだけでも相当見栄えするでしょう。
ファンな方は見つけたら是非確保して頂きたい良品でおじゃる。
それにしても、DVD−BOXは鬼高いなあ……手が出せんぜ……。



back